ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル中銀》新紙幣200レアル札発行=8月末から流通予定

《ブラジル中銀》新紙幣200レアル札発行=8月末から流通予定

新札200レアル札の図柄になるタテガミオオカミ(foto:Ibama)

 7月29日、ブラジル中央銀行は新札200レアル札を発行することを発表した。新紙幣は8月末から流通する予定で、図柄にはタテガミオオカミが採用されるという。中銀では4億5千万枚の200レアル紙幣の造幣を今年中に行うことを見越している。
 中銀の統計部門長フェルナンド・ロシャ氏によると、緊急援助金600レアル給付によって紙幣需要が高まり、紙幣が不足する事態となっていた。これに対し、経済省は7月22日に中銀に対し、4億3790万レアルの紙幣増刷を要求していた。

 緊急支援金を現金でタンス預金する人が多いことを、カロリーナ・デ・アシス・バロス中銀局長は指摘する。「この現金が金融市場に戻って来るには時間がかかる。ブラジルだけでなく他の国でも同様な傾向」が見られているという。
 バロス局長は「コロナ禍による不安心理が貯蓄傾向を高めており、紙幣流通が滞っている。これがいつまで続くかは不明」としつつも、国内の紙幣は「十分にある」との見方をしており、新札は「あくまで紙幣需要高騰に対する対策」としての発行と述べている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》遠隔授業で国内外の生徒獲得?=コロナ禍での予期せぬ副産物2021年4月21日 《ブラジル》遠隔授業で国内外の生徒獲得?=コロナ禍での予期せぬ副産物  新型コロナのパンデミックで対面授業ができず、学力が低下する生徒などが出る一方、遠隔授業の恩恵を満喫している生徒や学校もある。  サンパウロ大都市圏サンタナ・ド・パライバ市の私立校の新入生のダミアン君(7)は、2千キロ以上離れたボリビアのサンタクルス・デ・ラ・シエラ市 […]
  • 《ブラジル》連邦地裁判事=「早期治療は大統領の政治発言」=キット薬死亡事件を市警が捜査=批判高まる政権のコロナ対策2021年4月21日 《ブラジル》連邦地裁判事=「早期治療は大統領の政治発言」=キット薬死亡事件を市警が捜査=批判高まる政権のコロナ対策  14日、連邦地裁判事が「薬効が証明されていない薬品を使った早期治療推奨は大統領による政治発言」との判断を下すなど、コロナ禍をより深刻化させたとして連邦政府が推奨する「コロナ感染症キット」への批判が高まっている。また、決定的な治療法を欠くコロナ感染症に対し、国家衛生監督 […]
  • 《サンパウロ州》バス運転手や慢性病患者もワクチン接種へ=期待より早い入院数や死者減少2021年4月21日 《サンパウロ州》バス運転手や慢性病患者もワクチン接種へ=期待より早い入院数や死者減少  サンパウロ州政府は20日、コロナワクチン接種に関する最新日程を発表。5月からは、慢性の持病を持っている人や電車やバスの職員への接種もはじめられることになった。20日付現地サイトが報じている。  サンパウロ州は19日に、5月11日からサンパウロ市内地下鉄、CPTMの職 […]
  • 東西南北2021年4月21日 東西南北  今日21日は「チラデンテスの日」で国民の祝日。だが今年の場合、少し事情がややこしい。それは、3月26日から4月4日に大型連休「フェリアドン」を採用した大サンパウロ都市圏の自治体の中に、チラデンテスを前倒し使用した市があったためだ。一部の報道機関は、サンパウロ市などもチラデンテ […]
  • 文協=役員会選挙シャッパ締切り=石川会長再選がほぼ確定=新しい風吹き込む2021年4月21日 文協=役員会選挙シャッパ締切り=石川会長再選がほぼ確定=新しい風吹き込む  ブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)が14日正午、役員会役員のシャッパ(候補者連記名簿)提出を締め切った。締切りまで対抗シャッパの提出はなく、前回に引き続き石川レナト氏(二世)を会長とする単独シャッパとなり、再選がほぼ確定となった。  当日は、現職会長の石 […]