ホーム | 日系社会ニュース | ■ひとマチ点描■ 移民の日法要に画面で参加

■ひとマチ点描■ 移民の日法要に画面で参加

 6月18日にブラジル日本文化福祉協会とブラジル日本都道府県人会連合会、ブラジル仏教連合会が主催し、日本移民112年を記念した先没者法要がオンラインで開催された。その際、伊藤紀美子山口県人会長は要田武前会長と共に県人会館で法要動画をモニターに映して法要に参加した。
 電話取材で伊藤会長は「コロナ禍でも法要が途切れる事無く続ける事ができ良かった。遠方の方も喜ばれたのでは」と伝統行事が続けられた事への安堵を語る。
 例年、県人会役員らで手分けしてイブラプエラ公園の慰霊碑や文協大講堂へ赴いて過去帳へ焼香していた。「どうなるかと心配しましたが、今年も過去帳にお線香を上げることが出来て、ご先祖様も喜んでいるのではないでしょうか」と先人に思いを巡らせた。(天)


大耳小耳 関連コラム
     ◎
 県連が管理するイビラプエラ公園の慰霊碑の地下には、特別な人しか入れない過去帳の安置所がある。全伯の日系団体から各地方の過去帳の写しをここに送り、このような機会に一緒に法要してもらった方が良いのでは。皇室を始め、日本から来賓が来たときにも、必ずここにお参りしてくれる。先人も、そのほうが喜ぶのでは。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 岐阜県人会絵画展オンラインで=月末まで日本からも作品募集2020年7月10日 岐阜県人会絵画展オンラインで=月末まで日本からも作品募集  ブラジル岐阜県人会(長屋充良会長)は在サンパウロ日本国総領事館と共催で開催する「第16回日伯友情交流絵画展」(橋本マルコス亮委員長)への出品作品をブラジル国内のみならず日本からも募集している。  今回初めての試みとして出展作品をオンラインで11月3日(火)19時から1年間展 […]
  • コロナ災禍=相次ぐデカセギ伯人解雇=日本メディアが続々と報道2020年4月30日 コロナ災禍=相次ぐデカセギ伯人解雇=日本メディアが続々と報道  リーマンショックの悪夢再来か――。新型コロナ災禍の影響により、日本でも休業や倒産する会社が増える中、恐れていた外国人労働者派遣切りが増えてきたと日本の新聞が報じている。  車の需要が落ち込み、日本の自動車メーカー8社すべてが大型連休(4月26日から5月10日まで)をまたいで […]
  • サンパウロ=州全体で25日休日に=26日付休刊のお知らせ2020年5月23日 サンパウロ=州全体で25日休日に=26日付休刊のお知らせ  サンパウロ州政府によるコロナウイルス感染拡大対策の一環として、7月9日(木)の護憲革命記念日の祝日を、5月25日(月)に前倒しにすることが決まった。  今週は、サンパウロ市だけ20日(水)を6月11日の聖体祭の前倒しとして臨時祝日にし、翌21日(木)を11月20日の黒人尊厳 […]
  • 帰国予定者は早めの出国を=在サンパウロ総領事館が呼びかけ2020年4月9日 帰国予定者は早めの出国を=在サンパウロ総領事館が呼びかけ  新型コロナウイルスの影響により、ブラジル政府が全世界からの入国禁止処置を講じ、日本国政府もブラジルへの渡航中止勧告を出した。  その関係で、ブラジル日本間を行き来する航空便の減便・休便が目立ってきている。  その事態を受け、在サンパウロ日本国総領事館(野口泰)は、帰国する […]
  • 出雲市=村田製作所でコロナ感染者発生=在日ブラジル人が多数勤務2020年4月16日 出雲市=村田製作所でコロナ感染者発生=在日ブラジル人が多数勤務  島根県出雲市にある村田製作所からコロナウイルス感染者がでたことにより、3日間工場の停止、7千人が自宅待機することが日本経済新聞4月14日付け電子版で報道された。同製作所には昨年8月時点で、少なくとも1千人規模の在日ブラジル人労働者が働いていたと報じられている。  日経紙によ […]