ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》レジーナ文化特別局長=新局長の人事拒否される=オラーヴォ派との間に溝

《ブラジル》レジーナ文化特別局長=新局長の人事拒否される=オラーヴォ派との間に溝

 6日に文化特別局長に就任した大御所女優のレジーア・ドゥアルテ氏が指名した文化局局長の1人が、連邦政府によって拒否された。10日付現地紙が報じている。
 拒否されたのは、文化多様性局長に指名されたマリア・ド・カルモ・ブラント・デ・カルヴァーリョ氏だ。同氏は中道右派の民主社会党(PSDB)党員で、サンパウロ州カトリック総合大学で社会サービスに関する博士号を取得。テメル政権のときには、オスマル・テラ社会開発相(当時)の下で全国社会援助局長をつとめた実績もある。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ