ホーム | Free | ブラジル王将戦大会、開催延期

ブラジル王将戦大会、開催延期

 ブラジル将棋連盟(吉田国夫会長)は、昨今の新型コロナウイルス感染拡大に伴い、3月21日に開催予定だった『第48回ブラジル王将戦』の延期を決定した。
 同大会の優勝、準優勝者には10月23~26日に日本で行われる『第8回国際将棋フォーラム』にブラジル代表として参加する権利が贈られることになっていた。今回の延期で、ブラジル代表は過去の大会実績から選抜する方針となった。
 吉田会長は「大会の開催に協力してくれた方々、開催を楽しみにしていた皆さんには大変申し訳ない。参加者に高齢者が多いことからも延期せざるを得なかった。連盟は今後も将棋文化の普及に励んでいくので、延期へのご理解と活動への引き続きのご協力をお願いしたい」と述べた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》大学入試=コロナ禍の中で初日実施=棄権率は異例の50%超2021年1月19日 《ブラジル》大学入試=コロナ禍の中で初日実施=棄権率は異例の50%超  17日、大学入試や奨学生承認にも使われ、国内で最も重要な試験のひとつである、国家高等教育試験(ENEM)が行われた。当初の実施予定日から2カ月遅れで実施されたものの、コロナ禍の影響で試験そのものが差し止められたり、試験会場で入場を断られたりした人や、参加をとりやめる受 […]
  • 《ブラジル》太陽光発電が大幅に増加=初期費用の大幅低減で2021年1月19日 《ブラジル》太陽光発電が大幅に増加=初期費用の大幅低減で  持続可能な開発などに対する投資が盛んになる中、エネルギー部門においても太陽光発電が大幅に増えていると18日付現地紙が報じた。  2020年の太陽光発電への投資は130億レアルに上り、発電能力も4・6ギガワットが7・5ギガワットに増えた。内2・2ギガワットは、屋根の上やビルの […]
  • 《ブラジル》大統領派女性下議=ツイッターから警告処分=クロロキンがコロナに効くとの投稿で2021年1月19日 《ブラジル》大統領派女性下議=ツイッターから警告処分=クロロキンがコロナに効くとの投稿で  ボルソナロ大統領支持派の代表的人物として知られるカルラ・ザンベッリ下議(社会自由党・PSL)が16日、大統領が新型コロナウイルスの治療薬として推奨してきたクロロキンに関する投稿をツイッター社から「虚偽の情報」と指定される処分を受けた。16日付現地紙が報じている。  問題の投 […]
  • 東西南北2021年1月19日 東西南北  15日から17日、3夜連続で、ボルソナロ大統領に対する抗議行動としての鍋叩き「パネラッソ」が行われた。主にサンパウロ市やリオ市などの州都で、日によって参加する市や人の数も異なったが、16日午後6時の場合は九つの州都で、「辞めろ、ボルソナロ!」などの掛け声と共にカンカンと鍋が叩 […]
  • 《記者コラム》今が正念場! 日本はコロア対策で「金メダル」対応を2021年1月19日 《記者コラム》今が正念場! 日本はコロア対策で「金メダル」対応を 国際電話「日本はもうオシマイだ・・・」  「日本はもうオシマイだ・・・」――先週、静岡県に住む親戚から突然、国際電話がかかって来てそう言われ、心底驚いた。  日本政府は13日、緊急事態宣言に大阪・愛知・福岡など7府県を追加した。そのニュースを見て心配になり、居て […]