ホーム | 日系社会ニュース | 帰国予定者は早めの出国を=在サンパウロ総領事館が呼びかけ

帰国予定者は早めの出国を=在サンパウロ総領事館が呼びかけ

 新型コロナウイルスの影響により、ブラジル政府が全世界からの入国禁止処置を講じ、日本国政府もブラジルへの渡航中止勧告を出した。
 その関係で、ブラジル日本間を行き来する航空便の減便・休便が目立ってきている。
 その事態を受け、在サンパウロ日本国総領事館(野口泰)は、帰国する予定のある駐在員等の在留邦人への早期出国の検討を呼びかけている。
 また安全対策を強化するためにブラジル国内に滞在中の邦人を調査しており、「多くの方に伝わるよう共有してほしい」と協力を呼びかけている。
 設置されている調査フォームは(https://forms.gle/5DE749RxdTh6qBit8)家族がいる場合はまとめて登録が可能。
 問い合わせは、同総領事館領事部(電話=11・3254・0100、メール=cgjassist@sp.mofa.go.jp)まで。

□関連コラム□大耳小耳

 在サンパウロ日本国総領事からは、「治安悪化に注意を」との呼びかけも行われている。新型コロナウイルスの外出自粛措置により、街から人通りがなくなっており、いつも以上に警戒が必要になっている。邦人が路上強盗にあったという事例や病院関係者や保健所職員を装った強盗も発生している。コロナウイルスの感染情報だけでなく、幅広い正確な情報収集が必要になっているようだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 総領事館の窓口時間短縮のお知らせ2020年4月3日 総領事館の窓口時間短縮のお知らせ  4月1日(水)より在サンパウロ日本国総領事館は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、窓口営業時間午前9時から正午12時の時間に短縮される。引き続き申請や交付は電子メールまたは電話での予約制になっており、原則予約なしでの来館は受け付けない。  予約の際には①氏名、②電話番号 […]
  • CIATE、一時閉鎖2020年3月24日 CIATE、一時閉鎖  「国外就労者情報援護センター(CIATE)(二宮正人理事長)は3月24日から4月7日までの間、事務局を一時閉鎖し、相談業務を中止する。  新型コロナウイルス感染症対策強化サンパウロ州知事命令及び、高齢の年金相談者と事務職員への感染を防ぐ為の措置。  再開時期は未定。問い合 […]
  • コロナ災禍 連帯メッセージリレー(9)=「手を取り合って一緒に!」=料理宅配開始、SNSで連絡維持=汎ソロカバナ日伯連合文化協会=会長 纐纈俊夫2020年5月9日 コロナ災禍 連帯メッセージリレー(9)=「手を取り合って一緒に!」=料理宅配開始、SNSで連絡維持=汎ソロカバナ日伯連合文化協会=会長 纐纈俊夫  恐ろしい疫病、新型コロナウイルスが我が国にもやってきました。世界保健機関はパンデミック宣言を出し、ウイルス拡散を防ぐため各地の州政府はクアレンテーナ(検疫)を発令し、連邦政府は企業や労働者への損失を軽減するための緊急援助措置を実施しました。  州などの自治体の要請で […]
  • まだ続くコロナ禍の延期=文協桜祭りと沖縄祭りも2020年5月8日 まだ続くコロナ禍の延期=文協桜祭りと沖縄祭りも  まだ終息の兆しが見えないコロナ禍は、日系社会の伝統ある祭りにも影響を及ぼし、次々と開催が来年へ延期されている。今回延期が明らかになったのは、ブラジル文化福祉協会(石川レナト会長)がサンパウロ州サンロッケ市で7月4日、5日、10日、11日に開催を予定していた『第24回文 […]
  • コロナショックで経済的大打撃=希望の家が支援を呼びかけ=資金寄付、NFP、食品も2020年4月30日 コロナショックで経済的大打撃=希望の家が支援を呼びかけ=資金寄付、NFP、食品も  ポルトガル語本紙姉妹紙「Nippak」21日付によれば、サンパウロ州イタクアケセツーバ市にある希望の家福祉協会(下本ジルセ理事長)が、コロナウイルスの影響で経済的に深刻な危機に晒されており、援助を求めている。インターネットからの資金援助やノッタ・フィスカル・パウリスタ […]