ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》パラナ州がロシア大使と会談=ワクチン技術提携を交渉

《ブラジル》パラナ州がロシア大使と会談=ワクチン技術提携を交渉

州政府用アルコールジェルを製造するパラナ技術院(foto=Tecpar)

 パラナ州政府は、新型コロナウイルスのワクチン製造のための技術提携を結ぶ書類をロシア大使館へ提出した。8月1日には、セルゲイ・アコポフ在伯ロシア大使とラチーニョ・ジュニア州知事(PSD)が会談を行う予定だと各伯字紙が報じている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ