ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 18日のファブリシオ・ケイロス容疑者逮捕以来、彼をかくまっていたとされるフレデリック・ワセフ弁護士への注目度が急速に高まり、ピアーダ(冗談、笑い話)まで浮上している。このピアーダは、ワセフ氏がかくまっていたことを否定したグローボ局のインタビューで、女性ジャーナリストが「では、ケイロス氏はあなたの持ち家に、空でも飛びながら壁を超えてきたということですか」と問いかけたことで生まれた。ネット上ではワセフ弁護士を揶揄して、なにかの映画かドラマで使われた、あおむけになった男性がふわふわと空を飛びながら民家の庭に落ちてくる動画が至るところで拡散された。次々と浮上する疑惑と共に、ワセフ氏はまだまだ注目度を高めそうだ。
     ◎
 このところ、毎週末のようにデモが起きているが、21日も全国でボウソナロ大統領支持、もしくは反対するデモが行われた。だが、これまでは支持派のデモで参加者たちの前に姿を現していたボウソナロ大統領が、なぜか姿を見せなかった。ここ数週間は、以前ほど派手な露出こそしなくなっていた。だが、今回は「ケイロス氏の逮捕がよほどこたえたのか」と推測する声も。コロナ禍もあるので、本来は出てこない方が世のためでもあるのだが、果たして今後、どうなるか。
     ◎
 一部報道によると、大サンパウロ都市圏では、早ければ今週の金曜、26日にもコロナウイルスの隔離緩和基準が「レベル3」に緩められるとの憶測が流れている。レベル3になれば、時間と営業規模の制限付だが、バーやレストラン、美容院、ジムなども再開が認められる。便利になることは歓迎だが、悪影響が及ばないことを祈りたい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ市長「現状続くなら、都市封鎖は不可避」2020年5月14日 サンパウロ市長「現状続くなら、都市封鎖は不可避」  【既報関連】11日からサンパウロ市で始まった、ナンバープレートの末尾番号による乗り入れ規制(ロディージオ)が期待していたほどの効果を挙げていないと13日付現地紙、サイトが報じた。  11日から始まったロディージオでは、ナンバープレートの末尾番号が奇数なら奇数の日、偶数なら偶 […]
  • 《ブラジル》サッカー=全国選手権は8月から=最終節が終わるのは2月?2020年6月30日 《ブラジル》サッカー=全国選手権は8月から=最終節が終わるのは2月?  ブラジルサッカー連盟(CBF)とサッカークラブの代表40人が25日にビデオカンファレンスを行い、今年の全国選手権(Brasileirao)は8月9日からで、試合数は38節までという線を出した。  8月9日から全国選手権開催という話は、この頃にはコロナウイルスの感染拡 […]
  • 《ブラジル》下院議長「死者数を弄ぶな」=批判逃れで政府がコロナ感染者累計などデータ隠し2020年6月9日 《ブラジル》下院議長「死者数を弄ぶな」=批判逃れで政府がコロナ感染者累計などデータ隠し  【既報関連】新型コロナウイルスの感染者が世界第2位、死者は世界第3位となったブラジル。連邦政府は批判回避を優先して、保健省の公式サイト(https://covid.saude.gov.br/)からデータ隠しを始めたことで、世界中から批判を招いている。同サイトからは詳し […]
  • ボウソナロ=反隔離の挑発続けた3連休=サンパウロ市では反隔離デモ勃発=国際的な報道にまで発展=マンデッタは怒りの反応2020年4月14日 ボウソナロ=反隔離の挑発続けた3連休=サンパウロ市では反隔離デモ勃発=国際的な報道にまで発展=マンデッタは怒りの反応  10〜12日は3連休で、この期間中に新型コロナウイルスへの感染者が2万人台、死者が1千人台に達したにも関わらず、ボウソナロ大統領は街中を練り歩き、支持者たちと接触するなど、コロナ対策でやめるよう勧められていることを率先して行った。大統領のそうした行動に煽られて、11日 […]
  • 東西南北2020年6月6日 東西南北  4日夜放送のグローボ局のニュース「ジョルナナル・ナシオナル(JN)」でキャスターのウィリアム・ボーネルが、保健省のコロナウイルスに関する公式報告が2日続けて遅れたことに苦言を呈した。マンデッタ保健相の頃の公式報告は午後4~5時だったのに、タイシ保健相の時には6~7時になり、最 […]