ホーム | Free | ドミンゴコンサート今週末=トリオ・エリザ福田が来社

ドミンゴコンサート今週末=トリオ・エリザ福田が来社

左から田代さん、福田さん、フェレイラさん

 文協音楽委員会(本田ジュリア委員長)は「第92回文協ドミンゴ・コンサート」を15日午前11時から、文協小講堂(R. São Joaquim, 381 -Liberdade)で開催する。入場無料だが、保存食1キロ分の寄付を呼びかけている。
 当日演奏する「トリオ・エリザ福田」は、バイオリニストの福田エリザ百合子さん、ピアニストの田代倫子リチャルジさん、チェロのモイゼス・フェレイラさんからなるトリオ。
 ベートーヴェン250年生誕記念にあわせてピアノ三重奏曲第1番とピアノ三重奏曲第5番ニ長調作品70-1「幽霊」を演奏する。ともに三重奏の中でも有名な楽曲で、初期作品と全盛期の作品になるので、作曲家としての円熟度の変化が味わえるという。
 福田さんは「演奏者の個性も楽しめる音楽会になる。3人の個性とハーモニーをぜひ楽しんで」とトリオの魅力を解説。田代さんも「聴きやすい楽曲なので、気を張らずに来てほしい」と来場を呼びかけている。
 福田さんは、カメラータ・フクダ設立者で、10年以上ソロやカルテットなどで活躍しているバイオリニスト。田代さんはケルン音楽大学・大学院を卒業し、11年ドイツで室内楽でのピアノや音楽学校教師をしていた。モイゼス・フェレイラさんはサンパウロ市立オーケストラ副首席チェロ奏者だ。
 昨年中ごろ知り合い意気投合して、10月ごろにトリオを結成した。


□関連コラム□大耳小耳

 ドミコン演目にある「幽霊」ことピアノ三重奏曲第5番ニ長調作品70-1。この曲はベートーヴェンが作曲家として成熟した時期の楽曲。有名な交響曲「運命」や「田園」等の名曲が次々生まれた「傑作の森」と呼ばれる時期の作品だ。「幽霊」という名を誰がつけたかは定かではないが、聴衆がつけた愛称らしい。「幽霊」などと呼ばれているので、おどろおどろしい曲調なのかと思ってしまうが、むしろ出だしはカラッと明るい印象だとか。福田さんは「初めて聴く人は、どこから『幽霊』が現れるのか、是非楽しみに聴いてほしい」とお薦めした。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 県連日本祭り中止に決定!=来年6~8月に開催延期=谷口実行委員長「苦汁の決断」2020年3月21日 県連日本祭り中止に決定!=来年6~8月に開催延期=谷口実行委員長「苦汁の決断」  コロナウイルスによる災禍がサンパウロ州でも広がる中、ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)が、今年7月に予定していた第23回「日本祭り」(谷口ジョゼ実行委員長)を中止するとの決断を17日にした。今週、サンパウロ市行政は「非常事態宣言」を出し、サンパウロ州政府も […]
  • 「日本とラ米の経済協力関係」=渡邊頼純教授らの講演会2020年3月11日 「日本とラ米の経済協力関係」=渡邊頼純教授らの講演会  在サンパウロ日本国総領事館(野口泰総領事)とブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)が主催する講演会「日本とラ米の経済協力関係」が11日午後7時から、サンパウロ市のジャパン・ハウスで開催される。  講演者は2人。1人は関西国際大学の国際コミュニケーション学部の学部 […]
  • ブラジル稲門会が定期総会=コロナの影響で出席少な目2020年3月20日 ブラジル稲門会が定期総会=コロナの影響で出席少な目  早稲田大学OBによるブラジル稲門会(天野一郎会長)の定期総会が今月6日に、サンパウロ市リベルダーデ区の宮城県人会会館で開催された。平日開催で新型コロナウイルスの影響が当地でも出始めた時期でもあり、例年よりも少ない28人が出席して交流を深めた。  開会後の挨拶で天野会 […]
  • 新型肺炎の経済への影響は?=会議所部会長シンポ、5日2020年2月29日 新型肺炎の経済への影響は?=会議所部会長シンポ、5日  「新型コロナウイルスの影響が、各業界でどう現れているか。どんな対処をしているのか。皆さんが気になるそんな点も発表されるのでは」――ブラジル日本商工会議所(村田俊典(むらたとしふみ)会頭)の総務委員会と企画戦略委員会が共催する恒例の「2020年上期業種別部会長シンポジュ […]
  • 日本行きかけた熱い戦い!=第48回ブラジル王将戦2020年3月3日 日本行きかけた熱い戦い!=第48回ブラジル王将戦  ブラジル将棋連盟(吉田国夫会長)は3月21日、サンパウロ市のブラジル日本文化福祉協会ビル2階21B号室(R. São Joaquim, 381,- […]