ホーム | 日系社会ニュース | ウイルス消毒の噴霧器寄付=JACTOが日系6団体に

ウイルス消毒の噴霧器寄付=JACTOが日系6団体に

寄付された噴霧器(文協サイト)

寄付された噴霧器(文協サイト)

 農業機製造会社JACTO社(本社=サンパウロ州ポンペイア市)は5月、ブラジル日本文化福祉協会(文協)、憩の園、希望の家、こどものその、サンタクルス病院、日伯援護協会の日系6団体に噴霧器を寄付した。
 寄付された噴霧器の本来の使用方法は、農場などの害虫駆除で使用されるものだが、現在は新型コロナウイルスに対する消毒液散布にも活用されているという。
 JACTOグループは1931年にブラジル移住した日本人移民の西村俊治(にしむら・しゅんじ)氏により設立され、農業機械部門で高い評価を得ている。設立者の西村氏の「珈琲より人を作れ」という哲学は今も受け継がれ、日系社会に関する慈善団体の支援も積極的に行っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ≪記者コラム≫コロナ世界大恐慌の日系社会を回顧、新年を展望2021年1月5日 ≪記者コラム≫コロナ世界大恐慌の日系社会を回顧、新年を展望 「コロナ世界大恐慌」的様相を呈した2020年  「自分が生きている間に、こんなひどいことが起きるなんて想像もできなかった」―パンデミックの間、編集部に電話をくれたたくさんの読者と話をしていて異口同音にこの台詞を聞いた。読者の大半は80代、90代だから、昨年我々はどれだけ特殊な […]
  • ニッケイ新聞元営業部長=中野晃治さんが死去2020年12月11日 ニッケイ新聞元営業部長=中野晃治さんが死去  元商社マンで元本紙営業部長、南米浄土真宗本願寺(西本願寺)の僧侶としても活動していた中野超証((ちょうしょう)晃治(こうじ))さんが、10日午前11時頃、心臓発作のためサンパウロ市内のサンタクルス病院で亡くなった。行年84歳。  中野さんは広島県出身。1958年にコ […]
  • 文協=ウェビナー「新しい日常」=東京とサンパウロ比較=コロナ対策互いに参考に2020年10月9日 文協=ウェビナー「新しい日常」=東京とサンパウロ比較=コロナ対策互いに参考に  ブラジル日本文化福祉協会(文協、石川レナト会長)は10月1日午前8時半から、『新しい日常:東京の取り組みサンパウロの取り組み』をテーマにウェビナーを開催した。「ブラジルの行政の進め方や国民の行動に少しでも参考になる機会となれば」と、在伯日本大使館(山田彰大使)、サンパ […]
  • 「新しい日常」講演1日=日伯専門家招きウェビナー2020年9月30日 「新しい日常」講演1日=日伯専門家招きウェビナー  ブラジル日本文化福祉協会(文協、石川レナト会長)は10月1日(木)午前8時半から10時(ブラジル時間)にかけて「新しい日常:東京の取り組みサンパウロの取り組み」をテーマにウェビナーを開催する。  在日本大使館(山田彰大使)、サンパウロ州政府、サンタクルス病院(石川レ […]
  • いけ花協会から300杯=サンタクルス病院医療従事者へ寄贈2020年8月26日 いけ花協会から300杯=サンタクルス病院医療従事者へ寄贈  ブラジルいけ花協会(外塚クリスチーナ会長)は7月24日(水)、サンパウロ市のサンタクルス病院(石川レナト理事長)へいけ花300杯を寄贈した。譲渡には辻マルセロ院長も立会い、同院を通して、コロナ感染拡大に立ち向かう医療従事者に届けられた。  このいけ花は同協会会員22 […]