ホーム | 連載 | 「でも、ブラジルは良い国!」 | 「でも、ブラジルは良い国です!!!」=サンパウロ難民移民座談会=大浦智子=<第7回>=助け合わない新移民コミュニティ

「でも、ブラジルは良い国です!!!」=サンパウロ難民移民座談会=大浦智子=<第7回>=助け合わない新移民コミュニティ

オスマントルコ時代にサンパウロに移民したシリア人に関する本

オスマントルコ時代にサンパウロに移民したシリア人に関する本

――かつて、日本移民やアラブ移民、その他世界各国からの移民は、同じ出身国の人々同士で助け合い、コミュニティーを作り、生き残ってきました。今日の難民もまた、同じ出身国の人々でコミュニティーを作り、一緒に生き残ることができないのでしょうか?
【アブドゥル】時代ごとに生き残るための方法があります。現在はかつての移民が到着した時代の状況とは異なります。
 昔のシリア人移民の話を聞くと、ブラジル社会に良い影響をもたらしたと言われます。シリア人は、南米、中米、アフリカ、ブラジルの社会の構築にも貢献しました。当時の人々は現在よりも団結していました。残念ながら、現在の私たちの世代は団結しておらず、古いコミュニティーはこの10年間にやって来たシリア人を助けることはありません。

サンパウロのブラス地区にあるメスキータ

サンパウロのブラス地区にあるメスキータ

 近年、ブラジル全土に難民としてやって来たシリア人は4千人ほどです。将来的には、真のコミュニティーを形成できるかもしれませんが、今は個々人の間で生存競争が繰り広げられています。溺れている人は、溺れている他の人と手をつなぐことはありません。私たちはトラウマや悲しみとともにブラジルに到着し、ここでも多くの困難に直面しています。
 国籍によっては、セネガル協会の様にコミュニティーを形成していますが、しっかりと組織されているわけではありません。おそらく、時間が経って人生が良くなれば、お互いを理解できるようになり、関係性も異なってくるのでしょう。ですが現時点では、コミュニティーで結束して生き延びていく事を望むのは困難です。
【カルロス】ベネズエラにいた時、中国、スペイン、イタリアのコミュニティーがいくつもあり、彼らはいつも親密でした。彼らは何か一つの物事を進める時、いつも一緒になって行動します。興味深いのは、中国人がお互いを助け合っていたことでした。スペイン語を知らなければ、中国人はお互いを助けます。ポルトガル人とスペイン人も同様でした。

イベントでベネズエラ料理店のブース

イベントでベネズエラ料理店のブース

 しかし、ブラジルではベネズエラ移民は彼らの様な習慣がないことに気づきました。ベネズエラ人にとって、他のベネズエラ人は競争相手である敵と見なしていて、コミュニティーで団結するのは非常に難しいです。またベネズエラ人は同胞からの助けを受けたくないし、関わりたくありません。それはブラジルだけで起こっていることだと思っていましたが、コロンビア、ペルー、ボリビアでも同じことが起こっていると知りました。
 ベネズエラ人の国外への移住は新しく、この3、4年のことです。これまでは移民を受け入れる側でした。ヨーロッパやアジアから多くの人々を受け入れて来ました。そのため、現在の状況にどう対処すべきか分かりません。人々はもっと助け合うべきです。同じ出身国の人だけである必要はないと思います。前世代は私たちを助けてくれないので、私たちは出身国にとらわれず、若い世代の移民同士で手を取り合うべきです。

2019年難民サッカーワールドカップサンパウロ大会で優勝したコンゴチームの様子

2019年難民サッカーワールドカップサンパウロ大会で優勝したコンゴチームの様子

【ジャン】新しい移民と古い移民の間の対立は、すべてのコミュニティー内に存在します。 5年、15年、30年とブラジルに住んでいる人がいます。私は7年間ブラジルにいます。まだ赤ちゃんのようなものです。コンゴでの学位も、私ができることもすべて無価値に等しいです。これは、コミュニティー内で遭遇する対立です。
 今はあらゆる国籍の人々で団結すべきです。それは、私たちが社会的な制限を克服するのに役立ちます。例えば、別の国のコミュニティーと交流し、自分の知識を伝えて情報交換することで、自分の状況がどのようになっているかを理解しやすくなります。サンパウロには30以上の各国コミュニティーがあります。
 さらに、私がコンゴ人コミュニティーにいるとすれば、コミュニティー内ではリンガラ語のみしか使用しません。出身国のコミュニティー内だけにいると、時に語学取得がスムーズではありません。他国の人たちと一緒の場合、お互いがポルトガル語で話そうとするので、ポルトガル語を学びます。出身国のコミュニティーが新しい言語の取得を困難にしていることがあります。(続く)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年9月22日 東西南北  20日に行われた女子ビーチバレーの大会で3位に入った2人組のチームのひとり、カロル・ソルベルグがインタビュー中に突然、「フォラ(やめろ)、ボウソナロ」と大統領を批判する発言を行い、話題となった。ブラジル・バレーボール連盟(CBV)は、この発言に強い不快感を示した。同連盟は、公 […]
  • 東西南北2020年9月19日 東西南北  18日、ブラジルのネットはなつかしい写真で溢れた。それはこの日が、ブラジルでのテレビ本放送70週年記念日だったからだ。1950年、今はなきトゥピー局が放送を開始したのが最初となる。日本のNHKが本放送をはじめたのが1953年2月1日なので、それよりも2年半近く早かったことにな […]
  • 東西南北2020年9月18日 東西南北  投票日まで2カ月を切り、そろそろ、サンパウロ市市長選のことが気になりはじめる頃だ。フォーリャ紙によると、現職のブルーノ・コーヴァス市長は、最大のライバルになると目されているセウソ・ルッソマノ氏に関して、ボウソナロ大統領に支持してもらった方がむしろ助かると考えているという。それ […]
  • 2030年W杯まで安心なサッカー新世代2020年9月18日 2030年W杯まで安心なサッカー新世代  サッカーがブラジル国内で再開されて、一月近くが経過した。その短い期間の中で楽しみなことが起こって来ている。  それは、昨年のU17W杯での世界一に貢献した選手たちのうち4人が、早速プロの世界で活躍していることだ。カイオ・ジョルジュ(サントス)、ペグロウ(インテル […]
  • 東西南北2020年9月17日 東西南北  今日17日から、新型コロナウイルスに伴う緊急支援金の通算第6回目の支給がはじまる。これまでのように長蛇の列となって混雑する姿は、今から想像できそう。ところが16日付アゴラ紙によると、それがなくとも、連邦貯蓄(CAIXA)銀行の前には既に行列ができている。それはCAIXAでは、 […]