ホーム | ブラジル国内ニュース | サントス=クアレンテーナで女性が負傷=母に会いに行くと窓から出て

サントス=クアレンテーナで女性が負傷=母に会いに行くと窓から出て

 サンパウロ州海岸部のサントス市で、新型コロナウイルスに伴う外出自粛令(クアレンテーナ)を振り切って母親に会いに行こうとした女性が、窓から抜け出そうとして瓦を踏み抜き、負傷する事故が起きるなど、同令実施の難しさを示す事柄が起きている。25日付現地サイトが報じている。
 同市の軍警によると、この事故は、同市のドトール・ペドロ・レッサ大通りに住む23歳の女性が、サンパウロ市に住む母親に会いに行こうとしたが、コロナウイルスへの感染を恐れた夫に外出を制止されたために起きたという
 どうしても母親に会いたいと願った女性は、アパートの2階にある自宅の窓から抜け出そうとしたが、瓦が体重を支え切れずに割れたため、地面に落ち、軽傷を負った。それを見た夫も、妻を助けるために窓から出ようとして、負傷したという。
 サントス市を含む海岸部(バイシャーダ・サンチスタ)では、感染が疑われる人たちが500人以上おり、一次検査で陽性となり、2度目の検査の結果待ちの人も5人いる。感染が疑われている人の中には、死者も4人含まれており、死因を調査中だ。
 サントス市では20日に非常事態が宣言され、23日付官報に掲載された。また、長距離バス用のターミナルも20日から、病院に行くなどの特殊事情か、治安関係者などが利用する場合以外は、利用できなくなっている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》サンパウロ市で17日ワクチン接種開始=許可出るも中国製のみ調達済=英国製届かず大統領面目丸つぶれ2021年1月19日 《ブラジル》サンパウロ市で17日ワクチン接種開始=許可出るも中国製のみ調達済=英国製届かず大統領面目丸つぶれ  国家衛生監督庁(ANVISA)は17日、コロナウイルスのワクチンとして緊急使用願いが出されていた「コロナバック」「オックスフォード・ワクチン」の二つを満場一致で承認した。25日からコロナバックの接種開始とかねてから発表していたサンパウロ州では、17日の内にさっそく前倒 […]
  • 《サンパウロ州》外出自粛規制が7地区で降格・厳格化=マリリアは最低レベルに2021年1月16日 《サンパウロ州》外出自粛規制が7地区で降格・厳格化=マリリアは最低レベルに  15日、サンパウロ州保健局が前回から1週間という異例の早さでコロナウイルスの外出自粛規制の見直しを行い、1地区が5段階中最下位の赤レベル、7地区が下から2番目のオレンジ・レベルに落ちて厳しくなった。大サンパウロ市圏は変わらず黄レベル(3番目)だった。15日付現地サイト […]
  • 東西南北2021年1月16日 東西南北  サッカーのブラジル杯の決勝が、リベルタドーレス杯の関係上、日程が組めずに止まっている。問題は、どちらも決勝戦にパルメイラスが進んだことにある。1月30日のリ杯決勝でサントスが勝てば、ブ杯の決勝は2月11〜17日のいずれかになる。だが、パルメイラスが南米一になった場合は、2月に […]
  • 東西南北2021年1月13日 東西南北  サンパウロ市ブタンタン研究所が8日に国家衛生監督庁(ANVISA)に緊急使用許可申請をした。これで、新型コロナウイルスのワクチン「コロナバック」の接種が、サンパウロ州が予定しているように1月25日から開始されることが現実味を帯びてきている。そんな中、「誰が最初にコロナバックの […]
  • 汎米日語教師合同研修会開講=南米5カ国12人が3週間=初のオンラインで実施2021年1月8日 汎米日語教師合同研修会開講=南米5カ国12人が3週間=初のオンラインで実施  日本語センター(日下野良武理事長)が5日、「汎米日本語教師合同研修」開講式をオンラインで開催した。ブラジルのほか、アルゼンチン、ペルー、チリ、ボリビアから日本語教師12人が参加し、オンライン上で3週間の研修を行う。  来賓には在聖総領事館の小堤明日香領事、JIC […]