ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 本紙でも報じているように、昨日6日からサンパウロ市でバー、レストラン、美容院、ジムが再開された。外出自粛の規制緩和の「レベル2」の段階では、場所によって混むところもあったが、人々の警戒心が強いのと、そこまで大きな緩和でなかったため、時間さえ選べば、さして混雑する印象ではなかった。だが、今回は「レベル3」。待望久しい開店が多いこともあって、今後は混雑を伝える記事も多くなるだろう。この緩和により、コロナ感染者と死者の数がどうなるか気になるところ。せっかく戻った生活機能が逆戻りしないよう、市民自らがはめをはずしすぎないことを、願うばかりだ。
     ◎
 5日、リオ杯の準決勝が行われ、フルミネンセ対ボタフォゴ戦では、「大型補強」として高い期待をされているボタフォゴの本田圭佑も出場し話題を呼んだ。惜しくも決勝進出はならなかった本田だが、試合後、「こんなにペナルティやエクストラ・タイムを取らない選手権は見たことない」とSNSで不満を述べる一幕も。その一方で、再開のめどがなかなか立っていなかったサンパウロ州選手権だが、「9月上旬再開」の線で固まってきたと報じられ始めている。
     ◎
 ブラジルで初の「ミス・ブラジル」に輝いたことで知られるマルタ・ロシャさんが4日、リオのニテロイで亡くなった。87歳だった。マルタさんは1954年に初めて開催されたミス・ブラジルに輝いただけでなく、同年のミス・ユニバースでも世界第2位に選ばれていた。晩年も容姿が衰えなかったことで話題だった彼女は、ブラジルのミス・コンを象徴する「生きる伝説」的存在だった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》零細・小企業が62万超誕生=コロナ禍での生き残りをかけて2021年4月20日 《ブラジル》零細・小企業が62万超誕生=コロナ禍での生き残りをかけて  零細・小企業支援サービス機関(Sebrae)によると、20年は62万6883の零細・小企業が誕生した。内53万5126(85%)は零細企業、9万1757は小企業だった。  零細企業の内2万398は事務所関連または経営支援のサービス、1万6786は衣類やアクセサリーの […]
  • 《ブラジル》コロナ禍で平均寿命が3年低下?!=複数の自治体で、全国平均でも約2年=サンパウロ市では暴力より13倍危険2021年4月20日 《ブラジル》コロナ禍で平均寿命が3年低下?!=複数の自治体で、全国平均でも約2年=サンパウロ市では暴力より13倍危険  新型コロナによる死者増加が続く中、ブラジルでは初の平均寿命低下が起き、連邦自治体によっては3年以上も短命になったと19日付現地紙が報じた。  ハーバード大学公衆衛生科グローバルヘルス&ポピュレーション部門のブラジル人研究者のマルシア・カストロ氏らによると、コロナ禍に […]
  • 《ブラジル》コロナバックの遅延材料到着=米国製ワクチンやロシア製にも進展2021年4月20日 《ブラジル》コロナバックの遅延材料到着=米国製ワクチンやロシア製にも進展  19日朝、新型コロナの予防接種ワクチン「コロナバック」を500万回分製造できる原材料(有効成分)が中国から到着し、サンパウロ市ブタンタン研究所に届けられた。米国ファイザー製薬、ロシアのスプートニクVなど、他のコロナワクチンにも気になる動きが出ている。19日付現地紙、サ […]
  • 東西南北2021年4月20日 東西南北  16日午後、政治団体「ブラジル自由運動(MBL)」を代表する政治家のキム・カタギリ下議や、サンパウロ州議のアルトゥール・ド・ヴァル、リカルド・メロンの両氏が、大サンパウロ都市圏グアルーリョス市の総合病院を訪れ、17日朝、サンパウロ州保健局が「侵入行為を行い、入院患者たちを危険 […]
  • 会議所/ジェトロ=ブラジル代表9社の財務諸表分析=コロナ禍の影響を数字から2021年4月20日 会議所/ジェトロ=ブラジル代表9社の財務諸表分析=コロナ禍の影響を数字から  ブラジル日本商工会議所とジェトロサンパウロ共催のウェビナー「第12回報告会(意見交換会)」が、14日午前9時半からオンラインで開催された。新型コロナウイルスの感染拡大以降、オンライン経由の情報収集が必要とされ、多くの日系企業が事業活動・執務環境・労務管理などあらゆる制 […]