ホーム | ブラジル国内ニュース | ブラジル人ジャーナリストパラグアイで銃殺される=生前脅迫を受けていたとも

ブラジル人ジャーナリストパラグアイで銃殺される=生前脅迫を受けていたとも

 ブラジル人ジャーナリストのレオ・ベラス氏が12日夜、ブラジル中西部マット・グロッソ・ド・スル州の州都カンポ・グランデから342キロ離れたポンタ・ポランと国境を接するパラグアイのペドロ・フアン・カバジェロ市で銃殺されたと13日付ブラジルニュースサイトが報じた。
 ベラス氏は、ポルトガル語とスペイン語で国境地帯のニュースを発信するサイトを運営していた。同サイトでは麻薬密売に関連する情報を頻繁に掲載していた。
 パラグアイ警察によると、ベラス氏は家族と夕食をとっていた時に襲われ、約12発の銃弾を受けた。内1発は、殺人者から逃げようとした瞬間に頭に命中したという。
 ベラス氏は救助され、市内の私立病院に運ばれたが、助からなかった。
 パラグアイ検察のマルコ・アマリージャ氏は、「ベラス氏はこの数日間、脅迫を受けており、緊張し、落ち着きがなく、恐怖にさいなまれていた。襲われる前の妻との会話の中で、『身体に気をつけて。子供たちを頼む』と遺言めいたことも言っている。ベラス氏は犯罪者たちに殺される可能性があることを予期していたのだ」とブラジルメディアに明かした。
 20日ほど前にベラス氏と会ったという友人は匿名で、「この数日間、ベラスへの脅迫は絶え間なく続いていた。『麻薬密売問題を扱った記事と、パラグアイの警察の内情を扱った記事を書いたから脅迫されている』と本人から聞いた」と語っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ボウソナロ刺傷事件から1年=アデーリオ容疑者の親族たちの心情は?2019年9月5日 ボウソナロ刺傷事件から1年=アデーリオ容疑者の親族たちの心情は?  昨年の大統領選のキャンペーン中にミナス・ジェライス州ジュイス・デ・フォーラで起きた、大統領候補ジャイール・ボウソナロ氏(現大統領)刺傷事件から6日で1年が経過する。  犯人のアデーリオ・ビスポ・デ・オリヴェイラ被告は、現在も南マット・グロッソ州カンポ・グランデの連邦刑務所に […]
  • 《ブラジル》銀行までの秘密トンネル発見=5月から70メートル掘り進む2019年12月24日 《ブラジル》銀行までの秘密トンネル発見=5月から70メートル掘り進む  ブラジル中西部の南マット・グロッソ州カンポ・グランデ市で22日未明、市内にあるブラジル銀行に向かってトンネルを掘っていたグループが摘発され、警官との間で銃撃戦が展開された。  グループが目指していたのはブラジル銀行中央管理センターの金庫で、現地時間の22日午前0時3 […]
  • 《ブラジル》緊急着陸機から460万レ=前歴あるイタリア人操縦士2019年7月3日 《ブラジル》緊急着陸機から460万レ=前歴あるイタリア人操縦士  ブラジル中西部のマット・グロッソ州アウタ・フロレスタ市の空港で、6月30日に緊急着陸した小型機から460万レアル以上が入ったトランクが見つかり、操縦していたイタリア人が逮捕されたと同日ならびに7月1、2日付現地紙サイトが報じた。  同州州都のクイアバ市から約800キ […]
  • 東西南北2020年1月15日 東西南北  サンパウロ市のブルーノ・コーヴァス市長が13日、レストランやホテル、バーなどの飲食店やイベント会場などで、プラスチック製の食器やナイフ、フォークなどの使用を禁じる条例を裁可した。これで、2021年1月1日以降、違反した施設は罰金を科されることとなる。今年いっぱいはそのための移 […]
  • 【世界救世教ブラジル宣教本部竣工50周年】アマゾン、北東伯へも発展=19日式典でも喜びの声続々2019年6月11日 【世界救世教ブラジル宣教本部竣工50周年】アマゾン、北東伯へも発展=19日式典でも喜びの声続々  19日の「宣教本部竣工50周年記念式典」も午前10時に開幕し、全伯から1105人が参加した。講堂内には400人、講堂の外には605人ほどが駆けつけ、2階の小講堂には約100人が集まった。一日目と同様に式典が粛々と進み、この日は全国から集まった18人が順々に玉串奉奠をし、厳かな […]