ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》施設改修のオークションに卵=8歳児の行為に4千レアル集まる

《ブラジル》施設改修のオークションに卵=8歳児の行為に4千レアル集まる

グスターヴォ君とその家族(4日付G1サイトの記事の一部)

 ブラジル中西部ゴイアス州にある人口1万4千人のカスー市で、高齢者向けの施設改修費を集めるために開かれたチャリティーオークションで、家族が食べるための物さえない中で、8歳の男の子が寄付した卵が競売にかけられ、4千レアル近い資金が集まった。
 町中の人の心を捕らえたのは、失業中の両親と兄弟2人と共に暮らすルイス・グスターヴォ・ロドリゲス君だ。
 彼の父親(継父)のルイスマル・ヌネス氏は大工だが、オークションに出す品物を集めるためのボランティアが訪ねてきた時は、ちょうど失業中で、何日も仕事がなく、家族5人は満足に食事をとる事も出来ずにいた。
 ボランティアに対応したヌネス氏は、「悪いけど、家族が今日食べる物も十分にないんだ。明日出直してくれないか。何とか都合できると思うから」と言って、断らざるを得なかったという。
 ボランティアのジェッシカ・タイス・サントス氏はそれを聞いてその場を立ち去ったが、彼女の後を追いかけてきたのはグスターヴォ君だった。彼はボランティアが訪ねてきた理由を知り、家に残っていた最後の卵を手に取ると、家族に気づかれないように隠して持ち出し、サントス氏の後を追って駆け出したのだ。
 背後から駆け寄った少年が、小さな手で運んで来たたった一つの卵を受け取ったサントス氏は、自分達が食べる物がなくなる事もいとわず、幼い少年が持てるものの全てを差し出した姿に感動。他の家々を回っていたボランティア達に話した上で、この卵をオークションにかける事を決めた。
 グスターヴォ君の行動はボランティア全員の心を打ち、それを聞いた市民達の心も動かした。
 「オークションに出されたのは単なる卵ではなく、その卵が生んだ“連帯”という名の大きな大きなオムレツだった」というのは、施設長のルシオ・テオドロ・モライス氏だ。
 “連帯”という名のオムレツは、人口1万4千人の小さな町でのオークションとしては破格の4千レアル近い改修資金を生んだ。だが、ボランティアと市民はオークションの成功だけでは満足せず、グスターヴォ君の家に、家族のための食料品と子供達3人が遊ぶための玩具を届けたという。(4日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ市クラコランジア=冷たい雨の下、一掃作戦強行=警察900人動員38人逮捕2017年5月23日 サンパウロ市クラコランジア=冷たい雨の下、一掃作戦強行=警察900人動員38人逮捕  【既報関連】サンパウロ市セントロ、ルス区の麻薬汚染地帯クラコランジアで21日朝、警察が地域一掃作戦を行ったと、22日付現地紙各紙が報じた。  市警、軍警あわせて900人を動員して行われた作戦では、麻薬密売者ら38人が逮捕され、ナイフや銃などの武器多数と麻薬が押収され […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • 《ブラジル》コロナウイルス恐るべし=家族で感染の運動選手が警告2020年6月6日 《ブラジル》コロナウイルス恐るべし=家族で感染の運動選手が警告  サンパウロ州海岸部ベルチオーガ市に住み、家族揃ってコロナウイルスに感染した運動選手が、「コロナウイルスを侮っていた」とし、社会隔離や消毒の習慣を守るように呼び掛けている。  SNSで自らの体験を語り、コロナウイルスを小馬鹿にしないよう警告するのは、陸上選手のラファエ […]
  • 《ブラジル》先住民が自主ロックダウン=コロナ死者世界3位が目前=大統領「死は全ての人の運命」2020年6月4日 《ブラジル》先住民が自主ロックダウン=コロナ死者世界3位が目前=大統領「死は全ての人の運命」  【既報関連】新型コロナウイルスの死者が過去最多の1262人/日を記録した2日、コロナと戦う人々への慰めの言葉をと乞われたボウソナロ大統領が「死は全ての人の運命」と語って物議を醸したと2、3日付伯字紙、サイトが報じた。  この発言は、2日朝、大統領官邸前に集まった支持 […]
  • 《サンパウロ州》外出自粛令を6月から緩和=5段階に分けて解除へ2020年5月28日 《サンパウロ州》外出自粛令を6月から緩和=5段階に分けて解除へ  ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事は27日、新型コロナウイルスの感染拡大抑制のための外出規制を、6月1日から5段階に分けて徐々に緩和していく方針を発表した。27日付現地サイトが報じている。  ドリア知事は27日の定例記者会見で、外出自粛令を6月15日まで延長すると発 […]