fbpx
ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ州では1日から、新型コロナウイルスの感染拡大抑制のための外出規制基準が変わった。規制緩和「第2段階」のサンパウロ市では制限付での商店再開が可能だが、検疫基準を作って提出し、市の許可を待たねばならない。だが、セントロのブラスや東部サンマテウスなどでは、許可が待てずに営業再開に踏み切った店も出ている。ブルーノ・コーヴァス市長らが商業関係者の意見などを聞いているが、判断やいかに。営業再開当初の営業時間は4時間、客数は通常の2割に限られ、ショッピングセンターの飲食店は依然として営業できない。商店側の逸る気持ちもわからないではないので、早く判断した方が良いのでは。
     ◎
 2日午前、サンパウロ市西部ラッパで、少なくとも6人の強盗が銀行の支店を襲った。そこに軍警がかけつけて銃撃戦となり、強盗のうち2人が死亡。軍警も1人が頭に銃弾を浴び、重傷を負った。犯人のうち1人は逃走して眼鏡屋にかけこみ、人質を1人とって1時間ほど立てこもったが、逮捕され、人質も解放された。他の共犯者も逮捕されている。撃たれた軍警はクリニカス病院に運ばれたが、容態は予断を許さない状況だという。
     ◎
 サンパウロ市モノレール15号線が2日、2月29日以来、3カ月ぶりに運行を再開した。同線は2月下旬に走行中にタイヤが破損するトラブルが起き、原因を究明していた。再開後も当面はヴィラ・プルデンテ~ジャルジン・プラナウト駅間のみの運行だが、前者は同線がもっとも売りにしている2号線との連結駅。そこが開くだけでも朗報だが、営業再開で大混雑。コロナ対策は大丈夫?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》今年も7州に軍を派遣=選挙時の安全確保のため2020年10月29日 《ブラジル》今年も7州に軍を派遣=選挙時の安全確保のため  選挙高等裁判所(TSE)が27日、統一地方選のため、アマゾナス、パラー、マラニョン、マット・グロッソ・ド・スル、リオ・グランデ・ド・ノルテ、アクレ、トカンチンスの7州に軍を派遣する事を承認した。  軍派遣は、選挙地域裁判所(TRE)からの要請を受けて決まった。派遣先 […]
  • 《サンパウロ州》Republicanos党に疑惑発覚=市公職のウニベルサル独占許す=二つの市では犯罪組織と蜜月も=大統領の息子2人が所属2020年10月29日 《サンパウロ州》Republicanos党に疑惑発覚=市公職のウニベルサル独占許す=二つの市では犯罪組織と蜜月も=大統領の息子2人が所属  サンパウロ市市長選に出馬しているセルソ・ルッソマノ氏の所属政党・共和者(Republicanos、RP)のサンパウロ州支部が、ウニベルサル教会によるサンパウロ市公職の私物化を行った上、サンパウロ市近郊のアルジャー市、エンブー市では国内最大規模の犯罪集団、州都第一コマン […]
  • 《ブラジル》選挙に熱中しすぎてコロナ感染拡大?=キャンペーンを中止した市も2020年10月29日 《ブラジル》選挙に熱中しすぎてコロナ感染拡大?=キャンペーンを中止した市も  統一地方選投票日まで2週間余りとなり、候補達の動きも活発になっている。だがキャンペーンによる人混みで密集、密着が起きたのか、新型コロナウイルスの感染者や死者の増加が起きている州や市が増え、選挙キャンペーンの中止命令が出たりしている。  28日付G1サイトが報じたのは […]
  • 《ブラジル》あのアエシオ下議が久々に登場=コロナワクチン義務化の提案2020年10月29日 《ブラジル》あのアエシオ下議が久々に登場=コロナワクチン義務化の提案  アエシオ・ネーヴェス下院議員(民主社会党・PSDB)が、コロナワクチンの接種を拒む人に罰則を科す法案を準備していると、28日付現地紙が報じている。  「法案5040/2020」と題された法案は、選挙の投票日に投票できない(できなかった)理由を申告させるのと同じように、よほど […]
  • 新型コロナの抗体は長持ちしない?2020年10月29日 新型コロナの抗体は長持ちしない?  新型コロナのワクチン購入問題で政治的な対立も起きる中、英国の研究機関二つが新型コロナの抗体の継続期間に関する研究結果を発表した。  インペリアルカレッジが6~9月に36万5千人を対象に行った調査によると、抗体保有者の割合は6%から4・4%にと26・5%減少。他のコロ […]