ホーム | 日系社会ニュース | 下本元州議の講演会に60人=「ブラジルは良くなる、安心して」

下本元州議の講演会に60人=「ブラジルは良くなる、安心して」

講演する下本八郎さんと聴衆

 『問題山積の令和を考える』と題した下本八郎元サンパウロ州議(84、二世)の講演・討論会が、1月29日午前10時から約2時間、サンパウロ市のブラジル日系熟年クラブ連合会会館で開かれた。大浦玄、大浦文雄、網野弥太郎3氏と同熟年クラブ連合会(上野美佐雄会長)が共催。約60人が参加し、下本氏講演を熱心に聞き入った。質疑応答では主にブラジルの政治について討論された。

 昨年10月22日にイビラプエラ公園近くのシルクロ・ミリタールで開かれた『即位礼正殿の儀』奉祝晩さん会に参加した下本さんは、他の受勲者らと声を限りに「万歳」三唱した時「自分の中には日本人の血が流れている」ことを実感したと、汎スザノ文化体育協会連合会の大浦文雄元理事長(96歳、準二世)に語った。

 それを聞いて感銘を受けた大浦元理事長は、下本さんが11月いっぱい訪日して「令和元年の日本」を体感したことから「皇室とつながりを持ってきた下本さんの訪日の感想をぜひ聞きたい。一人で聞くのはもったいないから」と講演会開催を思いついた。

 司会の大浦玄氏は、下本さんはサンパウロ州議会議員24年だけではなく、会計業界の10万社を組合員とするサンパウロ州会計事務企業シンジケート(Sescon-SP)の理事長を務めるなど、「ブラジル社会の頂点まで上り詰めた〝偉い人〟」と紹介した。

 講演で下本氏は「日本の空港に着いたとたん、故郷に帰ってきたような安らぎ、平安を感じた」としみじみ語った。

 さらに「男女平等思想に基づき、私がブラジルに女子相撲を導入、昨年20周年を祝った。昔、高野山(和歌山県)には女性は登れなかったが、ある時、女性が上って来て空を見上げ、住職に『空を飛んでいる鳥はみな雄か』と聞いた。皆雄なら鳥は絶滅してしまうと抗議され、女性も登れるようになった」との逸話を披露した。

 加えて「訪日した時には必ず靖国神社と、私の名前の由来となった東郷平八郎さまを祭る東郷神社をお参りしている。東郷神社では、私は特別待遇されており、(東郷平八郎の霊に)指導してもらっている」などと語り、聴衆は熱心に聞き入った。

 その後、質疑応答となり、「ブラジルの政治は良くなるか?」との質問に、「この国は良くなっている。今年から経済も良くなる。安心してください」などと答えた。

熱心に下本さんの講演に聞き入る聴衆

□大耳小耳□関連コラム

     ◎

 下本八郎氏は講演会でこんな訪日エピソードも。和歌山県人会世界大会が昨年11月25日から3日間開催され、下本氏も参加した。その際、「伊勢神宮(三重県)をお参りした日、偶然に新天皇・皇后陛下も来られ、天皇の馬が通るのを見た」とそのときの感動を生々しく振り返り、その時の動画も上映した。皇室を崇敬する下本氏の真摯な姿勢には頭が下がる思いだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》地方のKaikanに込められた日系社会の魂2021年6月15日 《記者コラム》地方のKaikanに込められた日系社会の魂 「コロニア消滅論」を越えて  デカセギブームが始まった90年代から特に「コロニア(日系社会)空洞化論」「コロニアが消滅する」という悲観的な予測が何度も叫ばれ、本紙にも繰り返し掲載されてきた。そんなことを叫ぶ声すらも枯れてきたのが現状だ。  この18日(木)は、ブ […]
  • 《ブラジル》保健省が献血キャンペーン開始=「世界献血者デー」に合わせて2021年6月15日 《ブラジル》保健省が献血キャンペーン開始=「世界献血者デー」に合わせて  世界献血者デーの14日、保健省が献血キャンペーンを開始したと14日付アジェンシア・ブラジルなどが報じた。  今回のキャンペーンのモットーは、「定期的に献血しよう―皆が一つになれば命が全うできる」で、一人でも多くの人達が定期的に献血を行うように呼び掛けるものとなった。 […]
  • 《サンパウロ》ボルソナロ大統領が1万2千人バイク大行進デモ=コロナ第3波悪化の懸念の中=マスクなしで罰金食らう2021年6月15日 《サンパウロ》ボルソナロ大統領が1万2千人バイク大行進デモ=コロナ第3波悪化の懸念の中=マスクなしで罰金食らう  ボルソナロ大統領は12日、マスクも着用せずに1万2千人の支持者を引き連れ、サンパウロ市などでバイク行進デモ「モトシアッタ」を行った。今回のモトシアッタには、最高裁から捜査命令が出されているリカルド・サレス環境相も参加し、物議を醸した。13、14日付現地紙が報じている。 […]
  • 《ブラジル》コロナ感染者と死者が増加=悪化の予想的中=サンパウロ州は接種前倒し2021年6月15日 《ブラジル》コロナ感染者と死者が増加=悪化の予想的中=サンパウロ州は接種前倒し  新型コロナの感染第3波への懸念が広がる中、感染学上の第23週(6月6~12日)は感染者と死者が共に前週より増え、保健省も死者増加との見通しを示した。  死者増加は、感染者増や入院患者増、集中治療室の占有率上昇から予想されていた。  ケイロガ保健相は8日、上院コロナ […]
  • 東西南北2021年6月15日 東西南北  13日、ブラジルの日曜夜のおなじみのグローボ局の長寿番組「ドミンゴン・ド・ファウストン」の司会者、ファウストン(71)が番組を初めて病欠した。理由は尿路感染で、10日に症状を訴え、サンパウロ市のアルベルト・アインシュタイン病院に入院中だ。同番組は1989年から32年も続いてい […]