ホーム | 日系社会ニュース | 日本語教育オンラインで工夫=濱田さんに聞く赤間とむつみ

日本語教育オンラインで工夫=濱田さんに聞く赤間とむつみ

むつみ幼稚園にて絵本を読み聞かせる濵田先生(コロナ前)

むつみ幼稚園にて絵本を読み聞かせる濵田先生(コロナ前)

 「残念な事にコロナで、子供たちが楽しみにしていた運動会やフェスタジュニーナ等のイベントが無くなりました。子供たちと『今年は我慢して、来年のお楽しみにしようね』と慰めあっています」――赤間学院ピオネイロ校(ヒライ・アカミネ・イルマ校長)及びむつみ幼稚園(由永サニー・清水ゆか園長)で日本語教師として勤務する濱田彩乃さん(奈良県・30歳)に、コロナ禍中の両校の様子を取材した。
 濱田さんは、大学在学中にサンパウロ州カンピーナス市にて1年の留学を経験。2015年に大学卒業後、公益財団法人箕面市国際交流協会で在日外国人の地域サポートを行う仕事をした。「ブラジルをもっと知りたい」という思いから17年8月から再渡伯して結婚、現在は両校で日本語教師として勤務している。
 現在濱田さんは、赤間学院では5~7歳と12~15歳を担当。むつみ幼稚園では同幼稚園の卒業生向け課外授業として9~11歳を担当する。
 両校はこのコロナ災禍が始まった3月より授業や活動を一時停止中だ。
 赤間学院は5月から日本語教育を含む課外授業科目の月謝を一旦受け取りを停止、子供達との関係性維持や直近の様子を聞くことも含め、2週間ごとに課題や日本語教育に因んだビデオや折り紙の動画等を送るといった対策をとっている。7月から日語教育も含む課外授業もオンラインで教える予定だという。

 むつみ幼稚園では7月の冬休み1カ月を4月に前倒にし、5月からりオンラインアプリ「ZOOM」で授業をしている。
 濱田さんはむつみ幼稚園について「今回初めてオンラインでの授業を行った。今までと違った授業のやり方を模索しています。いつも学校でみている顔と違った一面を知ることができて楽しい。学校に持ってこられないようなモノでも見せてくれるので『この子はこういうのが好みだったんだ』という発見があって新鮮です」という。
 さらに「これがなければオンライン授業や子供達の新しい一面に出会う機会もなかったかと思うと、いい経験だと前向きに考えています。コロナが過ぎ去ったらきっと新しい世界がみえると信じて、この経験を今後に活かしたいと思います。生徒と会える日を楽しみに待ち望んでいます」と明るく語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ウイルス消毒の噴霧器寄付=JACTOが日系6団体に2020年7月7日 ウイルス消毒の噴霧器寄付=JACTOが日系6団体に  農業機製造会社JACTO社(本社=サンパウロ州ポンペイア市)は5月、ブラジル日本文化福祉協会(文協)、憩の園、希望の家、こどものその、サンタクルス病院、日伯援護協会の日系6団体に噴霧器を寄付した。  寄付された噴霧器の本来の使用方法は、農場などの害虫駆除で使用される […]
  • 野口在聖総領事が7月帰朝=「日本で日系人の活躍発信する」2020年7月1日 野口在聖総領事が7月帰朝=「日本で日系人の活躍発信する」  「ブラジルで一番心に残っているのは、やはり移民110周年に眞子内親王殿下にお越し頂き、訪問先の日系社会との交流を間近で拝見できたことです。皇室はブラジル日系社会にも目を向け、日系社会からも皇室に対する尊敬の念が深いことを実感させられました。相互の絆は本当に根強いと思い […]
  • 足立援協事務局長が4月退職=8年間日本と援協つなぐ=「日系社会に心から感謝」2020年7月1日 足立援協事務局長が4月退職=8年間日本と援協つなぐ=「日系社会に心から感謝」  「コロナ禍により3月中旬から自宅待機の指示が出て、そのまま4月に定年退職という運びになり、ご挨拶が遅れてしまい申し訳ございません。在職中にお世話になった日系社会各種団体や個人の皆様にこの場を借りて心から御礼と感謝を申し上げたいと思います」――サンパウロ日伯援護協会の足 […]
  • サンパウロ日本人学校=生徒の大半が一時帰国=オンライン授業で対処=昨年から準備すんなり移行2020年6月26日 サンパウロ日本人学校=生徒の大半が一時帰国=オンライン授業で対処=昨年から準備すんなり移行  「コロナ禍で4月から一時的にオンライン授業になりました。毎年恒例の運動会やカンポリンポ祭(文化祭)、日系コロニアへの宿泊学習等の行事は一時中止、延期を検討しています。この災禍が早く終息して、8月からは校内で授業が再開できればよいのですが、まだ先行きはわかりませんね…」 […]
  • ラーメンあすか営業再開=伊藤さん「自宅で味わって!」2020年6月30日 ラーメンあすか営業再開=伊藤さん「自宅で味わって!」  「この3カ月の休業期間で売上は全滅、一切ありません。まさかここまでコロナの影響が続くとは予想してなかったですよ」―サンパウロ市リベルダーデ区のラーメン店「あすか」の伊藤武店長(78・秋田県)は落胆しながら語った。  新型コロナウイルスによるクアレンテナ(検疫)が発令 […]