ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》パラナ州がロシア大使と会談=ワクチン技術提携を交渉

《ブラジル》パラナ州がロシア大使と会談=ワクチン技術提携を交渉

州政府用アルコールジェルを製造するパラナ技術院(foto=Tecpar)

 パラナ州政府は、新型コロナウイルスのワクチン製造のための技術提携を結ぶ書類をロシア大使館へ提出した。8月1日には、セルゲイ・アコポフ在伯ロシア大使とラチーニョ・ジュニア州知事(PSD)が会談を行う予定だと各伯字紙が報じている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》零細・小企業が62万超誕生=コロナ禍での生き残りをかけて2021年4月20日 《ブラジル》零細・小企業が62万超誕生=コロナ禍での生き残りをかけて  零細・小企業支援サービス機関(Sebrae)によると、20年は62万6883の零細・小企業が誕生した。内53万5126(85%)は零細企業、9万1757は小企業だった。  零細企業の内2万398は事務所関連または経営支援のサービス、1万6786は衣類やアクセサリーの […]
  • 《ブラジル》コロナ禍で平均寿命が3年低下?!=複数の自治体で、全国平均でも約2年=サンパウロ市では暴力より13倍危険2021年4月20日 《ブラジル》コロナ禍で平均寿命が3年低下?!=複数の自治体で、全国平均でも約2年=サンパウロ市では暴力より13倍危険  新型コロナによる死者増加が続く中、ブラジルでは初の平均寿命低下が起き、連邦自治体によっては3年以上も短命になったと19日付現地紙が報じた。  ハーバード大学公衆衛生科グローバルヘルス&ポピュレーション部門のブラジル人研究者のマルシア・カストロ氏らによると、コロナ禍に […]
  • 《ブラジル》コロナバックの遅延材料到着=米国製ワクチンやロシア製にも進展2021年4月20日 《ブラジル》コロナバックの遅延材料到着=米国製ワクチンやロシア製にも進展  19日朝、新型コロナの予防接種ワクチン「コロナバック」を500万回分製造できる原材料(有効成分)が中国から到着し、サンパウロ市ブタンタン研究所に届けられた。米国ファイザー製薬、ロシアのスプートニクVなど、他のコロナワクチンにも気になる動きが出ている。19日付現地紙、サ […]
  • 東西南北2021年4月20日 東西南北  16日午後、政治団体「ブラジル自由運動(MBL)」を代表する政治家のキム・カタギリ下議や、サンパウロ州議のアルトゥール・ド・ヴァル、リカルド・メロンの両氏が、大サンパウロ都市圏グアルーリョス市の総合病院を訪れ、17日朝、サンパウロ州保健局が「侵入行為を行い、入院患者たちを危険 […]
  • 会議所/ジェトロ=ブラジル代表9社の財務諸表分析=コロナ禍の影響を数字から2021年4月20日 会議所/ジェトロ=ブラジル代表9社の財務諸表分析=コロナ禍の影響を数字から  ブラジル日本商工会議所とジェトロサンパウロ共催のウェビナー「第12回報告会(意見交換会)」が、14日午前9時半からオンラインで開催された。新型コロナウイルスの感染拡大以降、オンライン経由の情報収集が必要とされ、多くの日系企業が事業活動・執務環境・労務管理などあらゆる制 […]