ホーム | Free | ブラジル稲門会が定期総会=コロナの影響で出席少な目

ブラジル稲門会が定期総会=コロナの影響で出席少な目

参加者の集合写真

 早稲田大学OBによるブラジル稲門会(天野一郎会長)の定期総会が今月6日に、サンパウロ市リベルダーデ区の宮城県人会会館で開催された。平日開催で新型コロナウイルスの影響が当地でも出始めた時期でもあり、例年よりも少ない28人が出席して交流を深めた。
 開会後の挨拶で天野会長(72、東京都)は、「新型コロナウイルスのために『総会は自粛するように』と日本の総長が言っていたが、ブラジルは影響が少なかったので開催させてもらうことにした」と説明。「せっかく同窓の人がたくさんいる。会社の付き合いだけではなく色々な人と交流を持ってもらいたい」と会場に呼びかけた。
 相田祐弘名誉会長(87、東京都)の「ビバ! サウーデ! 乾杯!」と乾杯の音頭を取り、会場が一体となってグラスを持つ手を掲げた。
 会計幹事の秋吉功さんが2019年度会計報告をし、続いて各部の担当幹事から昨年の早慶戦の結果が発表された。昨年は野球1勝、ゴルフ1敗、テニス1勝と2対1で早大が勝利した。
 新会員の細谷幹雄さんの挨拶後、帰国や転勤となった退会会員の羽畑孝司さんと片山恵さんから挨拶が行われた。羽畑さんは2度目のブラジル赴任で、稲門会の幹事及びゴルフの担当幹事を務めた。「でも一番印象に残っているのは、野球の早慶戦で打席に立った時。一番緊張した」と笑った。
 片山さんはブラジル日本語センターでJICAボランティアとして活動しており、「着任当初に日本人移民110周年事業として早稲田大学野球部が来伯した際に観戦した試合がとても楽しかった」と思い出を語った。

 余興では、観客が見つめる中で足立弘子さんが吉田エリザベッチさんのピアノ演奏に合わせて独唱。「さくらさくら」「夏の思い出」等の童謡やイタリア語の歌曲を朗々と歌い上げた。
 続いて鳥取県米子市出身の村信政幸さん(67、鳥取県)が、隣町の島根県安来市の民謡「安来節(やすぎぶし)」の演奏に合わせて民俗芸能「どじょうすくい」を披露し、キレのある踊りと滑稽な表情が会場の笑いを誘った。村信さんから指導を受け、前に出た天野会長、北原健二さん、羽畑さん、西風新吾さん、細谷さんもどじょうすくいを体験し会場を大いに沸かせた。
 最後は出席者で輪になって肩を組み、石岡紳一郎さんのリードによって早大恒例の応援歌「紺碧の空」を笑顔で合唱。最後は石岡さんの「フレッフレッ早稲田!」の掛け声に合わせて拳を振った。
 サンパウロ州モジ・ダス・クルーゼス市在住の秋吉さんは、「昨年は参加できなかったので、今年は来れて良かった」と笑顔で同窓の集いを楽しんだ様子。司会を務めた高野愛美さんは「若い人は短期滞在が多く、どんどん入れ替わるのが寂しいけど、こうして皆さんと集まれるのは嬉しい」と微笑んだ。

 

□関連コラム□大耳小耳

 早稲田大学OBによるブラジル稲門会が開催された6日(金)は、まだ新型肺炎の影響が少なかった。トップ記事のぶらじる丸同船者会は13日(金)で、今思えば、平和に和やかに総会ができる最後のチャンスだ。その週からサンパウロ市株式市場の連続大暴落が始まり、混乱した中、世界パンデミック宣言が出され、ブラジルは13日晩から今のコロナ・ショック状態になった。つい最近だが「コロナ以前の、あの平和な頃が懐かしい」との感慨が湧く?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》許可されるワクチンはどれか?=ANVISAが17日審議=一長一短のコロナバックとオックスフォード2021年1月16日 《ブラジル》許可されるワクチンはどれか?=ANVISAが17日審議=一長一短のコロナバックとオックスフォード  国家衛生監督庁(ANVISA)が17日、二つのコロナワクチンの緊急使用許可を巡る審議を行い、使用が認められれば接種がすぐに開始される可能性が高い。15日付現地紙が報じている。  ANVISAが17日に審議するのは2種類。英国オックスフォード大学とアストラゼネカ社が開 […]
  • 《サンパウロ州》外出自粛規制が7地区で降格・厳格化=マリリアは最低レベルに2021年1月16日 《サンパウロ州》外出自粛規制が7地区で降格・厳格化=マリリアは最低レベルに  15日、サンパウロ州保健局が前回から1週間という異例の早さでコロナウイルスの外出自粛規制の見直しを行い、1地区が5段階中最下位の赤レベル、7地区が下から2番目のオレンジ・レベルに落ちて厳しくなった。大サンパウロ市圏は変わらず黄レベル(3番目)だった。15日付現地サイト […]
  • 援協役員会=与儀会長が保健相と面談=SMA病院増床計画を説明=『60年史』がついに完成2021年1月16日 援協役員会=与儀会長が保健相と面談=SMA病院増床計画を説明=『60年史』がついに完成  昨年12月17日にサンパウロ日伯援護協会(当時・与儀昭雄会長)は聖市リベルダーデ区の本部ビルで12月の定例役員会を開催した。与儀会長は冒頭挨拶で「長い4年間一緒に頑張って下さり有難う御座います」と感謝を述べ、税田清七新会長へ後事を託した。  与儀会長は、エドゥアルド […]
  • 生活必需品を140世帯に配布=チャリティヨガ第2弾で=日伯から寄付金約2万レ2021年1月16日 生活必需品を140世帯に配布=チャリティヨガ第2弾で=日伯から寄付金約2万レ  【既報関連】昨年12月16日、サンパウロ市在住のヨガ講師の鈴木友紀菜さん(32歳、神奈川県)と、日本の支援団体チルドレンズ・リソース・インターナショナル(CRI、川原翼代表)が協働開催した緊急支援チャリティヨガ第2弾で、サンパウロ市南部の貧困コニュニティ「ノーヴァ・カ […]
  • 東西南北2021年1月16日 東西南北  サッカーのブラジル杯の決勝が、リベルタドーレス杯の関係上、日程が組めずに止まっている。問題は、どちらも決勝戦にパルメイラスが進んだことにある。1月30日のリ杯決勝でサントスが勝てば、ブ杯の決勝は2月11〜17日のいずれかになる。だが、パルメイラスが南米一になった場合は、2月に […]