ホーム | 日系社会ニュース | 「新しい日常」講演1日=日伯専門家招きウェビナー

「新しい日常」講演1日=日伯専門家招きウェビナー

ウェビナー「新しい日常:東京の取り組みサンパウロの取り組み」

ウェビナー「新しい日常:東京の取り組みサンパウロの取り組み」

 ブラジル日本文化福祉協会(文協、石川レナト会長)は10月1日(木)午前8時半から10時(ブラジル時間)にかけて「新しい日常:東京の取り組みサンパウロの取り組み」をテーマにウェビナーを開催する。
 在日本大使館(山田彰大使)、サンパウロ州政府、サンタクルス病院(石川レナト理事長)の協力により、日伯の感染症専門家が一堂に会する。新型コロナウイルスを封じ込めるための方法や行動、そして今後重要になる〝新しい日常〟を取り上げる。
 公衆衛生に関する専門家として、日本からは政府新型コロナウイルス感染症対策分科会構成員の岡部信彦氏と、国立国際医療研究センターの大曲貴夫(おおまがりのりお)国際感染症センター長をまねく。
 ブラジルからは著名な感染症専門医師で、サンパウロ州の新型コロナウイルス感染症緊急対策委員会でコーディネーターを務めたダヴィ・ウィップ氏や、コロナ禍下でポルトガル語だけでなく日本語での対応や支援も行うサンタクルス病院の長谷川レナト医局長が出演する。
 石川レナト会長は「文協65年の節目に日伯の著名な専門家達と有意義な意見交換の場となるとともに、両国の交流を非常に豊かにするであろう会を開催でき非常に嬉しくおもいます」と開催への喜びを表した。
 ウェビナーは文協の公式ユーチューブチャンネル上で放送される。対応言語はポ語のみ。(www.youtube.com/bunkyodigital)

 


大耳小耳 関連コラム
    ◎
 ウェビナーとは、インターネット上で開かれるセミナーを意味する造語。インターネットを示すウェブ(Web)とセミナー(Seminar)を組み合わせたもの。コロナ禍でよく見かけるようになった言葉のひとつだ。実施者と参加者との間で対話が出来るものをウェビナー、一方向だけの情報伝達の場合はウェブキャストと言うそう。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ≪記者コラム≫コロナ世界大恐慌の日系社会を回顧、新年を展望2021年1月5日 ≪記者コラム≫コロナ世界大恐慌の日系社会を回顧、新年を展望 「コロナ世界大恐慌」的様相を呈した2020年  「自分が生きている間に、こんなひどいことが起きるなんて想像もできなかった」―パンデミックの間、編集部に電話をくれたたくさんの読者と話をしていて異口同音にこの台詞を聞いた。読者の大半は80代、90代だから、昨年我々はどれだけ特殊な […]
  • ニッケイ新聞元営業部長=中野晃治さんが死去2020年12月11日 ニッケイ新聞元営業部長=中野晃治さんが死去  元商社マンで元本紙営業部長、南米浄土真宗本願寺(西本願寺)の僧侶としても活動していた中野超証((ちょうしょう)晃治(こうじ))さんが、10日午前11時頃、心臓発作のためサンパウロ市内のサンタクルス病院で亡くなった。行年84歳。  中野さんは広島県出身。1958年にコ […]
  • 文協=ウェビナー「新しい日常」=東京とサンパウロ比較=コロナ対策互いに参考に2020年10月9日 文協=ウェビナー「新しい日常」=東京とサンパウロ比較=コロナ対策互いに参考に  ブラジル日本文化福祉協会(文協、石川レナト会長)は10月1日午前8時半から、『新しい日常:東京の取り組みサンパウロの取り組み』をテーマにウェビナーを開催した。「ブラジルの行政の進め方や国民の行動に少しでも参考になる機会となれば」と、在伯日本大使館(山田彰大使)、サンパ […]
  • いけ花協会から300杯=サンタクルス病院医療従事者へ寄贈2020年8月26日 いけ花協会から300杯=サンタクルス病院医療従事者へ寄贈  ブラジルいけ花協会(外塚クリスチーナ会長)は7月24日(水)、サンパウロ市のサンタクルス病院(石川レナト理事長)へいけ花300杯を寄贈した。譲渡には辻マルセロ院長も立会い、同院を通して、コロナ感染拡大に立ち向かう医療従事者に届けられた。  このいけ花は同協会会員22 […]
  • 日本移民と感染症との戦い=世界最大の日本人無医村で(19・終り)=今こそ振り返る価値ある同仁会2020年7月31日 日本移民と感染症との戦い=世界最大の日本人無医村で(19・終り)=今こそ振り返る価値ある同仁会  細江静男著『ブラジルの農村病』には、十二指腸虫病の原因となる寄生虫の一種ネカトール・アメリカーノについて、次のような歴史的に興味深い記述もある。  大航海時代に連れて来られた黒人奴隷と共に、アメリカ大陸に持ち込まれた病気の一つが、寄生虫の一種ネカトール・アメリカーノ […]