ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》作詞家のアウジール・ブランキ死去=コロナに感染して犠牲に

《ブラジル》作詞家のアウジール・ブランキ死去=コロナに感染して犠牲に

 ブラジルを代表する作詞家の一人、アウジール・ブランキが4日、リオ市北部の病院で新型コロナウイルスにより死去した。73歳だった。
 1946年にリオで生まれたアウジールは当初は精神科医だったが、73年に医師をやめ、並行して行っていた作詞家としての道を選んだ。
 その矢先、当時、新進気鋭だった自作自演歌手のジョアン・ボスコと出会い、彼の作詞家として「バラ・コン・バラ」などのヒットを放つが、その中の一つ、「酔っ払いと綱渡り芸人」は、国民的女性歌手だったエリス・レジーナの代表曲の一つになるほど大ヒットした。
 この他、クララ・ヌーネスの「ナッソン」やロウパ・ノーヴァの「ア・ヴィアージェム」などのヒットで知られ、この他にもエドゥ・ロボやパウリーニョ・ダ・ヴィオラなどの作詞を手がけている。
 この他、10冊を超える著作も出している。
 アウジールは4月10日に尿路感染でレブロンの病院に入院したが、肺炎を併発。5日後にペドロ・エルネスト大学病院に移された。集中治療室には転院前から入っていたが、次第にコロナウイルス感染が疑われるようになり、検査の結果、感染が確認されていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》森林火災激増中に消防士へ帰還命令=環境院「活動資金尽きた」=現政権へ出し惜しみ批判も2020年10月23日 《ブラジル》森林火災激増中に消防士へ帰還命令=環境院「活動資金尽きた」=現政権へ出し惜しみ批判も  国立再生可能天然資源・環境院(Ibama)が21日、活動資金が尽きた事を理由に全国で活動中の消防士に基地に戻るよう命じたと21、22日付現地紙、サイトが報じた。  ブラジルは昨年来、法定アマゾンやパンタナルなどでの森林伐採や森林火災が増えており、国際社会からの批判の […]
  • 英ワクチン=ブラジル人治験者死亡で波紋=偽薬接種組と判明、続行2020年10月23日 英ワクチン=ブラジル人治験者死亡で波紋=偽薬接種組と判明、続行  21日、リオ市で新型コロナウイルスに対するワクチンの治験に参加したブラジル人ボランティアが死亡したとの報道が流れて、一時波紋が広がった。その後、亡くなった人は偽薬を接種されていたと報道され、治験は続行されている。この臨床試験(治験)は、ワクチン接種組と偽薬接種組の効果 […]
  • 《ブラジル》年末商戦の求人数少なめ?=昨年より2割減の予想2020年10月23日 《ブラジル》年末商戦の求人数少なめ?=昨年より2割減の予想  コロナ禍のため、今年のクリスマス(ナタル)や年末のフェスタの時期の臨時採用者数は、例年より少なくなる見込みだと21、22日付現地紙、サイトが報じた。  クリスマスは年間で最も小売販売が増える時期で、例年、求人数が増える。全国財・サービス・観光商業連合(CNC)によると、今年 […]
  • 東西南北2020年10月23日 東西南北  「モストラ」名でおなじみのサンパウロ国際映画祭(https://44.mostra.org/)。モストラは毎年、この時期開催で、今年はコロナ禍の中での開催が心配されたが、22日から開幕となった。だが、今年はやはり変則的で、オンライン(https://mostraplay.mo […]
  • 【特集】《サンパウロ市》桜田クリニック=患者のニーズに答えて30年=コロナ対策にも迅速対応2020年10月23日 【特集】《サンパウロ市》桜田クリニック=患者のニーズに答えて30年=コロナ対策にも迅速対応  医療機関が多数存在するサンパウロ市の中でも、一番の目抜き通りのパウリスタ大通りにある桜田クリニックは、患者のニーズに徹底して答えて今年で30周年を迎えた。  桜田クリニック院長、桜田雅美ローザ院長(二世・56歳)は1990年にサンパウロ州立総合大学歯学部を卒業。持ち […]