ホーム | ブラジル国内ニュース | ネイマール=アメリカでの黒人差別暴動で何も語らず=SNSにあげたのはピンクのスーツ姿のみ

ネイマール=アメリカでの黒人差別暴動で何も語らず=SNSにあげたのはピンクのスーツ姿のみ

ピンクのスーツに身を包んだネイマール(自身のインスタグラムより)

 5月下旬から米国で勃発している、黒人男性ジョージ・フロイド氏が白人警察官に首を膝で圧迫され続けて窒息死した件で、黒人系でもあるネイマールが何も語らずに沈黙していることに批判の声があがっている。
 フロイド氏は5月25日にミネソタ州で、偽札でタバコを買おうとしたとして逮捕された。警官は同氏が抵抗しようとしたとして、同氏を路上にうつぶせに倒した後、白人警官デレク・ショーヴィン容疑者が、膝に全体重をかける形で首筋を抑え込んだ。その結果、フロイド氏が意識を失って窒息死した事件は、長年にわたって同国で問題となっている白人警官による黒人への暴力問題の中でも最悪のものとして全米の国民の怒りを買い、1週間引き続く、全米規模でのデモに発展した。
 この事件に関しては、F1のルイス・ハミルトンをはじめ、全世界の有名な黒人スポーツ選手たちが、フロイド氏の死を悼み、米国の警察に抗議する姿勢を見せて、話題となっている。
 そんな中、ブラジルではネイマールがどういう反応を見せるかが、注目されていた。彼の所属するPSGの黒人スター選手、エムバペ(フランス)は既に、この問題に関するメッセージを発していた。

 ところが、この間、ネイマールから発せられたメッセージは、5月31日にインスタグラムであげた、自身が新たに入手したピンクのスーツを着た姿を「ピンク!」と題して写した姿だけだった。これに対してフォロワーからは、「ピンクではなく、今の黒人たちの抗議行動に関して、どう思っているかを語ってほしい」との声も少なからず上がっていた。
 現在のブラジルで最も有名なユーチューバーのひとり、フェリペ・ネットもネイマールの態度を問題視し、「黒人の命が大切なときに、そうじゃない人もいるようだね」と皮肉っていた。(1日付エスポルテR7サイト、同フォーリャ紙F5サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ