ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》最高裁が連警にFBデータ捜査を許可=「嫌悪部隊」実態が明らかに

《ブラジル》最高裁が連警にFBデータ捜査を許可=「嫌悪部隊」実態が明らかに

モラエス判事(Fabio Rodrigues Pozzebom/Agencia Brasil)

 ボウソナロ大統領の関係者や社会自由党(PSL)とつながりのあるフェイスブックやインスタグラムのアカウントが先週大量削除された。最高裁のアレシャンドレ・デ・モラエス判事は15日、連邦警察に対してそのデータを同社から提供を受けて捜査に使うことを認めた。16日付現地紙などが報じている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ