ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》レジーナ文化特別局長=新局長の人事拒否される=オラーヴォ派との間に溝

《ブラジル》レジーナ文化特別局長=新局長の人事拒否される=オラーヴォ派との間に溝

 6日に文化特別局長に就任した大御所女優のレジーア・ドゥアルテ氏が指名した文化局局長の1人が、連邦政府によって拒否された。10日付現地紙が報じている。
 拒否されたのは、文化多様性局長に指名されたマリア・ド・カルモ・ブラント・デ・カルヴァーリョ氏だ。同氏は中道右派の民主社会党(PSDB)党員で、サンパウロ州カトリック総合大学で社会サービスに関する博士号を取得。テメル政権のときには、オスマル・テラ社会開発相(当時)の下で全国社会援助局長をつとめた実績もある。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市市長選》テレビ討論会相次ぎ中止に=ルッソマノ候補に有利な展開に2020年10月8日 《サンパウロ市市長選》テレビ討論会相次ぎ中止に=ルッソマノ候補に有利な展開に  サンパウロ市市長選に伴う恒例のテレビ候補者討論会が続々にキャンセルされており、支持率1位のセルソ・ルッソマノ候補(共和者・RP)以外の候補者を苛立たせていると、7日付現地紙が報じている。  討論会のキャンセルは、9月28日にSBT局がコロナ禍を理由にキャンセルと発表 […]
  • 《記者コラム》グローボ対レコルジTVという熾烈な下克上2020年10月6日 《記者コラム》グローボ対レコルジTVという熾烈な下克上 9月にあった報道合戦  9月は久々にグローボTV局(5ch)対レコルジTV局(7ch)の熾烈な戦いが繰り広げられた。  キッカケは「クリヴェラ親衛隊」事件だ。9月2日付G1サイトには、リオ市長のマルセロ・クリヴェラ氏が市役所職員として「クリヴェラ親衛隊」を雇い、 […]
  • 《記者コラム》集団免疫に近づいたサンパウロ、リオ、マナウス2020年9月1日 《記者コラム》集団免疫に近づいたサンパウロ、リオ、マナウス  8月22日、「世界の幾つかの都市では集団免疫になった可能性がある」というニュースが急に流れた。それまでは学術系サイトでしか散見されなかった内容が、20日を区切りに一般メディアでも表れた。  例えばグローボ系列のリオ地方紙「エストラ」サイト22日付≪新型コロナウイルス […]
  • 《ブラジル》大統領元弁護士に疑惑噴出=食品大手から900万レ受取り=ケイロス氏入院費肩代わりも2020年8月27日 《ブラジル》大統領元弁護士に疑惑噴出=食品大手から900万レ受取り=ケイロス氏入院費肩代わりも  ボルソナロ大統領一家の弁護士を務めていたフレデリック・ワセフ氏が、食品大手JBSから大金を受け取った疑惑や、別宅にかくまっていたファブリシオ・ケイロス氏の入院費を支払っていた疑惑、企業からの不審な入金が発覚し、注目を浴びている。25~27日付現地紙サイトが報じている。 […]
  • 東西南北2020年8月26日 東西南北  25日午前、ツイッター上では「マジュ・メンチローザ」のハッシュタグが大量に上がった。それは、グローボ局の昼ニュース「ジョルナル・オージ」で「ブラジルで11万7千人が亡くなっているときにボルソナロ大統領は『コロナに勝ったブラジル』というイベントに参加していた」と報じたことをボル […]