ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》パンデミックでネット利用が急増=苦情の数も跳ね上がる

《ブラジル》パンデミックでネット利用が急増=苦情の数も跳ね上がる

在宅勤務などが増えた事で、インターネット関連の苦情も増えた(イメージ画像、11日付G1サイトの記事の一部)

 新型コロナウイルスの感染拡大で在宅勤務などが増えた事で、インターネット利用が急増したが、それに伴って、苦情の数も増えている。
 国家電気通信庁(Anatel)によると、インターネットの利用は40~50%増えている。多国籍企業や国際的な人権団体など、国外との通信を必要とする人達の利用はそれ以上に増えているという。
 ただし、ネット利用が増えた事で、接続が不安定になった、接続速度が遅くなったといった苦情は後を絶たない。特に、外出自粛などの対策が相次いで導入された3月後半からは、Anatelへの電話や苦情相談サイト(ReclameAqui)へのアクセス増加が顕著だという。
 Anatelへのインターネット関連の苦情件数は、3月が月の後半を中心に6万7千件、4月が7万4千件、5月が7万3千件だった。昨年の苦情件数は、3月5万件、4月4万8千件、5月4万7千件だった。
 ReclameAquiへのインターネット関連の苦情も同様の傾向があり、3月の1万2千件が、4月には1万4千件に増えたという。
 ポントBRインフォメーション&コーディネーションセンター(NIC)によると、コロナウイルス蔓延の影響で、ダウンロードや検索などで返答を得るまでに要する時間は、パンデミック前の平均タイムよりずっと遅くなったという。
 NICによると、状況は徐々に改善されているが、消費者はその差を実感している。
 サンパウロ市に住む弁護士のクララ・コウチーニョ氏は、自宅で仕事をするようになってから、インターネット環境が仕事用ではない事を実感。帰宅後に私用で使うには十分だったインターネットを接続速度がより速いパッケージに取り換え、WiFiも導入。これによって、途中でインターネットが切れたりするというトラブルから解放された上、事務所替わりに使う部屋でも顧客とのビデオ会議を行えるようになったという。
 利用者からの苦情は、インターネットの容量不足や機材の品質が悪いために起きる問題、利用頻度や必要な容量が増した事や利用者や接続する機材が増えた事によって起きる問題、一般家庭で使う程度の容量のサービスを仕事(業務)用に使う事で起きる問題などに区分出来る。
 また、携帯電話でのインターネット利用が増えているため、ノートパソコンやデスクトップを使う必要が生じた人が、従来は感じなかった不自由さを感じるようになったという側面や、皆が一斉にアクセスして当該サイトがパンクといった問題も見られている。
 インターネット接続の速度や安定性に関する問題は、企業同士の競争が少なく、光ファイバーの普及率も低い、都市周辺部や内陸部などの方が多いという。(11日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》4カ月で2度もコロナに感染=異なるウイルスかを確認中2020年10月24日 《ブラジル》4カ月で2度もコロナに感染=異なるウイルスかを確認中  リオ州保健局が、5月と9月にコロナ感染症の検査で陽性反応を示した男性について、異なった型のウイルスによる「再感染」かを調べている事を明らかにした。  わずか4カ月間で2度も陽性と判定されたのは、リオ州メスキッタ市に住むカルロス・アルベルト・カルヴァーリョ氏(60)だ […]
  • 《ブラジル》市長選世論調査=サンパウロ市でルッソマノ急落=コーヴァスが抜いて首位に=リオでは2位争い激化2020年10月24日 《ブラジル》市長選世論調査=サンパウロ市でルッソマノ急落=コーヴァスが抜いて首位に=リオでは2位争い激化  22日、全国市長選の主要都市での世論調査の結果が発表された。サンパウロ市では支持率1位だったセルソ・ルッソマノ氏(共和者・RP)の支持率が急落し、現職のブルーノ・コーヴァス氏(民主社会党・PSDB)に抜かれた。リオでは2位のマルセロ・クリヴェラ市長(RP)に2人の候補 […]
  • 《ブラジル》工業界の資材調達に支障=景気や雇用の回復に黄信号=負の連鎖ならインフレの恐れも2020年10月24日 《ブラジル》工業界の資材調達に支障=景気や雇用の回復に黄信号=負の連鎖ならインフレの恐れも  全国工業連合(CNC)やサンパウロ州工業連盟(Fiesp)の調査で、工業界では多くの企業が原材料の調達に困難を覚えており、価格も上昇している事がわかったと23日付現地紙、サイトが報じた。この事は、今後の景気や雇用の回復への黄信号で、物価上昇につながる可能性もある。 […]
  • サンパウロ州知事=「国内薬品の84%はすでに中国製」=大統領のワクチン拒絶皮肉る2020年10月24日 サンパウロ州知事=「国内薬品の84%はすでに中国製」=大統領のワクチン拒絶皮肉る  ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事は23日、ボルソナロ大統領がコロナウイルスの中国製ワクチンの購入をキャンセルしたことに関して、「国内のほとんどの薬はすでに中国製」と言って皮肉り、反論した。23日付現地紙が報じている。  大統領は21日に、20日に開催された州知事た […]
  • 東西南北2020年10月24日 東西南北  23日、ブラジルのメディアはどこも、「サッカーの王様」ペレ一色だった。それは、この日がちょうど、節目となる80歳の誕生日だったためだ。そのため、ブラジルの新聞やサイトは写真で彼の選手時代の栄光の瞬間を振り返ったり、彼のゆかりの地を紹介したり、現在の名選手との比較をしたりなど、 […]