ホーム | 日系社会ニュース | 松田明美さん=「おもてなし」日本語講座=SC病院第3期生が卒業式

松田明美さん=「おもてなし」日本語講座=SC病院第3期生が卒業式

卒業証書を手にした第3期卒業生と講師の松田明美さん(写真:望月二郎)

 サンパウロ市サンタクルス病院(石川レナト理事長)が先月12日、職員を対象とした「おもてなし」日本語講座第3期生卒業式を別館講堂にて行った。昨年10月から週2回受講した衛生課、厨房職員、警護課等の34人が修了し、27人に卒業証書が授与された。
 この講座は「おもてなし」をテーマに、日本語だけでなく日本文化や日本式の応対を知ってもらうため、同病院が昨年8月から開始した。講師は『ブラジルかわいい大使』松田明美さん。
 卒業式では卒業生が6つのグループに分かれ、自分達が考える「おもてなしとは何か」を日本語で発表。〝思いやり〟〝周りを大切にする心〟や〝痛みを共感すること〟など様々な表現した。
 盛り上げる余興として「お箸選手権」も。各7人の4チームで1分間に豆をお箸でつまんでコップに入れた数を競った。大豆でなく、あえてフェジョン豆を使用した。
 最後は一人一人に卒業証書が手渡され、「上を向いて歩こう」を卒業生が日本語で合唱して終了となった。
 列席した同病院脳外科医の西国幸四郎さん(59、大阪府)は、「元は日本の援助で創立された病院であり、日本の文化や歴史、フィロゾフィーを職員にも知ってもらった上で、患者さんに対応してもらいたいという理事長の思いから実現した講座。日本のマナーや和食等、文化的な事も発信していける病院でありたい」と語っていた。
 卒業生の1人、厨房に7年勤めるジスライニ・アルベス・マリンニョさん(46、サンパウロ市)は「日本語を学ぶことよりも、おもてなしを学んだことが勉強になった。患者に対応する時の気持ちが変わった」と語り、授業の成果を感じていた。
 エレベーターオペレーターで、患者さんと接する機会が一番多いデイソン・ダ・シルバ・コスタさん(40・マナウス)は、授業を受ける前後で全く変わったと言う。「仕事の時だけでなく、家の外や自分の周りでも、年配の方に対する気遣い等をするようになった」とおもてなしの精神が身に付いたという。
 「この講座を受講して『おもてなし』の心を掴んだ」と語るのは、第2期卒業生で病院運営課部長のテルマ・コレア・マチアスさん(62、サンパウロ市)。「受講していない人も影響され、みんなが一つになって働けるようになってきた」と笑顔で語っていた。
 次の4期生は医師。忙しい合間をぬって、約3カ月週2回おもてなし日本語講座を受講する。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ≪記者コラム≫コロナ世界大恐慌の日系社会を回顧、新年を展望2021年1月5日 ≪記者コラム≫コロナ世界大恐慌の日系社会を回顧、新年を展望 「コロナ世界大恐慌」的様相を呈した2020年  「自分が生きている間に、こんなひどいことが起きるなんて想像もできなかった」―パンデミックの間、編集部に電話をくれたたくさんの読者と話をしていて異口同音にこの台詞を聞いた。読者の大半は80代、90代だから、昨年我々はどれだけ特殊な […]
  • ニッケイ新聞元営業部長=中野晃治さんが死去2020年12月11日 ニッケイ新聞元営業部長=中野晃治さんが死去  元商社マンで元本紙営業部長、南米浄土真宗本願寺(西本願寺)の僧侶としても活動していた中野超証((ちょうしょう)晃治(こうじ))さんが、10日午前11時頃、心臓発作のためサンパウロ市内のサンタクルス病院で亡くなった。行年84歳。  中野さんは広島県出身。1958年にコ […]
  • 秋の叙勲=多彩な分野から12人受勲=安部元下議、山村氏、ヨコタ氏ら=音楽、交流、金融、学術など2020年11月4日 秋の叙勲=多彩な分野から12人受勲=安部元下議、山村氏、ヨコタ氏ら=音楽、交流、金融、学術など  日本政府は秋の叙勲受章者を3日に発表した。ブラジルからは邦人叙勲5人、外国人受勲7人の12人が受勲した。受勲者と功績は次の通り。(敬称略)   【日本国大使館推薦叙勲受章者】 〈邦人叙勲〉 ▽平駒治(89)=旭日双光章=元ブラジリア日伯文化協会会長、 […]
  • 「中南米日系社会とともに歩む」=JICA広報誌mundi2020年10月17日 「中南米日系社会とともに歩む」=JICA広報誌mundi  独立行政法人国際協力機構(JICA)が毎月発行する広報誌『mundi(ムンディ)』10月号(22ページ)が発刊された。今号は「中南米 日系社会とともに歩む」特集で、様々な角度から南米と日本の関係を、日系社会を軸に紹介している。  北米・南米を中心に推定360万人以上 […]
  • ジャパンハウス20日に再開館=サンタ・クルス病院から感染対策助言受け=ファッション、写真の2展覧会で2020年10月14日 ジャパンハウス20日に再開館=サンタ・クルス病院から感染対策助言受け=ファッション、写真の2展覧会で  9日、州政府が外出自粛規制緩和レベルを「5段階中の4段階目」を示す「緑」への引き上げに伴い、サンパウロ市のジャパンハウス(JH、エリック・アレシャンドレ・クルッグ館長)は20日(火)から営業を段階的に再開することを発表した。営業時間は火曜日から日曜日の11時~17時ま […]