ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》口論後のバールで惨事=ピックアップトラックが17人撥ね、2人死亡

《サンパウロ州》口論後のバールで惨事=ピックアップトラックが17人撥ね、2人死亡

17人を撥ねたピックアップトラック(27日付G1サイトの記事の一部)

 サンパウロ州内陸部のノヴァ・インデペンデンシア市で26日夜、バールで口論した男性がピックアップトラックで戻ってきて、店の前にいた客ら17人を次々に撥ね、内2人が死亡するという事件が起きた。

 警察によると、事故を起こしたのは、自動車修理工のパウロ・アウヴェス・ダ・シウヴァ容疑者(48)で、妻と共にバールにいた際、店にいた客達と口論となった。

 シウヴァ容疑者は口論後、店を出たが、数分後にピックアップトラックで戻ってくると、店の前にいた人達を猛スピードで撥ね飛ばした。

 撥ねられた人達17人は市内の救急診療所(APS)とアンドラジーナ市のサンタカーザ病院に運ばれたが、56歳の男性と26歳の男性各1人は、介護の甲斐なく、命を落とした。

 事件を目撃した人達はシウヴァ容疑者をリンチにかけようとしたが、警官が人垣を分け、同容疑者を助け出した。

 シウヴァ容疑者は住民達からの暴行で負傷したため、サンタカーザ病院に運ばれ、警官の警備付で入院していたが、同容疑者の車からは銃弾も発見されたため、27日に、殺人ならびに殺人未遂と飲酒運転、武器(弾薬)の不法所持の現行犯として逮捕された。

 同容疑者は27日の午後、アンドラジーナ市の裁判所で勾留前尋問を受けた後、ノヴァ・インデペンデンシア市の予備勾留センター(CDP)に移された。(27日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ