ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 新型コロナウイルスの感染被害に伴う緊急援助金の受領手続きに関し、連邦政府が低収入の母子家庭を対象とした改正を行い、14日から発効となった。家長である母親が1200レアルの援助金を求める際、同居家族の納税者番号(CPF)の申請が必要だが、16歳未満の子供のCPF取得手続きが無料かつメールでできるようになったのだ。従来は、連邦貯蓄銀行やブラジル銀行、郵便局などに出向かなくてはならなかったが、コロナ対策上、望ましくない大人数の行列が窓口でできないように配慮した方策だ。各種の手続きが緩和、迅速化され、少しでも早く、困っている人に援助金が届いてほしい。

     ◎
 今年の復活祭を絡めた連休中、サンパウロ州の州道での交通量が、昨年の同連休期間と比べて、平均で52%減少したことがわかった。連休前日の木曜日から日曜日(今年の場合は9〜12日)の4日間の比較によるものだ。もっとも落ちたのは、モジ〜ベルチオガ間の77・7%と、リオ〜サントス間の70・8%だったという。やはり、コロナ対策に伴う外出自粛令の効果だとは思うが、隔離率70%を望むと口にしているドリア知事はどう思うだろうか。
     ◎
 隔離期間中は家の中にこもり続け、憂鬱な気分にもなりがちだが、この時間を少しでも有効に過ごそうと、これまでやってこなかったことを一念発起して始める人が増えているという。人気が高いのは、インターネットを使った通信での習い事や、これまでは作ったことのない料理を自炊することとか。苦難や不都合を前向きに捉えるのはいいことだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年3月12日 東西南北  コロナウイルスや原油価格下落による株暴落が世間の話題を独占する中、ボウソナロ大統領が行った発言が、ロイターなどを通じて世界中に打電されている。同大統領は10日、マイアミでの講演会で「コロナウイルスは報じられているほどのものではない」「マスコミが大騒ぎしているだけで、原油価格急 […]
  • 《ブラジル》コロナ禍=医療現場の最前線に回復者=最も危険な作業中心に大奮闘2020年5月13日 《ブラジル》コロナ禍=医療現場の最前線に回復者=最も危険な作業中心に大奮闘  【既報関連】新型コロナウイルスの感染拡大が続き、受診者や入院患者が急増しているが、サンパウロ州の病院では、治療の最前線に少なくとも1人、既に感染し、回復した医療従事者がいる。  この事は、いかに多くの医療従事者がコロナに感染し、かつ回復したかを示している。  ブラ […]
  • 《サンパウロ市》コロナ死者は周辺部に集中=4日からは道路の封鎖も開始2020年5月5日 《サンパウロ市》コロナ死者は周辺部に集中=4日からは道路の封鎖も開始  【既報関連】新型コロナウイルスの感染者、死者数共に突出しているサンパウロ州の中でも、感染規模が特に大きいサンパウロ市では、周辺部を中心に死者が増えている他、感染者や擬似症患者の報告も増加の一途であるため、4日からは幹線道路の一部封鎖も始まったと同日付現地紙サイトが報じ […]
  • コロナ災禍 連帯メッセージリレー=(6)=医療関係者の勇気に感謝!=代替え人材確保や保護具入手困難=サンパウロ日伯援護協会会長 与儀上原昭雄2020年4月17日 コロナ災禍 連帯メッセージリレー=(6)=医療関係者の勇気に感謝!=代替え人材確保や保護具入手困難=サンパウロ日伯援護協会会長 与儀上原昭雄  サンパウロ日伯援護協会及び日伯福祉援護協会は、医療分野、福祉分野において活動しており、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックの影響を多大に受けています。  日伯友好病院ではコロナウイルスに感染している患者の対応のために医療チーム、医療機器・設備、 […]
  • コロナ禍=回復した人々が点す希望の灯=若い、持病ないとの油断禁物2020年4月14日 コロナ禍=回復した人々が点す希望の灯=若い、持病ないとの油断禁物  【既報関連】新型コロナウイルスの感染が拡大する中、回復した人々が「希望を失わないで」と呼びかけたりする姿が現地紙やサイトで報じられている。  一例は6日に退院し、サンパウロ州サンジョゼ・ドス・カンポス市で自宅療養に入ったナタリナ・シロナ氏(96)だ。彼女はコロナに感 […]