ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ大都市圏=市局長が自宅前で銃殺=犯人は依然として逃走中

サンパウロ大都市圏=市局長が自宅前で銃殺=犯人は依然として逃走中

 サンパウロ大都市圏のフェラス・デ・ヴァスコンセロス市で9日夜、同市のスポーツ局長が自宅前で銃撃され、殺害された。11日付現地紙が報じている。
 亡くなったのはフランシスコ・ペレイラ・デ・ブリット氏。同氏は9日、同市ジャルジン・サンジョヴァンニ地区にある自宅に帰宅したところ、家の前で銃撃を受け、亡くなった。
 監視カメラには大きめの口径の銃を持った犯罪者が映し出されており、銃撃後、少なくとも4人が車に乗り込んで、その場を立ち去る姿が目撃されている。
 11日の時点では、犯人は逮捕されておらず、殺人の動機も不明だ。だが、この犯行の少し前に、「殺害者たちから脅されて車を盗まれた」と被害を申し出ている、タクシー・アプリの運転手がいることが明らかになっている。
 犯人たちは、この運転手を野原に置いていったん去った。犯行でこの車を利用した後に戻ってきて、運転手に「このことは誰にも話すな」と言って立ち去ったという。
 殺害されたペレイラ氏は「チコ先生」の名で親しまれた弁護士でもあり、サンパウロ州議会選に出馬した経験も持っていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市》本のビエナーレは12月に=初めてのヴァーチャル版に2020年9月22日 《サンパウロ市》本のビエナーレは12月に=初めてのヴァーチャル版に  2年に一度、サンパウロ市で開かれる本の祭典「ビエンナーレ」が、史上初のヴァーチャル版で開催される事になった。今年のビエンナーレは12月7~13日に開催される。  ビエンナーレは第26回目で、10月に開催されるはずだった。新型コロナの感染拡大に伴う外出自粛などで、今年 […]
  • 《サンパウロ市》新型コロナ抗体を14%所持=裕福な地域ほど感染者増加2020年9月22日 《サンパウロ市》新型コロナ抗体を14%所持=裕福な地域ほど感染者増加  サンパウロ市市役所が行った調査によると、住民の13・9%は既に新型コロナウイルスに感染し、抗体を持っている事がわかった。  新型コロナ抗体率を調べる調査は5回目で、市内全域の保健所(UBS)472カ所の管轄の住民の中から無作為に選ばれた2226人を調査した結果、抗体 […]
  • サンパウロ市長選=世論調査で今回もフッソマノ1位=現職にはコロナ対策で54%支持=極左PSOLが3位に2020年9月22日 サンパウロ市長選=世論調査で今回もフッソマノ1位=現職にはコロナ対策で54%支持=極左PSOLが3位に  世論調査会社「IBOPE」がサンパウロ市長のブルーノ・コーヴァス氏(民主社会党・PSDB)に対する調査を行った結果、新型コロナウイルス対策に関して54%が評価しているという結果が出た。だが、市政に関しては「良い」の評価が28%、「悪い」も28%と拮抗していることもわか […]
  • 《ブラジル》コロナ禍=感染者と死者が増加=連休で警戒に緩み?2020年9月22日 《ブラジル》コロナ禍=感染者と死者が増加=連休で警戒に緩み?  ブラジルでの新型コロナウイルスの感染拡大はいったん減速したが、13~19日には感染者、死者共に増え、外出自粛が緩んでいた事を窺わせている。  ここの所、1週間(日曜~土曜)ごとの新たな感染者や死者の数の推移は、感染拡大が減速化している事を示していた。だが、先週は感染 […]
  • 人権相に中絶妨害疑惑=強姦被害の10歳少女に2020年9月22日 人権相に中絶妨害疑惑=強姦被害の10歳少女に  8月に社会問題となった、強姦されて妊娠した10歳少女の中絶に関する問題で、ダマレス・アウヴェス人権相が、少女の中絶手術に干渉しようとしていた疑惑が浮上した。  これは21日付フォーリャ紙が報じたもの。ダマレス人権相は、8月上旬に少女が中絶手術を受けることを知った際、自身の側 […]