ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ケイロス容疑者逮捕で司法取引あるか=潜伏しながらミリシアに便宜図る?=追い詰められる大統領

《ブラジル》ケイロス容疑者逮捕で司法取引あるか=潜伏しながらミリシアに便宜図る?=追い詰められる大統領

フラヴィオ・ボウソナロ上議(Tania Rego/Agencia Brasil)

 18日、ボウソナロ大統領一家の長年の友人のファブリシオ・ケイロス容疑者が、同氏をかくまっていたとされるボウソナロ一家の弁護士フレデリック・ワセフ氏と共に、フラヴィオ・ボウソナロ上議と親交があるとされていたリオ市のミリシア(犯罪者の民兵組織またはその構成員)に、担当弁護士をつけるなどして助けていた疑惑が浮上している。潜伏しながらも、ボウソナロ家のために様々な便宜を図っていた可能性が噂されており、マスコミでは「ボウソナロ家の内実をよく知るケイロスがデラソン・プレミアーダ(報奨付供述、司法取引)をすれば、一気に実情が明らかになる」と18日から持ちっきりで報じている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ