ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 この2月のサンパウロ市の天気は「異常気象」とも言えるものだった。国立気象観測所(INMET)によると、今月の降水量は483・6ミリで、77年前の観測開始以来、2月としては史上最多を記録した。これまでの記録は1995年に記録した445ミリで、平年の月間平均の246ミリと比べると、ほぼ2倍の雨が降ったことになる。異常なのは降水量だけでなく、平均最低気温も、これまでの月間平均の19・7度をかなり下回ることになりそうだという。今日も最低気温は16度が予想されている。この調子では、ビールやアイスクリームなど、夏にこそ稼ぎたい産業が大打撃を受けているのでは。
     ◎
 サンパウロ大都市圏ABC地区で起きた宝石商のゴンサウヴェス一家殺人事件から28日で1カ月が経過したが、裁判所は既に、殺害容疑で逮捕された、一家の長女アナフラヴィア容疑者をはじめとした5人の容疑者の拘束をさらに1カ月延長することを決めている。この事件では、アナフラヴィア容疑者の恋人のカリーナ・ラモス容疑者が計画と殺害の実行犯とする説と、カリーナ容疑者のいとこらの男性容疑者たちが一方的に殺害を行ったとする説があるが、果たして?
     ◎
 今週末はサッカーのサンパウロ州選手権第8節が行われる。注目は、今日16時からパカエンブー・スタジアムで行われるサントス対パルメイラスの伝統カード。聖州4強の中でも、仕上がりが順調で優勝候補の両チームがどういう試合を展開するかが見ものだ。また、明日は、サンパウロが本拠地モルンビで強敵ポンテ・プレッタを迎えて行う一戦が注目される。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年9月19日 東西南北  18日、ブラジルのネットはなつかしい写真で溢れた。それはこの日が、ブラジルでのテレビ本放送70週年記念日だったからだ。1950年、今はなきトゥピー局が放送を開始したのが最初となる。日本のNHKが本放送をはじめたのが1953年2月1日なので、それよりも2年半近く早かったことにな […]
  • 2030年W杯まで安心なサッカー新世代2020年9月18日 2030年W杯まで安心なサッカー新世代  サッカーがブラジル国内で再開されて、一月近くが経過した。その短い期間の中で楽しみなことが起こって来ている。  それは、昨年のU17W杯での世界一に貢献した選手たちのうち4人が、早速プロの世界で活躍していることだ。カイオ・ジョルジュ(サントス)、ペグロウ(インテル […]
  • 東西南北2020年9月15日 東西南北  この週末、13日に行われたフランスのサッカー国内リーグの対マルセイユ戦で、PSGのネイマールは、相手ディフェンダー、アルヴァロ・ゴンザレスの後頭部を叩き、一発退場となった。ネイマールによると、この選手からは人種差別的な発言をされたということで、試合後もSNSで「顔を殴ればよか […]
  • 東西南北2020年9月12日 東西南北  10日、サンパウロ市は今年に入って2番めに高い33・4度を記録した。今年の最高気温は1月27日に記録した33・7度だ。普通、年間の最高気温は夏季の1月もしくは2月に記録されるが、以前から9月もしくは10月に気温が急に高くなることは決して少なくなく、今年も4日に32・5度を記録 […]
  • 東西南北2020年9月9日 東西南北  5日から続いた3連休。予想されていたとはいえ、3日とも天候が良かったところが多かったことで、海岸は全国的に大勢の人でにぎわった。それだけでなく、バーやレストラン、公園でも、人が多く見られた。サンパウロ市などでは5月に、祝日前倒しの「フェリアドン」を導入し、「休みを生かして外に […]