ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ボウソナロ大統領は17日、ブラジル北部ロライマ州パカライマ市とベネズエラの国境を15日間。部分的に閉鎖すると発表した。これは、同州のアントニオ・デナリウム知事の要請に部分的に応えたものだ。ブラジル人以外はブラジルに入ることが来なくなるが、商用車は通行を許される。大統領は「商用車の通行まで止めたら、ロライマの経済もベネズエラの経済も枯渇する」と語った。新型コロナウイルス災禍は、石鹸にも事欠く隣国も襲っており、国境閉鎖で周辺地帯に住むベネズエラ人の健康状態が悪化しないか懸念される。
     ◎
 サンパウロ州地裁のアントニオ・カルロス・マリェイロス判事は17日、今月初めにサンパウロ州議会で成立した州公務員の年金制度改革を差し止める仮判決を出した。同州政府は新しい年金制度により、今後15年間で580億レアルの歳出削減を期待していたが、なかなか一筋縄ではいかなそうだ。
     ◎
 国連の教育科学文化機関(ユネスコ)によると、世界では、学校在籍者の半分(子供や青少年8億5千万人以上)は、新型コロナウイルスに伴う休校措置で学校に通えていないという。コロナショックのせいで、世界102カ国の学校と大学が完全に閉鎖され、11カ国では部分的に閉鎖された。このため、授業を受けられない生徒の数は4日間で2倍になり、今後も増え続けるとユネスコは警告している。ユネスコのオードリー・アゾレイ事務局長は、「全ての子供や若者は継続的な学習機会を得る権利がある」と述べた。ブラジルでもオンライン授業を「認め」「フル活用」して、子供たちの学習機会を確保して欲しいもの。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市》本のビエナーレは12月に=初めてのヴァーチャル版に2020年9月22日 《サンパウロ市》本のビエナーレは12月に=初めてのヴァーチャル版に  2年に一度、サンパウロ市で開かれる本の祭典「ビエンナーレ」が、史上初のヴァーチャル版で開催される事になった。今年のビエンナーレは12月7~13日に開催される。  ビエンナーレは第26回目で、10月に開催されるはずだった。新型コロナの感染拡大に伴う外出自粛などで、今年 […]
  • 《サンパウロ市》新型コロナ抗体を14%所持=裕福な地域ほど感染者増加2020年9月22日 《サンパウロ市》新型コロナ抗体を14%所持=裕福な地域ほど感染者増加  サンパウロ市市役所が行った調査によると、住民の13・9%は既に新型コロナウイルスに感染し、抗体を持っている事がわかった。  新型コロナ抗体率を調べる調査は5回目で、市内全域の保健所(UBS)472カ所の管轄の住民の中から無作為に選ばれた2226人を調査した結果、抗体 […]
  • サンパウロ市長選=世論調査で今回もフッソマノ1位=現職にはコロナ対策で54%支持=極左PSOLが3位に2020年9月22日 サンパウロ市長選=世論調査で今回もフッソマノ1位=現職にはコロナ対策で54%支持=極左PSOLが3位に  世論調査会社「IBOPE」がサンパウロ市長のブルーノ・コーヴァス氏(民主社会党・PSDB)に対する調査を行った結果、新型コロナウイルス対策に関して54%が評価しているという結果が出た。だが、市政に関しては「良い」の評価が28%、「悪い」も28%と拮抗していることもわか […]
  • 《ブラジル》コロナ禍=感染者と死者が増加=連休で警戒に緩み?2020年9月22日 《ブラジル》コロナ禍=感染者と死者が増加=連休で警戒に緩み?  ブラジルでの新型コロナウイルスの感染拡大はいったん減速したが、13~19日には感染者、死者共に増え、外出自粛が緩んでいた事を窺わせている。  ここの所、1週間(日曜~土曜)ごとの新たな感染者や死者の数の推移は、感染拡大が減速化している事を示していた。だが、先週は感染 […]
  • 東西南北2020年9月22日 東西南北  20日に行われた女子ビーチバレーの大会で3位に入った2人組のチームのひとり、カロル・ソルベルグがインタビュー中に突然、「フォラ(やめろ)、ボウソナロ」と大統領を批判する発言を行い、話題となった。ブラジル・バレーボール連盟(CBV)は、この発言に強い不快感を示した。同連盟は、公 […]