ホーム | コラム | 樹海 | 「新旧右派対決」の様相のフェイクニュース捜査

「新旧右派対決」の様相のフェイクニュース捜査

モラエス判事(Rodrigues Pozzebom/Ag Brasil)

モラエス判事(Rodrigues Pozzebom/Ag Brasil)

 「ああ、ついに起こってしまったか」。27日、ボルソナロ大統領を熱烈に支持していることで知られる政治家や活動家、企業家を対象にした連警捜査が行われたと聞いたとき、コラム子は即座に思った。
 コラム子にとって印象的だったのは、フェイスブックの新聞や雑誌、ニュースサイトの読者の反応がかなりこの捜査に好反応を示したことだ。伝統的なメディアの場合、ボルソナロ氏に不利な記事の方が最近は反応が良いのだが、その中でもかなりのものだった。
 なぜか。ひとつは、「ボウソナリスタ」と呼ばれる支持者たちが煽る、冷笑的かつ暴力的な言動を、ネットユーザーたちは普段からあまりに頻繁に耳にするために、非ネットユーザーより不満を溜めやすかった事情がある。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ