ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 28日に行われる予定だったサンパウロ市地下鉄のストは、深夜1時に交渉がまとまったため流れた。だが、決定時間が遅かったため、早番の職員に連絡がつかずに営業開始が遅れ、早朝から午前9時ごろまで混乱した。特に1号線、2号線、3号線、15号モノレール線の駅がどこも行列でごった返すという、新型コロナウイルス対策上もっとも避けなければならなかったことが起こってしまった。通常、午前4時40分に可動するものが、動き始めたのが3時間遅れの7時40分…。電車内が密になること以前に、その日の仕事に差し支えが出た人も少なくない。今後、ストがどうなるか未定だが、利用客の印象が悪くなっては組合側には不利では。
     ◎
 サンパウロ州地裁は、大サンパウロ都市圏ABC地区に対して、夜間のバーやレストランの営業の停止を命じた。この地域ではサンパウロ市同様、州の定める外出自粛緩和段階の「レベル3」で、バーやレストランの営業は午後5時までと定められている。だが、サントアンドレやサンベルナルド・ド・カンポでは営業を午後5時からはじめたり、閉店を午後11時30分にするなどの行為が目立っていた。ただしサッカーサンパウロ州選手権の決勝戦では、特別に試合終了時間までの営業をサンパウロ市市長自らが認めるなど、なし崩し的な動きもでてきている。まだ気を抜くのは早すぎるのだが。
     ◎
 サッカー熱もだいぶ戻りつつある今日この頃だが、29日、30日はサンパウロ州選手権の準々決勝が行われる。今年の準々決勝はいずれも州4強に挑戦者4チームが挑むものとなっているが、果たして番狂わせはあるか。今日はアリアンツ・パルケでパルメイラス対サントアンドレ、モルンビでサンパウロ対ミラソル戦が行われる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年1月16日 東西南北  サッカーのブラジル杯の決勝が、リベルタドーレス杯の関係上、日程が組めずに止まっている。問題は、どちらも決勝戦にパルメイラスが進んだことにある。1月30日のリ杯決勝でサントスが勝てば、ブ杯の決勝は2月11〜17日のいずれかになる。だが、パルメイラスが南米一になった場合は、2月に […]
  • 東西南北2020年12月29日 東西南北  クリスマス前後から、コロナウイルス関連で、いろんな形の騒動が起きている。ひとつは英国で発生した感染率の高い変異種が、欧州の他の国や日本でも見つかったこと。これで多くの国がパニックになっている。ブラジルでも25日から、英国からや英国経由の旅行者の入国が禁止されたが、この変異種が […]
  • 東西南北2020年12月25日 東西南北  聖夜前日の23日が仕事納めだった人も少なくないと思うが、それはサンパウロ州内の州立校も同様。コロナ禍で波乱に満ちた1学年を終えることとなった。ほとんどの生徒たちにとってはこれから1カ月強の休みに入るが、「授業数が足りていない」と思う学校は、1月4日から22日の間に25コマの補 […]
  • 東西南北2020年12月23日 東西南北  22日午前6時のマルセロ・クリヴェラ・リオ市長の逮捕は衝撃を与えた。同市長には以前からこうした汚職の疑惑があり、「時間の問題」と見る向きも少なくはなかったが、年明けでなく、市長の任期がわずかばかり残っている今、あえて逮捕したことに意味深なものを感じている国民は少なくない。クリ […]
  • 東西南北2020年12月19日 東西南北  17日、ツイッター上を「ウクラニザ・ブラジル(ブラジルをウクライナにせよ)」とのハッシュタグが大量に立った。これは「新型コロナウイルスワクチンの義務化」を問う最高裁の審理で義務化を支持する判事が多数派になったことを受けて反対派が起こしたものだ。この言葉は今年の5月に「反最高裁 […]