ホーム | 日系社会ニュース | 来年の65周年大会準備開始=南米産業開発青年隊が総会

来年の65周年大会準備開始=南米産業開発青年隊が総会

総会の様子

 南米産業開発青年隊協会(渡邉進会長)の2020年定期総会が、9日午前10時からサンパウロ市リベルダーデ区の山形県人会館で開かれ、会員とその夫人ら約20人が出席した。
 総会では、先没者の御霊に黙とうを捧げた後、渡邉会長が開会の辞として、昨年発足したブラジル新政権には期待外れの感もある中、来年2021年は南米産業開発青年隊創立65周年を迎えることから、「どのような大会にするのか、皆さんと話し合いたい」と述べた。
 議長に鈴木源治(げんじ)氏(7期)、書記に志方(しかた)進氏(8期)が選出され、19年度事業報告を、渡邉会長が説明。1月の総会・新年会をはじめ、5月のパラナ支部大会が11月に延期になったこと、7月のグァタパラ入植57年祭への出席、8月の慰霊祭、12月の忘年会開催などを発表し、2カ月に1回の割合で会報を発行していることも付け加えた。
 19年度決算報告は会計理事の長田譽歳(おさだ・たかとし)氏(8期)が行い、収入1万7298・27レアル、支出1万3865・05レアルで、前年度繰越金(1万8211・35レアル)を合わせた2万1644・57レアルが次期に繰り越されることが発表、それぞれ承認された。
 理事会提案事項では、来年の65周年大会開催について時期と場所などが話し合われ、60周年時の開催場所だったパラナ州コルネリオ・プロコピオや、フォス・ド・イグアスーでの現地集合などの案が上がった。時期は日本側からも参加しやすい8月~10月をめどにし、詳細については今後の理事会で詰めていくという。会費は、昨年と同じ200レアルで据え置くことが決定された。
 引き続き、会員提案事項として曽我義成(そが・よしなり)氏(4期)が「子孫に(南米産業開発)青年隊の歴史を残す必要があり、ポルトガル語を入れた65周年記念誌を作ったほうが良い」と発言。同件に関しても今後の理事会で話し合われる。
 出席者全員で「産業開発青年隊歌」を歌い、閉会の辞を吉田茂治(しげじ)氏(7期)が行って、総会は締めくくられた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》女性売買の国際グループ摘発=「俺の保証書付の品だけ送る」2021年5月5日 《ブラジル》女性売買の国際グループ摘発=「俺の保証書付の品だけ送る」  サンパウロ州ソロカバ市の連邦警察が4月27日、世界各国にブラジル人女性を送り出していた国際的な人身売買グループ「ハーレムBR」を摘発し、国内外9カ所で家宅捜索を実施、メンバー6人を逮捕したと4月27日、5月1日付G1サイト、4月27日付国営通信アジェンシア・ブラジルな […]
  • 石川直樹写真展=JH展示を初めて巡回=パラナ州クリチバMONで2021年2月23日 石川直樹写真展=JH展示を初めて巡回=パラナ州クリチバMONで  サンパウロ市のジャパンハウス(JH、エリック・アレシャンドレ・クルッグ館長)で1月29日まで公開された石川直樹『ジャポネシア(JAPONESIA)』展が、初の試みとしてパラナ州クリチバ市のオスカー・ニーマイヤー美術館(MON)でも一般公開されている。2月11日から4月 […]
  • コロニア10大ニュース=全停止した日系社会の活動=コロナに振り回された異例の年2020年12月29日 コロニア10大ニュース=全停止した日系社会の活動=コロナに振り回された異例の年  2月25日にブラジルで最初の新型コロナ患者が確認され、3月17日に最初の死亡が確認され、ブラジル社会の緊迫度が一気に上がった。同21日にジョアン・ドリアサンパウロ州知事が緊急記者会見を開いて非常事態宣言をし、24日から「2週間のクアレンテナ」(外出自粛)を行うと発表した。4~ […]
  • コロナに負けず料理店開店=七転び八起きのレバノン移民2020年12月10日 コロナに負けず料理店開店=七転び八起きのレバノン移民  「この店のエスフィッハの味はシリア本国と同じです」。今年8月にオープンしたレバノン人移民のフセイン・アリナリさん(54、タイベ生まれ)がひらいたアラブ料理店『エスフィッハ・タイバット』(Rua Triassú, […]
  • 《ブラジル》4カ月で2度もコロナに感染=異なるウイルスかを確認中2020年10月24日 《ブラジル》4カ月で2度もコロナに感染=異なるウイルスかを確認中  リオ州保健局が、5月と9月にコロナ感染症の検査で陽性反応を示した男性について、異なった型のウイルスによる「再感染」かを調べている事を明らかにした。  わずか4カ月間で2度も陽性と判定されたのは、リオ州メスキッタ市に住むカルロス・アルベルト・カルヴァーリョ氏(60)だ […]