ホーム | 日系社会ニュース | サンパウロ州=7日から外出時マスク義務化=バス、タクシーは4日から

サンパウロ州=7日から外出時マスク義務化=バス、タクシーは4日から

サンパウロ州ではマスク着用が7日から義務化に

サンパウロ州ではマスク着用が7日から義務化に

 サンパウロ州のジョアン・ドリア州知事は、州全体において7日(木)からは、道路を歩く際や、公共の場所(locais públicos)でもマスク着用を義務化すると発表した。「州内ならどこでも、散歩していても、歩いていても、運転していてもマスク着用は義務だ」とドリア州知事は4日の記者会見で強調した。

 サンパウロ市警備隊(GCM)や地区役所のフィスカルが着用違反を摘発し、罰金を課することになっている。

 州内のジュンジャイー市など幾つかではすでに市条例で義務化されていたが、今回は州全体に拡大された。

 この4日(月)からは、公共交通機関を利用する際のマスク着用が義務化されていた。これはバス、地下鉄、電車、タクシーやウーバーなどのアプリを利用した配車も適用するとのこと。

 

 

 

 

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ市編=自粛生活の心がけを聞く=体動かしストレス発散を2020年5月30日 サンパウロ市編=自粛生活の心がけを聞く=体動かしストレス発散を  新型コロナウイルスによる外出自粛令が発令されてから早2カ月――。自粛生活の過ごし方、心がけについて、サンパウロ市在住者に電話取材をしてみた。  リベルダーデ・ラジオ体操会の鹿又信一会長(かのまたのぶかず)(東京都、85歳)は、「このクアレンテーナ(検疫)で毎朝のラジ […]
  • 貧困層に衣類や食料品を寄付=カンピーナス日伯文化協会=「自粛終了なら6月に活動再開」2020年5月27日 貧困層に衣類や食料品を寄付=カンピーナス日伯文化協会=「自粛終了なら6月に活動再開」  21日付ニッパキ紙によれば、カンピーナス日伯文化協会(花田忠義会長)は13日(水)、コロナ禍で切迫した状態にある貧困層のために衣類や食料品をサンパウロ州カンピーナス市へ寄付した。カンピーナス市役所の公式サイトによれば、寄付した品は支援物資集約する市内の「フードバンク」 […]
  • ■訃報■矢崎正勝さん2020年5月29日 ■訃報■矢崎正勝さん  ユバ農場の矢崎正勝さんが28日、サンパウロ州ミランドポリス病院で肺炎のために亡くなった。享年76。  矢崎さんは1943年12月26日生まれ。山梨県北杜市出身。1963年にテゲルベルグ号で渡伯し、同年にユバ農場に入った。  長年にわたって資料館業務を担うなど、アリ […]
  • 2020年5月20日 ■訃報■後藤隆さん  ブラジルヤンマー株式会社社長、ブラジル日本商工会議所第8代会頭などを歴任した後藤隆さん=サンパウロ市在住=が、5月8日に誤嚥性肺炎により亡くなった。享年95。広島県出身。  後藤さんは京都大学を卒業後、兼松株式会社を経てヤンマーディーゼル株式会社に入社。1957年に渡伯し、 […]
  • 一茶=人気の「お好み焼き」復活=来週から「幕の内弁当」も2020年5月20日 一茶=人気の「お好み焼き」復活=来週から「幕の内弁当」も  外出自粛令開始から2カ月、サンパウロ市リベルダーデ区バロン・デ・イグアッペ街の居酒屋「一茶」が19日(火)から、人気メニューお好み焼き(35レアル)を復活させたほか、来週25日(月)からは「幕の内弁当」(38レアル)を新しく始める。  店主の原口マルガリーダさん自ら […]