ホーム | コラム | 樹海 | 32歳の医師急逝、若者の死続く

32歳の医師急逝、若者の死続く

緊急医療にあたる医師(参考写真、roixRougeBE)

 新型コロナウイルスの感染拡大は止まらず、医療現場の医師や看護師の感染例も増えている。
 20日に亡くなった、聖市東部イタケーラの救急診療所(UPA)と大サンパウロ市圏サンベルナルド・ド・カンポ(SBC)市ルージ・ラモスのUPAで勤務していたフレデリコ・シウヴァ・リマ医師(32)もその一人だ。
 同医師は17日に咳が出始めた後、急速に病状が悪化。19日未明には呼吸困難に陥り、パラー州に住む家族に「具合が悪く、メッセージが読みとれない」と書き送った後に入院。病院側も手を尽くしたが、20日に亡くなった。
 同医師が住んでいたサンパウロ市南部のコンドミニアム住民、UPAを運営するサンパウロ市の団体とSBC市は各々、同医師を顕彰し、弔意を表明。同医師の姉妹と父親も、遺体引き取りと埋葬のためにパラー州から来る予定だ。
 コロナによる死者は高齢者や慢性疾患患者などが多いが、サンパウロ市の感染者の63・3%は50歳未満だ。リマ医師は呼吸器系疾患もなく、薬も使っていなかったと同僚は言うが、過労で免疫力が落ちていた可能性もある。
 同医師が働いていたイタケーラを含むサンパウロ市東部は20~49歳の人口比率が高い。コラム子も住んでいるが、知人の娘など、コロナで死亡する若者の話もよく聞く。
 サンパウロ市で最も同病死者が多いのは、外出自粛に従わない店や住民が多い北西部のブラジランディアだという。不特定多数の人との接触が減らないと感染拡大は止まらない。
 医療従事者などの生活必需サービス従事者が自らの命を危険に晒して奔走してくれている気持ちに応える意味でも、今はまず、感染拡大抑制への協力を求めたい。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 樹海拡大版=ウイルスと戦うのでなく、共生する生き方2020年4月21日 樹海拡大版=ウイルスと戦うのでなく、共生する生き方  日本の厚生労働省サイトに《新型インフルエンザに関するQ&A》(https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/02.html)というページがあったので、のぞいてみた。  《通常の季節性インフルエンザで […]
  • コロナ禍で孤立深めるボウソナロ2020年4月24日 コロナ禍で孤立深めるボウソナロ  「いったいどこへ向かおうとしているのだろう」。新型コロナウイルスに対して、世間一般から遠くかけ離れた反応を示して以来、ボウソナロ大統領の行動がやることなすこと裏目に出ている。  政見放送で「経済優先」を訴えて隔離政策の終焉を唱えれば相手にされず、自分の息子率いるネッ […]
  • 長期戦になりそうなコロナとの戦い=まだ序の口、第2波、第3波に注意!2020年4月14日 長期戦になりそうなコロナとの戦い=まだ序の口、第2波、第3波に注意!  3月28日に放映されたNHKスペシャル「激震 コロナショック~経済危機は回避できるか~」を見て、ショックを受けた。  番組の終盤、アメリカ経済のコロナ対策および今後の見通しを質問された、アメリカ総局の野口修司特派員は、こう答えた。  《今後のアメリカ経済、焦点はな […]
  • 逆効果な専門家の未来観測「外出自粛は2022年まで」2020年4月17日 逆効果な専門家の未来観測「外出自粛は2022年まで」  このところ米ハーバード大学の医療専門家などが、新型コロナウイルスや外出自粛に関して以下のような観測を出している。「ワクチンの開発には早くて1年半かかる」「2021年秋までコンサートは開けない」「社会的隔離生活は2022年まで続く」。  こうした報道は、コロナの強さを […]
  • 抗体検査キットで「救世主」を探せ!2020年4月7日 抗体検査キットで「救世主」を探せ!  先日、2017年1月14日放送「NHKスペシャル MEGA CRISIS […]