ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 「アルゼンチンのカントリーリスクが9日(月)、約2800ポイントに達し、2005年以来の最悪レベルになった」と同国邦字紙『らぷらた報知』8980号が報じている。これはJPモルガン銀行が発表したインデックスで、6日(金)の終値から15・5%も上昇した。ただし、最悪だった2005年は6600ポイントだったので、その半分以下。とはいえ昨年8月末、大統領選挙の大統領予備選挙後も2532ポイントまで上昇していたので、それよりも高い。お隣のアルゼンチンが立ち直らないと、ブラジル自動車産業の輸出も伸び悩むことは必死。隣国とは言え、あまり他人事ではなさそう。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • 文協統合フォーラム19日=山田大使ら招待、オンラインで2020年9月18日 文協統合フォーラム19日=山田大使ら招待、オンラインで  ブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)は19日(土)18時から「第12回文協統合フォーラム」(パトリシア・タケハナ実行委員長)をオンラインで開催する。イベントは「日系:パンデミックへの挑戦」をテーマに文協のユーチューブとフェイスブックで配信される。  ゲストには […]
  • 人マチ点描=200レアルもう見ましたか?2020年9月18日 人マチ点描=200レアルもう見ましたか?  今月から市中に出回り始めた200レアル札。注目の裏面図柄には「タテガミオオカミ」(lobo-guará)が採用されている。「絶滅危惧種」ではないが、南米のみに生息する貴重な野生動物。ブラジル中部および東部を中心に、アルゼンチン北部、パラグアイ、ボリビア東部にも。ただし […]
  • 東西南北2020年9月17日 東西南北  今日17日から、新型コロナウイルスに伴う緊急支援金の通算第6回目の支給がはじまる。これまでのように長蛇の列となって混雑する姿は、今から想像できそう。ところが16日付アゴラ紙によると、それがなくとも、連邦貯蓄(CAIXA)銀行の前には既に行列ができている。それはCAIXAでは、 […]
  • 《記者コラム》日本と日系社会が手を合わせて文化普及戦略を2020年9月15日 《記者コラム》日本と日系社会が手を合わせて文化普及戦略を  「そうあってほしい」―8月31日に東京で開催された「日本財団グローバル若手日系人調査」記者発表の映像(https://www.nippon-foundation.or.jp/who/news/pr/2020/20200831-48496.html)を閲覧して、そんな感想がわい […]