ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》パンデミックでネット利用が急増=苦情の数も跳ね上がる

《ブラジル》パンデミックでネット利用が急増=苦情の数も跳ね上がる

在宅勤務などが増えた事で、インターネット関連の苦情も増えた(イメージ画像、11日付G1サイトの記事の一部)

 新型コロナウイルスの感染拡大で在宅勤務などが増えた事で、インターネット利用が急増したが、それに伴って、苦情の数も増えている。
 国家電気通信庁(Anatel)によると、インターネットの利用は40~50%増えている。多国籍企業や国際的な人権団体など、国外との通信を必要とする人達の利用はそれ以上に増えているという。
 ただし、ネット利用が増えた事で、接続が不安定になった、接続速度が遅くなったといった苦情は後を絶たない。特に、外出自粛などの対策が相次いで導入された3月後半からは、Anatelへの電話や苦情相談サイト(ReclameAqui)へのアクセス増加が顕著だという。
 Anatelへのインターネット関連の苦情件数は、3月が月の後半を中心に6万7千件、4月が7万4千件、5月が7万3千件だった。昨年の苦情件数は、3月5万件、4月4万8千件、5月4万7千件だった。
 ReclameAquiへのインターネット関連の苦情も同様の傾向があり、3月の1万2千件が、4月には1万4千件に増えたという。
 ポントBRインフォメーション&コーディネーションセンター(NIC)によると、コロナウイルス蔓延の影響で、ダウンロードや検索などで返答を得るまでに要する時間は、パンデミック前の平均タイムよりずっと遅くなったという。
 NICによると、状況は徐々に改善されているが、消費者はその差を実感している。
 サンパウロ市に住む弁護士のクララ・コウチーニョ氏は、自宅で仕事をするようになってから、インターネット環境が仕事用ではない事を実感。帰宅後に私用で使うには十分だったインターネットを接続速度がより速いパッケージに取り換え、WiFiも導入。これによって、途中でインターネットが切れたりするというトラブルから解放された上、事務所替わりに使う部屋でも顧客とのビデオ会議を行えるようになったという。
 利用者からの苦情は、インターネットの容量不足や機材の品質が悪いために起きる問題、利用頻度や必要な容量が増した事や利用者や接続する機材が増えた事によって起きる問題、一般家庭で使う程度の容量のサービスを仕事(業務)用に使う事で起きる問題などに区分出来る。
 また、携帯電話でのインターネット利用が増えているため、ノートパソコンやデスクトップを使う必要が生じた人が、従来は感じなかった不自由さを感じるようになったという側面や、皆が一斉にアクセスして当該サイトがパンクといった問題も見られている。
 インターネット接続の速度や安定性に関する問題は、企業同士の競争が少なく、光ファイバーの普及率も低い、都市周辺部や内陸部などの方が多いという。(11日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》店舗数が7万5千も減少=零細・小規模企業が大半2021年3月2日 《ブラジル》店舗数が7万5千も減少=零細・小規模企業が大半  全国材・サービス・観光商業連合(CNC)が1日、新型コロナのパンデミックのため、2020年の店舗数は7万5千減少したと発表した。この数字は、開店店舗数と閉店店舗数の差だ。  閉鎖した店舗の98・8%は零細・小規模企業が占めている。店舗減少は全ての州で起きたが、上位3 […]
  • 《サンパウロ州》77歳以上の接種を3日から開始=全国の週平均死者数1200人超/日=最悪記録更新中、高齢者3密摘発も2021年3月2日 《サンパウロ州》77歳以上の接種を3日から開始=全国の週平均死者数1200人超/日=最悪記録更新中、高齢者3密摘発も  先週土曜日から80~84歳のワクチン接種を始めたばかりのサンパウロ州だが、この3日から77~79歳の接種も開始すると発表した。サンパウロ州政府の事前登録サイト(https://www.vacinaja.sp.gov.br/)で必要情報を書き込んだ上で最寄りの保健所(U […]
  • 東西南北2021年3月2日 東西南北  サンパウロ州では、80歳から84歳を対象とするコロナウイルスのワクチン接種が行われている。サンパウロ市の場合、5カ所のドライブスルーでは2月27日、468カ所ある保健機関では1日からはじまっているが、ドライブスルー会場の初日は実に5時間待ちとなるほどの長蛇の列ができ、大混乱だ […]
  • 《記者コラム》日系コミュニティを共振させるには=南米全伯日本語教育会議から2021年3月2日 《記者コラム》日系コミュニティを共振させるには=南米全伯日本語教育会議から 「創始者」と「最初の追随者」の役割を再認識  「これは日本語教育界だけでなく、日系社会全体で共有すべき考え方だ」――2月27日にオンライン開催された「南米全伯日本語教育会議‐本会議」での水上(みずかみ)貴雄さん(海外日系人協会 […]
  • 《ブラジル》大サンパウロ市都市圏で再び外出規制強化=計6地区でレベル降格2021年2月27日 《ブラジル》大サンパウロ市都市圏で再び外出規制強化=計6地区でレベル降格  26日、サンパウロ州政府のコロナ対策である「プラノSP」で外出規制の見直しが行われ、大サンパウロ市圏を含む4地区がオレンジ・レベル(下から2番目)に降格した。26日付現地サイトが報じている。  プラノSPは24日にも、26日から3月14日まで、州内全域で23時から翌朝5時の […]