ホーム | ブラジル国内ニュース | 《アルゼンチン大統領選》現職のマクリ苦戦で市場大荒れ=メルコスール合意にも暗雲=極右のブラジル、ボウソナロ大統領、左派台頭に露骨に嫌悪感

《アルゼンチン大統領選》現職のマクリ苦戦で市場大荒れ=メルコスール合意にも暗雲=極右のブラジル、ボウソナロ大統領、左派台頭に露骨に嫌悪感

予備選勝利を支持者たちと祝うフェルナンデス氏(左)とキルチネル氏(FrenteDeTodos/media)

 【既報関連】アルゼンチンで11日に行われた大統領選の予備選挙で、左派のアルベルト・フェルナンデス氏が47・66%を得票し、32・08%だった現職右派のマウリシオ・マクリ大統領に大差をつけたことで、12日のアルゼンチン市場は大荒れとなり、その影響でブラジルの金融市場も大きく動いた。13日付ブラジル各紙が報じている。

 市場はマクリ大統領の苦戦を予想してはいたが、敗れたとしても3~5%ポイント以内の差だろうと見ていた。ところが、47・6対32・0と、15%ポイント以上の差が付いた。「逆転はほぼ不可能。1回目の投票で過半数獲得も―」と各紙が分析するほどだ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ