ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》不透明な連邦政府の非常時契約=全国で透明度が下から2番目=データ散在の上、比較が困難

《ブラジル》不透明な連邦政府の非常時契約=全国で透明度が下から2番目=データ散在の上、比較が困難

連邦政府は 49・3点なので、下から2番目に当たる。NGOのサイト(https://transparenciainternacional.org.br/ranking/#ranking)より

 国際NGO(非政府組織)トランスパレンシア・インターナショナルが7月31日に発表したところによると、新型コロナウイルス感染拡大の期間に行われた非常時契約の透明度に関して、全27州と全州都を入れたランキングで連邦政府は下から2番目の不名誉な成績となった。これは3回目の同種調査で、連邦政府が評価に含められたのは初めて。100点満点中、連邦政府が49・3点を記録し、ロライマ州の40・51点に次ぐ低さだった。31日付G1サイトが報じた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ