ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ州では1日から、新型コロナウイルスの感染拡大抑制のための外出規制基準が変わった。規制緩和「第2段階」のサンパウロ市では制限付での商店再開が可能だが、検疫基準を作って提出し、市の許可を待たねばならない。だが、セントロのブラスや東部サンマテウスなどでは、許可が待てずに営業再開に踏み切った店も出ている。ブルーノ・コーヴァス市長らが商業関係者の意見などを聞いているが、判断やいかに。営業再開当初の営業時間は4時間、客数は通常の2割に限られ、ショッピングセンターの飲食店は依然として営業できない。商店側の逸る気持ちもわからないではないので、早く判断した方が良いのでは。
     ◎
 2日午前、サンパウロ市西部ラッパで、少なくとも6人の強盗が銀行の支店を襲った。そこに軍警がかけつけて銃撃戦となり、強盗のうち2人が死亡。軍警も1人が頭に銃弾を浴び、重傷を負った。犯人のうち1人は逃走して眼鏡屋にかけこみ、人質を1人とって1時間ほど立てこもったが、逮捕され、人質も解放された。他の共犯者も逮捕されている。撃たれた軍警はクリニカス病院に運ばれたが、容態は予断を許さない状況だという。
     ◎
 サンパウロ市モノレール15号線が2日、2月29日以来、3カ月ぶりに運行を再開した。同線は2月下旬に走行中にタイヤが破損するトラブルが起き、原因を究明していた。再開後も当面はヴィラ・プルデンテ~ジャルジン・プラナウト駅間のみの運行だが、前者は同線がもっとも売りにしている2号線との連結駅。そこが開くだけでも朗報だが、営業再開で大混雑。コロナ対策は大丈夫?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 憩の園フェスタ・ジュニーナ=ドライブスルー焼きそば祭り2021年6月26日 憩の園フェスタ・ジュニーナ=ドライブスルー焼きそば祭り  老人福祉施設「憩の園」を運営する救済会(吉岡黎明会長)は、7月4日に「フェスタ・ジュニーナ/ドライブスルー焼きそば販売」を開催する。  会場は、サンパウロ市のブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)の駐車場(Bunkyo a Rua Galvão Bueno […]
  • 《リオ市》「この人からは接種受けたくなかった」=パケター島住民が保健相批判2021年6月25日 《リオ市》「この人からは接種受けたくなかった」=パケター島住民が保健相批判  【既報関連】リオ市とオズワルド・クルス財団(Fiocruz)が協力して行ったパケター島での実験的なコロナワクチンの一斉接種で、ケイロガ保健相から接種を受けた住民が「この人からは受けたくなかった」と痛烈な批判の言葉を発したと21日付G1サイトなどが報じた。  同島では […]
  • 《ブラジル》米国がワクチン寄付=ヤンセン社製300万回分2021年6月25日 《ブラジル》米国がワクチン寄付=ヤンセン社製300万回分  ブラジル国内の新型コロナの感染状況が悪化し、予防接種を加速するよう求める声が高まる中、米国がヤンセン社製のワクチン300万回分の寄贈を決めたと23、24日付ブラジル国内紙、サイトが報じた。  ブラジルでの新規感染者は15日に直近7日間の平均が7万人を超えたままで、2 […]
  • なんともブラジル的な接種スケジュール2021年6月25日 なんともブラジル的な接種スケジュール  13日の日曜日、それは突然訪れた。この日、サンパウロ州が50代のワクチン接種予定を突如、「16日からにする」との発表を行った。まず、これに面食らった。  当初の予定では50代のワクチン接種は8月2日から。対象者となるコラム子はその心積りでいたのが、突然「数日後」にな […]
  • 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き2021年6月24日 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き  【既報関連】サンパウロ市での新型コロナワクチンの接種中止は22日のみで、23日は正常化した。だが、6州の州都ではワクチンの補填が間に合わず、23日の接種を一部または全面的に中止したと同日付現地サイトが報じた。  同日朝の時点では、バイア州サルバドールが初回と2回目、 […]