ホーム | 日系社会ニュース | 「福島の食材は最高です!」=サッカー日本代表=専属シェフが太鼓判

「福島の食材は最高です!」=サッカー日本代表=専属シェフが太鼓判

西芳照さん

 「ブラジルはW杯でマナウス、レシフェ、にも行ったことがある。マナウスはアマゾンを探検しましたよ。楽しかった」。サッカー日本代表の専属シェフ、別名「サムライブルーの料理人」のにしよし西芳てる照さん(58、福島県)は、そう言って懐かしそうに笑顔を浮かべた。
 福島県庁による「令和元年度中南米・北米移住者子弟研修」で、研修生がホームステイ中の1月25日に訪れた福島県観光物産館で偶然取材した。西さんは、この日に同館で開催中の相双地方観光物産展「そうそう美食フェア」で料理を振る舞うために来ていた。
 西さんが話した2014年サッカーW杯は、開催国ブラジルにとっては悪夢のような大会だった。「当然優勝」との期待を背負って4位に終わったのみならず、ドイツに7対1で負けた。今でもサッカー界にはそのトラウマが残っているほどだ。
 あのとき、西さんはサッカー日本代専属表シェフとしてチームと一緒に来ていたわけだ。
 その際に、「せっかくブラジルに来ているから」と選手にフェイジョアーダを作って出したこともあるそう。大会中の選手は勝手にレストランへ食べに行けず、専属シェフが作ったものしか食べられない。「だから結構日本の選手に喜ばれたんですよ」と思い出す。他にも「ジーコや兄のエドゥアルドにもブラジル料理を作った」と代表専属のシェフならではのエピソードを話す。
 元々は、同研修生一行が訪問した日本初のサッカーナショナルトレーニングセンター「Jヴィレッジ」で、震災前まで総料理長を務めていた。
 被災後は、原発事故対応の最前線基地となったJヴィレッジで作業員のために料理を振る舞った。Jヴィレッジ再開後は、料理の監修やメニュー開発に従事する傍ら、クラブハウス「いわきFCパーク」で『ニシズキッチン』を出店している。
 そんな西さんに福島のオススメ料理を聞くと、「ここの食材は日本一だから、オススメはたくさんある。海なら鮃や鯖、山なら山菜、それからフルーツも全てが美味しい。今はもう普通に暮らせていて良い場所です。ぜひブラジルの人も来てください」と頷き微笑んだ。


□関連コラム□大耳小耳

 福島県観光物産館で出会ったサッカー日本代表専属シェフとして活躍している西芳照さんに、当地の日本食について印象を聞くと、「昔ながらの日本料理が多い感じかな」と語る。「昔来た日本人の料理を継承しているだろうから、懐かしい料理ですよね」とのこと。確かに、当地に訪れた日本人は「“明治の日本”が残っている」と言われるので、言い得て妙かも。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]
  • 東西南北2020年11月5日 東西南北  3日に行われた米国大統領選は稀に見る大接戦となり、4日昼現在でも7州で決着がついていない。3日から翌4日朝にかけては、ブラジルでもテレビ、新聞共にこの話題一色。ブラジルの場合、ボルソナロ大統領がトランプ氏を敬愛している関係だけに、同氏が勝利するか否かで対米関係が大きく変わって […]
  • 聖母婦人会バザー盛況に=W杯で若干人出は少なめ2018年7月7日 聖母婦人会バザー盛況に=W杯で若干人出は少なめ  聖母婦人会(畑中アリッセ会長)は『第63回慈善バザー』を7月1日にサンパウロ市のサンゴンサーロ教会で開催し、サッカーW杯のまっ最中ながらも、たくさんの来場者がつめかけて大サロンがいっぱいになった。  会計理事の谷口真理さんは「例年200人が裏方になるのですが、W杯の […]
  • 大耳小耳2018年6月28日 大耳小耳  サッカーW杯日本代表対ポーランド戦が28日午前11時から始まる。試合はジャパン・ハウス(Av. Paulista, 52)と岩手県人会(R. Thomaz Gonzaga, 95)のほか、カフェ喜怒哀楽(Rua São Joaquim, […]
  • サッカー日本代表=カレーとおはぎ差し入れ=初戦地マナウス日系社会から2016年7月27日 サッカー日本代表=カレーとおはぎ差し入れ=初戦地マナウス日系社会から  【マナウス発】リオ五輪開幕を前に、サッカー日本代表が初戦、第2戦を行うアマゾナス州マナウス市では、地元の日系団体などが慌ただしく準備を進めている。できる範囲で選手たちをサポートしようと、日本食の差し入れのほか、サポーターに青いゴミ袋を配る計画もある。 マナウスでは、開会式に先 […]