ホーム | 連載 | 「でも、ブラジルは良い国!」 | 「でも、ブラジルは良い国です!!!」=サンパウロ難民移民座談会=大浦智子=<第5回>=「難民」との呼び名自体に難点

「でも、ブラジルは良い国です!!!」=サンパウロ難民移民座談会=大浦智子=<第5回>=「難民」との呼び名自体に難点

――そもそも、難民という呼称が偏見につながりやすいと考えられますか?
【ジャン】はい、難民はその名称に苦しめられます。ほとんどの難民は難民と呼ばれることが好きではありません。悪口を言われているようです。それを飲み込みたくないし、そのジャケットを着たくありません。
 まるで貧者と呼ばれているかのようです。汚い名前。貧しい人と呼ばれるのが好きな人はいません。難民という言葉は既にこのような概念に人々を導きます。

2019年の難民サッカーワールドカップ・サンパウロ大会の表彰式

2019年の難民サッカーワールドカップ・サンパウロ大会の表彰式

 だから、私たちが難民サッカーワールドカップについて話す時、誰もが好奇心をそそります。「この貧しい者が試合を行うのですか?」と。その言葉は、ワールドカップの前に難民を傷つけます。
 ブラジルにはグリンゴカップというイベントがあります。グリンゴは移民を意味します。このカップは難民ワールドカップほど注目されたことはありません。グリンゴカップの人々は、難民ワールドカップの難民という言葉を、試合の参加者の価値を下げると見ます。今、その価値のないはずの人間が、難民という名のジャケットを羽織り、価値あることを行う事によって、人々にインパクトを与えています。それは私たちが小さくないことを示しています。
――難民と言う呼称に敏感に反応する人たちがいるということですね。
【ジャン】私はカルロスのような起業家であり、アブドゥルのようなファイターです。難民は、貧しいという意味ではありません。無知で、勉強しなかったという意味ではありません。それが、難民というジャケットを着て戦っている私たちの真の姿です。

難民サッカーワールドカップでレバノン対カメルーンの試合

 しかし、ブラジルに5年間滞在している他の難民に尋ねると、彼らは難民ではないと言います。彼らは彼らが移民であると言います。移民は豊かさをもたらし、難民は貧しい印象を与えます。これはブラジルが難民について持っている見解です。これは偏見のある見方です。
――確かに、日本語でも「難民」と言うと、字の如く「難しい民」とか、何か問題を持って来そうだとか、生きるのが難しい人々というイメージがつきまといます。
【ジャン】聖書を読む人なら誰でも「神はわれらの避け所(Deus é nosso refúgio)」という一節を知っています。神のもとに身を寄せるということです。ここで難民に関連するrefúgio(避難)という言葉はポジティブなイメージです。誰もが神に避難します。
 しかし、聖書を離れると、避難する(refugiar)ことは逃げる(fugir)ことを意味します。なぜ逃げる? 殺された? レイプされた? 盗まれた? 人々は「なぜあなたは逃げたのですか? なぜブラジルを選んだのですか?」と尋ねます。

旧約聖書に記された「神はわれらの避け所(Deus é nosso refúgio)」

旧約聖書に記された「神はわれらの避け所(Deus é nosso refúgio)」

――日本語で考えると、聖書の世界で「避難する」という言葉が神と結びついてポジティブに捉えられるということは想像したこともありませんでした。
【ジャン】私たちは難民のポジティブな面や仕事を盗もうとしていないことを示さなければなりません。難民は会社を始めて、働き、給料を払うことができます。難民は人々の考える人々ではありません。難民は少なくとも安定した生活を送っていた人々です。
 人々はそのことを忘れます。お金を持っていなければ、国を出ることはなかったでしょう。今日まで、シリアには人々がいます。なぜ逃げなかったのですか? 資金がないから。誰もが脱出する手段を持っているわけではありません。今日でもベネズエラにはたくさんの人がいます。なぜ逃げなかったのですか? お金がある人が逃げるのです。これが人々の頭の中にありません。

自営業でアラブ料理を販売するシリア人女性

自営業でアラブ料理を販売するシリア人女性

 難民はただ走っていると思っています。貧しい者だけが逃げて、金持ちがとどまると思っています。金持ちが死にたくて、貧しい人が逃げたいと思っています。これは私たちがいつも伝えようとすることですが、人がある場所を離れて別の場所に行くにはお金が必要です。
 言葉は後からついてきます。ブラジルに着いたばかりの時、私はポルトガル語を話せませんでした。今は話しています。しかし、私たちは依然難民であり、偏見に苦しんでいます。(続く―)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転2021年6月25日 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転  23日、サッカーのコパ・アメリカでブラジル代表(セレソン)対コロンビアの一戦が行われ、後半終盤に試合をひっくり返し、2―1で勝利したセレソンが3連勝を飾った。24日付現地紙が報じている。  リオ市のニウトン・サントス・スタジアムで行われたこの1戦、先制したのはコロン […]
  • 東西南北2021年6月25日 東西南北  現在のブラジルを代表する映画監督クレベール・メンドンサ・フィーリョが7月に開催される、フランスのカンヌ映画祭で審査員をつとめることになった。メンドンサ・フィーリョといえば、2019年にブラジルで大ヒットし、日本も含めて国際的にも高い評価を得た社会風刺アクション・ホラー映画「バ […]
  • 東西南北2021年6月24日 東西南北  日本で東京五輪開催に反対する運動が強まっており、23日にはブラジルでも、フォーリャ紙サイトなどの大手メディアが写真付でその様子を報じている。日本でのネットでの声を拾うと、彼らの中にはサッカーのコパ・アメリカの強行開催に伴う感染者多発報告で恐れをなしている人も少なくない。21日 […]
  • 東西南北2021年6月23日 東西南北  21日から、ブラジルは暦の上で冬に入った。ただでさえ水不足の懸念がささやかれている最中、一年で最も雨が期待できない季節に入るわけだ。今出ている予測だと、今年の冬の降水量は過去の平均を下回る見込みだというから、なお苦しい。さらに、今年の冬は「乾燥している上に寒くなる」と報じられ […]
  • 【日本移民の日2021年】《記者コラム》すべては「ふりだし」に戻るのか=8年に及んだ「社会闘争」に終止符?2021年6月23日 【日本移民の日2021年】《記者コラム》すべては「ふりだし」に戻るのか=8年に及んだ「社会闘争」に終止符?  全世界的に注目された2013年6月のサッカー・コンフェデレーション杯での民衆の抗議運動から8年。あの当時から国民は既存の政権に代わる「新しい政治」を求め、それは選挙によって手に入ったように見えた。だが、結局それは「幻想」にすぎなかったことが自覚されつつあり、「コンフェ […]