ホーム | 日系社会ニュース | 白寿表彰者から感謝の便り=文協や敬老金包んだ下本氏へ=「一世の皆さんのおかげ」

白寿表彰者から感謝の便り=文協や敬老金包んだ下本氏へ=「一世の皆さんのおかげ」

亡くなった森西成行さんへ届いた表彰状など届け供養するため集まった家族(森西カルロスさん提供)

亡くなった森西成行さんへ届いた表彰状など届け供養するため集まった家族(森西カルロスさん提供)

 「天国からこの表彰状を受けとって慶んでいると思います」–―ブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)が6月に予定していた白寿者表彰式に合わせて、下本八郎元サンパウロ州議(二世、84歳)は独自に敬老金を贈った。白寿者・森西成行さん本人は惜しくも亡くなったが、 次男の森西カルロスさんは冒頭のように代弁した。敬老金が手元に届いた人から、次々に感謝のメッセージや写真が下本氏の手元に届いている。


 本来なら6月28日に白寿者表彰式が開催される予定だったが、コロナ禍のために中止となった。しかし、文協からの表彰状、下本氏や宮坂国人財団からの敬老金は27人全員に郵送された。
 そのうちの一人、森西成行さんは惜しくも5月24日に亡くなった。息子のカルロスさんは生前の成行さんの様子を、「毎日、壁に吊っているカレンダーを見て、誕生日の6月6日や式典を楽しみにしていたようです」と振り返る。そして「家族一同厚く感謝します」と感謝の言葉を重ねた。8月9日の「父の日」にはイタチーバの実家に方々から家族が集まり、表彰状や敬老金を成行さんの妻幸子さんへ届けて供養したという。

ヒノ・トウジロウさんと家族(ヒノさん家族提供)

ヒノ・トウジロウさんと家族(ヒノさん家族提供)

 下本さんは「私のような二世、三世がブラジル社会で活躍できるのは、一世の皆さんのおかげ。感謝の気持ちを表したかった」と敬老金を贈った動機を説明し、「一世はブラジル社会で信頼関係の基礎を築いてくれました。そのおかげで我々がある」と感謝した。
 本年度の受賞者は全員で27人、該当者は次の通り(五十音順、敬称略)牛越仁(うしこし・まさし、99)太田平沢かず子(おおた・ひらざわ、100、静岡県)大野美佐子(おの・みさこ・98、北海道)カナヤマ・トキ(100、北海道)香林トミエ(こうりん、99、広島県)サイトウ・マツタケ・ヤイ(98、福島県)坂美代恵(さか・みよえ、99、和歌山県)サトウ・ミサオ(100、愛媛県)滋野トヨ(しげの、99)鈴木昌子(すずき・まさこ、99、島根県)瀬川正文(99、長野県)タカハシ・ハル(98、山形県)ドイ・マスエ(100、愛媛県)トヤマ・マサオ(99、沖縄県)長友高生(ナガトモ・タカオ、100、宮崎県)中山実(ナカヤマ・ミノル、99、山口県)樋口愛子(ひぐち・あいこ、99、山口県)ヒノ・トウジロウ(98、島根県)平澤正人(ひらさわ・まさと、99、長野県)堀川隆吉(ほりかわ・りゅうきち、100、広島県)箕輪美保子(みのわ・みほこ、99)森西茂行(もりにし・しげゆき、99、徳島県)ヤマムラ・スヤ(100、二世、サンパウロ)安永忠邦(やすなが・ただくに、99、二世、サンパウロ)山西伊藤玉枝(99、愛知県)湯田康平(99、福島県)和田茂恵(わだ・しげえ、99、高知県)
 昨年は39人、一昨年は53人、17年は37人だった。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ