ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ大都市圏=市局長が自宅前で銃殺=犯人は依然として逃走中

サンパウロ大都市圏=市局長が自宅前で銃殺=犯人は依然として逃走中

 サンパウロ大都市圏のフェラス・デ・ヴァスコンセロス市で9日夜、同市のスポーツ局長が自宅前で銃撃され、殺害された。11日付現地紙が報じている。
 亡くなったのはフランシスコ・ペレイラ・デ・ブリット氏。同氏は9日、同市ジャルジン・サンジョヴァンニ地区にある自宅に帰宅したところ、家の前で銃撃を受け、亡くなった。
 監視カメラには大きめの口径の銃を持った犯罪者が映し出されており、銃撃後、少なくとも4人が車に乗り込んで、その場を立ち去る姿が目撃されている。
 11日の時点では、犯人は逮捕されておらず、殺人の動機も不明だ。だが、この犯行の少し前に、「殺害者たちから脅されて車を盗まれた」と被害を申し出ている、タクシー・アプリの運転手がいることが明らかになっている。
 犯人たちは、この運転手を野原に置いていったん去った。犯行でこの車を利用した後に戻ってきて、運転手に「このことは誰にも話すな」と言って立ち去ったという。
 殺害されたペレイラ氏は「チコ先生」の名で親しまれた弁護士でもあり、サンパウロ州議会選に出馬した経験も持っていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ州》イビラプエラにも臨時病院=患者対応用に248ベッドを追加2020年4月8日 《サンパウロ州》イビラプエラにも臨時病院=患者対応用に248ベッドを追加  サンパウロ州のジョアン・ドリア知は7日、サンパウロ市に新たな臨時病院を設立すると発表した。  新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療に特化した新しい臨時病院は、市内南部イビラプエラのスポーツ複合施設に設置される。同知事によると、この病院には軽症者(合併症などがな […]
  • サンパウロ大都市圏=ドライブスルーで予防接種=高齢者対策として高評価2020年3月27日 サンパウロ大都市圏=ドライブスルーで予防接種=高齢者対策として高評価  新型コロナウイルスの感染拡大で前倒しされたインフルエンザの予防接種が23日から行われているが、外出自粛令発令中のサンパウロ州では、サンパウロ大都市圏だけで少なくとも14の自治体がドライブスルーでの対応を行い、好評を得ていると26日付現地紙などが報じている。   23日からの […]
  • サンパウロ州コロナ禍=死者続出病院の背景を捜査=市保健局は営業停止を要請2020年4月3日 サンパウロ州コロナ禍=死者続出病院の背景を捜査=市保健局は営業停止を要請  【既報関連】サンパウロ州検察局が1日に、サンパウロ市のサンタ・マジオレ病院での新型コロナ感染症拡大に関する新たな捜査を開始したと同日付現地紙、サイトが報じた。「サンタ・マジオレ」は、高齢者向け保健プランを運用するプレヴェント・セニオルが経営する8病院に付けられた名前で、パライ […]
  • 《ブラジル》コロナ禍=感染者数は2~3日で倍増=サンパウロ州や保健省が検査強化へ2020年3月25日 《ブラジル》コロナ禍=感染者数は2~3日で倍増=サンパウロ州や保健省が検査強化へ  【既報関連】サンパウロ州のコロナ対策班コーディネーターのダヴィ・ウイッピ氏が新型コロナウイルスに感染している事が23日に判明、同州のジョアン・ドリア知事やサンパウロ市のブルーノ・コーヴァス市長らも検査を受けたと同日付現地紙サイトが報じた。  ウイッピ氏が感染した可能性は23 […]
  • サントス=クアレンテーナで女性が負傷=母に会いに行くと窓から出て2020年3月26日 サントス=クアレンテーナで女性が負傷=母に会いに行くと窓から出て  サンパウロ州海岸部のサントス市で、新型コロナウイルスに伴う外出自粛令(クアレンテーナ)を振り切って母親に会いに行こうとした女性が、窓から抜け出そうとして瓦を踏み抜き、負傷する事故が起きるなど、同令実施の難しさを示す事柄が起きている。25日付現地サイトが報じている。  同市の […]