fbpx
ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》コロナ禍=死者の1割は60歳未満=安心できない若者や子供

《ブラジル》コロナ禍=死者の1割は60歳未満=安心できない若者や子供

 【既報関連】ブラジルでの新型コロナウイルス感染症による死者の10%は60歳未満で、子供や若者の感染にも注意が必要と専門家が警鐘を鳴らしている。
 死者の10%は60歳未満である事は、3月30日の保健省の記者会見で報告された。同日の保健省発表によると、死者の85%は、高齢、高血圧、糖尿病、心臓疾患などのリスクを少なくとも一つ持っていた。
 だが、専門家は、外を出歩く機会の多い子供や若者から感染は始まり、あまり外に出ない高齢者の感染は遅れると警告する。3月30日付G1サイトによると、ミナス州ではこの日、最初の死者と、1歳児の感染が確認された。また、同日までの同州の感染者261人の内、211人は20~59歳だった。
 また、3月31日にはリ・グランデ・ド・ノルテ州で23歳の男性が死亡。これまでの死者の中では最年少だ。男性は肥満だったが、他のリスク要因はなかった。男性は3月24日に発症して病院に行き、投薬を受けて帰宅したが、症状が改善せず、3日後に再び病院に行って入院。この時点で検査を受けたが、31日に亡くなった後に、陽性であった事が確認された。
 セアラ州でも40代男性が発症から8日で死亡したし、サンパウロ州で3月31日に確認された死者の1人の女性軍警は、46歳で持病もなかった。
 また、中国や欧米での入院患者を年齢別に見ると、60代1・8%、70代16・6%、80代18・4%だが、50代も8・19%で、決して少なくないという。
 他方、若い人は体力があって回復する例も多いが、ハイリスクの人は免疫力低下で重症化する例が増える。入院から退院までの平均日数は24・7日で、死亡した人の入院日数は平均17・8日だったが、実際には、入院後2~3日で亡くなる例もある。また、呼吸器系の炎症は退院後も回復に8日程度を要する。
 1日には、アマゾナス州で、インフルエンザの予防接種でも高リスクグループに入る先住民からの初の感染者が出た事も確認された。感染者は先住民医療に携わる20歳の女性で、先住民部落二つが隔離されている。
 医療関係者は感染者と接する機会が多いため、感染しやすく、他者にうつす可能性も高い。感染検査を優先的に受けるのもそのためだ。医療関係者が「外出を控えるように」と呼びかける動画は閲覧数も多いが、その対象に子供や若者も含まれている事は、皆が心に留める必要がある。
 なお、1日午後4時の保健省の発表による感染者は6836人、死者は19州240人だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コロナワクチン義務化巡って最高裁で審理へ=大統領対ドリア知事の対決の側面も=目立つ大統領側言動の矛盾2020年10月28日 《ブラジル》コロナワクチン義務化巡って最高裁で審理へ=大統領対ドリア知事の対決の側面も=目立つ大統領側言動の矛盾  最高裁が新型コロナウイルスのワクチン接種を国民に義務化させるか否かの審理を行う意向で、現状では大半の判事が義務化を支持しているという。27日付現地紙が報じている。  新型コロナウイルスに対する予防接種を義務化するか否かの議論は、今月16日にジョアン・ドリア・サンパウ […]
  • 東西南北2020年10月28日 東西南北  サッカーのリベルタドーレス杯決勝トーナメントの組み合わせが24日に発表された。ブラジル勢は16チーム中6チームを占めているが、今年はベスト16の試合でつぶし合うことがなく、6チーム共、他国のチームと戦う。だが偏りはあり、一方の山にグレミオ、サントス、フラメンゴ、インテルナシオ […]
  • こどものその=すき焼き販売締め切り5日=本格食材2人分で具沢山2020年10月28日 こどものその=すき焼き販売締め切り5日=本格食材2人分で具沢山  社会福祉法人「こどものその」(小田セルジオ会長)は、11月8日に日本食のすき焼き販売「SUKIYAKI A MODA DO […]
  • 《ブラジル》国家衛生監督庁が中国製ワクチン輸入承認=サンパウロ州知事の意見通る=治験と技術移転に不可欠=国内製造分の判断は今後2020年10月27日 《ブラジル》国家衛生監督庁が中国製ワクチン輸入承認=サンパウロ州知事の意見通る=治験と技術移転に不可欠=国内製造分の判断は今後  ボルソナロ大統領とジョアン・ドリア・サンパウロ州知事との間で、新型コロナウイルスに対するワクチンを巡る争いが激化する中、ブラジル国家衛生監督庁(ANVISA)が、ドリア知事が推進する中国製ワクチン「コロナバック」の中国からの輸入を認めた。24日付現地紙が報じている。 […]
  • 東西南北2020年10月27日 東西南北  ハロウィンもまだ終わっていないのに、サンパウロ市セントロの3月25日通りや市内の各ショッピングセンターではもう、クリスマス商戦がはじまっている。場所によってはもうクリスマスツリーが飾られているし、パネトーネも店頭に並びはじめて久しい。例年よりもかなり早い展開だ。関係者はその理 […]