ホーム | ブラジル国内ニュース | ネイマール=アメリカでの黒人差別暴動で何も語らず=SNSにあげたのはピンクのスーツ姿のみ

ネイマール=アメリカでの黒人差別暴動で何も語らず=SNSにあげたのはピンクのスーツ姿のみ

ピンクのスーツに身を包んだネイマール(自身のインスタグラムより)

 5月下旬から米国で勃発している、黒人男性ジョージ・フロイド氏が白人警察官に首を膝で圧迫され続けて窒息死した件で、黒人系でもあるネイマールが何も語らずに沈黙していることに批判の声があがっている。
 フロイド氏は5月25日にミネソタ州で、偽札でタバコを買おうとしたとして逮捕された。警官は同氏が抵抗しようとしたとして、同氏を路上にうつぶせに倒した後、白人警官デレク・ショーヴィン容疑者が、膝に全体重をかける形で首筋を抑え込んだ。その結果、フロイド氏が意識を失って窒息死した事件は、長年にわたって同国で問題となっている白人警官による黒人への暴力問題の中でも最悪のものとして全米の国民の怒りを買い、1週間引き続く、全米規模でのデモに発展した。
 この事件に関しては、F1のルイス・ハミルトンをはじめ、全世界の有名な黒人スポーツ選手たちが、フロイド氏の死を悼み、米国の警察に抗議する姿勢を見せて、話題となっている。
 そんな中、ブラジルではネイマールがどういう反応を見せるかが、注目されていた。彼の所属するPSGの黒人スター選手、エムバペ(フランス)は既に、この問題に関するメッセージを発していた。

 ところが、この間、ネイマールから発せられたメッセージは、5月31日にインスタグラムであげた、自身が新たに入手したピンクのスーツを着た姿を「ピンク!」と題して写した姿だけだった。これに対してフォロワーからは、「ピンクではなく、今の黒人たちの抗議行動に関して、どう思っているかを語ってほしい」との声も少なからず上がっていた。
 現在のブラジルで最も有名なユーチューバーのひとり、フェリペ・ネットもネイマールの態度を問題視し、「黒人の命が大切なときに、そうじゃない人もいるようだね」と皮肉っていた。(1日付エスポルテR7サイト、同フォーリャ紙F5サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年1月30日 東西南北  今日30日午後5時から、リオ市マラカナンでサッカーのリベルタドーレス杯の決勝戦、パルメイラス対サントス戦が行われる。この2チームはオールド・ファンにはおなじみの老舗中の老舗チームだ。1960年代のサントスにはペレが在籍し、黄金時代を築いたが、その時代はパルメイラスの黄金期でも […]
  • 《ブラジル》大学入試=コロナ禍の中で初日実施=棄権率は異例の50%超2021年1月19日 《ブラジル》大学入試=コロナ禍の中で初日実施=棄権率は異例の50%超  17日、大学入試や奨学生承認にも使われ、国内で最も重要な試験のひとつである、国家高等教育試験(ENEM)が行われた。当初の実施予定日から2カ月遅れで実施されたものの、コロナ禍の影響で試験そのものが差し止められたり、試験会場で入場を断られたりした人や、参加をとりやめる受 […]
  • 東西南北2021年1月15日 東西南北  13日に行われたリベルタドーレス杯準決勝第2試合で、サントスは本拠地の利をいかんなく発揮し、アルゼンチンの強豪ボカ・ジュニオルズに3―0で圧勝。第1試合が引き分けだったため、これで決勝に進出することが決まった。ボカはチームの功労者で昨年11月に急死したばかりのマラドーナに優勝 […]
  • 東西南北2021年1月8日 東西南北  6日に米国ワシントンDCの連邦議会議事堂で起こったトランプ大統領支持者たちによる暴動事件は、「民主主義を脅かすもの」として全世界的に恐れられ、非難の的となった。だがブラジルで目立った意見は、「これは2022年のブラジルの姿だ」というもの。つまり、ボルソナロ大統領がこの年に行わ […]
  • 《記者コラム》医療崩壊中のリオで500人のパーティを開こうとしたネイマールの品格2021年1月8日 《記者コラム》医療崩壊中のリオで500人のパーティを開こうとしたネイマールの品格  「本当に何歳になっても成長しないな」。年末年始のネイマールの行動を見るにつけ、そう思わざるを得なかった。  ネイマールは2020年の年越しパーティを、医療崩壊中のリオのコンドミニオ(隔離された高級住宅地)で100人以上の招待客を呼んで行った。コロナ禍が世界中で恐れら […]