ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ》幼稚園で虐待疑惑=解雇された保育士2人が告発

《サンパウロ》幼稚園で虐待疑惑=解雇された保育士2人が告発

虐待の嫌疑がかけられている幼稚園、カーザ・ダ・ヴォヴォー(Google Mapより)

 サンパウロ市西部ピニェイロスの幼稚園、カーザ・ダ・ヴォヴォーの経営者で、園長も務めるネレイデ・トレンチーノ氏(40)と同園元コーディネーターのアナ・レジーナ・トーマス氏(32)に園児虐待疑惑が浮上。サンパウロ市警が調査に当たっていると、10日付地元紙などが報じた。
 同園の元保育士や保護者らは、園長らは子供の髪や耳、腕を引っ張ったりしていた上、言葉による虐待も加えていたとしている。また、園児の中には、寝つきが悪いという理由で別の部屋に放置され、泣きながら過ごした子供もいたとの供述なども出ている。園長は嫌疑を否定しているが、保護者たちが訴えたため、コーディネーターを解雇した。
 ことが明るみに出たのは2月はじめ、保育士2人が解雇処分にされた直後だ。解雇された保育士たちは園外で保護者を待ち、「子供たちが虐待されている」と告げた。
 地元紙が10人の保護者に聞いたところでは、虐待は本当だったと信じる親と、解雇を恨んだ保育士たちのでっち上げとする親がいた。地元紙は2018~20年に同園で勤務した保育士や実習生、計6人にインタビューしたが、全員が虐待行為があったと語っている。
 同園には100人の園児が通っていたが、多くは疑惑発覚後に園を離れ、今は50人だ。
 解雇され、虐待を告発した元保育士2人は、虐待を受けた園児の名を明らかにした動画を撮影。この動画で名前が出た園児の両親は園を訴えており、現在はサンパウロ市第14警察署が調査に当たっている。同署には先週、少なくとも23人の子供が虐待されていたことを示す書類も提出されている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 特別寄稿=どうして止まった フォードブラジル車=地力を生かせば また昇る=サンパウロ市在住  駒形秀雄2021年1月19日 特別寄稿=どうして止まった フォードブラジル車=地力を生かせば また昇る=サンパウロ市在住  駒形秀雄  正月気分も抜けきれない11日、ブラジル社会に衝撃のニュースが流れました。古くからなじんで来たフォード社がブラジルの全工場を閉鎖し、車の生産を止めるというのです。  フォードトラックを持つことは戦前の日系移民の夢でした。戦後はスマートなフィエスタ、エスコートスポーツ等 […]
  • 移民の味=開店直後にコロナ禍直撃=めげす営業続けるアラブ料理店2021年1月19日 移民の味=開店直後にコロナ禍直撃=めげす営業続けるアラブ料理店  「今年初めてこのランプを灯すんですよ」 ――年明け1月7日の昼食時、一軒のレストランにつるされたモザイク模様のランプから色とりどりの光がこぼれ出した。この手工芸品的なランプがレストランのオーナーの手作りなら、ユニークな壁や天井の室内装飾もオーナーの作品。そこで提供さ […]
  • 訃報=三田会名誉会長 石井賢治さん2021年1月19日 訃報=三田会名誉会長 石井賢治さん  「ジョイアロレーナ石井宝石店」を経営する傍ら、三田会名誉会長、長野県人会元会長を務めてきた石井賢治さんが、17日8時58分にサンパウロ市内のイスラエリタ・アウベルト・アインシュタイン病院で癌により亡くなった。行年88歳。18日に家族のみで告別式を行い、サンパウロ市内の […]
  • ブラジル日系文学65号発刊=次号から日語版縮小を検討2021年1月18日 ブラジル日系文学65号発刊=次号から日語版縮小を検討  ブラジル日系文学会(櫻井セリア会長)が『ブラジル日系文学』第65号(発行者=近藤アンドレ、編集者=中田みちよ)を発刊した。  初登場となる大浦智子氏の特集「哀しみのディアスポラ」を掲載。シリア難民へ取材した「あるシリア難民との出会いから」や聖市内に住む3人の難民を交 […]
  • 《サンパウロ市》市内バスの無料乗車も65歳以上に=地裁が市長の抗告を認める2021年1月16日 《サンパウロ市》市内バスの無料乗車も65歳以上に=地裁が市長の抗告を認める  【既報関連】サンパウロ州地裁が14日、サンパウロ市内を走るバスに関しても、無料乗車できるのは65歳以上との判断を下した。  サンパウロ市内を走るバスの無料乗車は60歳以上の人に認められていた。だが12月23日にブルーノ・コーヴァス市長が、1月1日からは65歳以上の人 […]