ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ市のカーニバルは期間中ずっと曇り空や雨が続き、例年になく寒い天気が続いていたが、2月29日~3月1日の土日に、公式カレンダー最後となるイベントが行われた。結局、最後の最後まで天気が回復することはなく、肌寒い中でのブロッコ行進だったが、人出には影響がなく、大勢の人数で賑わった。中でも、日曜日にイビラプエラ公園で行われた、現在国内屈指の人気女性歌手アニッタのショーは盛り上がりを見せ、40万人ほどの群集が集まる盛況ぶりだった。また、コンソラソンでは同日、女性歌手のダニエラ・メルクリが登場。「自由の闘士」として知られる彼女は、表現や教育の自由を訴え、聴衆を沸かせた。
     ◎
 コロナウイルスの感染が世界的に広がり、ブラジルでもサンパウロ市で2人の感染が確認されたことで人々の話題を独占している。だが、さほど騒がれてはいないけど怖いのがサランポ(麻疹、はしか)で、サンパウロ市では先週、今年初の死者が確認された。サンパウロ州では昨年、消滅していたはずのサランポが復活し、1万755人の患者が出た上、14人が死亡した。今年もすでに246人の発症が確認されている。また、デング熱の罹患者も過去数年で最も多いとか。コロナだけに気をとられてはいけない。
     ◎
 週末行われたサッカーのサンパウロ州選手権。サンパウロは、本拠地モルンビで行われた強敵ポンテ・プレッタ戦を2―1で制した。これでサンパウロはグループCで2位に勝ち点差5の首位。今週はじまるリベルタドーレス杯に向けてもはずみをつけた。サンパウロのリ杯初戦は5日。敵地ペルーでのビナシオナル戦だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年12月4日 東西南北  サンパウロ州検察局は1日、元サンパウロ市文化局長のアレッシャンドレ・ユセフ氏や飲料大手のアンベブ、観光公社のSPトゥリスなどを起訴した。これは、今年のサンパウロ市カーニバルの市内のブロッコ行進に関連した契約での不正を問題視したもの。起訴状では、路上カーニバルに関連した、飲料水 […]
  • 《ブラジル》元保健相「コロナで20対1の大敗」=感染者200万人越え=サンパウロのカーニバルにも暗雲2020年7月17日 《ブラジル》元保健相「コロナで20対1の大敗」=感染者200万人越え=サンパウロのカーニバルにも暗雲  保健省による16日晩発表で、新型コロナウイルスの感染者数が200万人を超えた。1日の感染者数は4万5403人(計201万2151人)、死亡者数は1322人(計7万6688人)となり、依然として米国についで世界2位だ。現在に至るまでの2カ月間、正式な保健大臣は任命されず […]
  • 東西南北2020年3月17日 東西南北  ブラジルサッカー連盟(CBF)は15日、16日からCBF主催の大会や試合の無期限中断を発表した。声明には「現在実施中のCBF主催の全国規模の大会(ブラジル杯、女子全国選手権1部、2部、17歳以下ブラジル選手権、20歳以下ブラジル杯)の試合は再開予定日時を決めずに中断する」と書 […]
  • 特別寄稿=ブラジル日本語センター35周年記念=日本語教育の意義と未来=さらなる教育分野への投資を=理事長 日下野良武2021年1月21日 特別寄稿=ブラジル日本語センター35周年記念=日本語教育の意義と未来=さらなる教育分野への投資を=理事長 日下野良武 【※1月16日に開催されたパネルディスカッション「ブラジルにおける日本語教育の意義と未来」の基調講演を許可を得て転載】 困難なコロナ禍で、オンライン授業が急進展  本日は、ブラジル日本語センター創立35周年を記念してのパネルディスカッションに、多くの日本語教育関 […]
  • 東西南北2021年1月20日 東西南北  パンデミックの間に一躍知名度を上げた食べ物の配達などの携帯アプリは、今や生活に欠かせない存在になりつつある。だが、それに欠かせないモトボーイ(配達員)を狙う電撃強盗が増加している。市警強盗防止班によると、2019年1月と2020年9月を比べると、モトボーイを狙った犯罪は27% […]