ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州警察》ついに顔認識システムを導入=サンパウロ市カーニバルから運用開始

《サンパウロ州警察》ついに顔認識システムを導入=サンパウロ市カーニバルから運用開始

サンパウロ市の道が人で溢れるカーニバルが近づいてきた(Rovena Rosa/Ag. Brasil)

 サンパウロ州のジョアン・ドリア知事は28日、サンパウロ市のリカルド・ガンブルフドン・ドーント識別研究所(IIRGD)内で行われた、顔・生体認識研究所の開所式典に出席。その席で、今年のサンパウロ市カーニバルから、犯罪者や容疑者、逃亡者の顔を警察が特定できるシステムを導入すると発表した。
 ドリア知事は、「顔認識システムは今年のカーニバルの警備から使われる。これは重要なステップ」と語った。
 昨年サルバドールでは、女装してカーニバルの喧騒に紛れていた殺人容疑者の映像を生で解析して特定し、地元警察が逮捕した。だがサンパウロ市のシステムはそれとは異なる。
 サンパウロ市のシステムは、顔認識のための特別な解像度を持つカメラを使わず、生の映像から人を識別できるものでもない。一般の監視カメラと同様の解像度で、映像を停止させ、静止画の状態で解析する。
 犯罪行為や、行方不明者、逃亡者と思われる人物を撮影した場合、警察は映像をIIRGDに持ち込み、データベースと比較参照する。
 サルバドールでも使われた高性能のシステムは、式典でも紹介された。だがメーカーのタレス・ジェルマート(G)社は「あくまで将来的に導入するデモ機」とした。
 G社は新技術の目的を、「民事文書の識別」、「行方不明者の顔写真データバンクの補助」、「犯罪捜査、犯人、および容疑者の特定」の三つだとしている。
 G社の代表であるリカルド・セッコ・アボジ氏は、「犯罪容疑者が監視カメラの映像に現れたり、SNSに自分の写真を上げた場合、我々のシステムでは、映像を静止画にしたり、SNS上の写真をコピーして、犯罪者の顔写真リストと照合。その容疑者の顔に似た特徴を持つ人物のリストを警察に提供できる」と語った。
 州政府は、カーニバルからの使用に意欲を見せたが、システム導入のためにかかった費用については、明らかにしなかった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • CIATE=永井専務理事が来月帰国=「日本でもブラジル人を助ける」2019年6月27日 CIATE=永井専務理事が来月帰国=「日本でもブラジル人を助ける」  2015年から国外就労者情報援護センター(CIATE)で専務理事として赴任している弁護士の永井康之さん(43、愛知県)が、7月15日に帰国するため離任挨拶で来社した。  歴代専務理事はみな日本からの駐在者だが、4年3カ月の駐在期間は過去最長。永井さんは「来た時はデカ […]
  • 惨事や人ごみを悪用する輩達2019年3月7日 惨事や人ごみを悪用する輩達  サンパウロ市やリオ市でのスペシャルグループのサンバパレードは終わっても、ブロッコと呼ばれる集団による路上でのパレードはまだまだ続く▼「灰の水曜日」の6日にサルバドールで「アラスタン」と聞いた時、一瞬、根こそぎ強盗発生かと思ってしまったのは、ブロッコに参加した人達が軒並 […]
  • 日系代表団体の年頭あいさつ2008年1月1日 日系代表団体の年頭あいさつ ニッケイ新聞 2008年1月1日付け 日本祭りで交流をブラジル日本都道府県人会連合会会長 松尾治  謹んで新年のお慶び申し上げます。 旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 海外最大の日系人集団地であるブラジルの皆さんに、ニッケイ新聞を通じ年頭のご […]
  • 《ブラジル》殺人で指名手配中の男を逮捕=女装でパレード中、機械が判別2019年3月7日 《ブラジル》殺人で指名手配中の男を逮捕=女装でパレード中、機械が判別  バイア州サルバドール市で5日、女装してカーニバルのパレードに参加していた殺人容疑者が逮捕された。  逮捕されたマルコス・ヴィニシウス・デ・ジェズス・ネリ容疑者は、マルキラナスと呼ばれるトラヴェスチ(女装男性)のブロッコ(サンバ集団)に参加していたが、バラ・オンジナと […]
  • カーニバル満喫のネイマールに先輩の助言=「現役は短い。サッカーに集中すべき」とエジムンド2019年3月7日 カーニバル満喫のネイマールに先輩の助言=「現役は短い。サッカーに集中すべき」とエジムンド  1月下旬のフランス杯で負傷、右足の第5中足骨の骨折で戦線離脱中のネイマール(PSG)が、療養中にも関わらず、今日はサルバドール、明日はリオと、カーニバルを満喫する姿が目撃され、ブラジル国内でも話題になっている。  そんな中、かねてから熱烈なサンバファン、カーニバルフ […]