ホーム | 日系社会ニュース | コロナ禍=帰伯できない永住権所持者=在日ブラジル総領事館で申請を

コロナ禍=帰伯できない永住権所持者=在日ブラジル総領事館で申請を

日本のパスポート

日本のパスポート

 日本在住者から≪今まで永住権維持のために、2年に一度ブラジルに行っていたのですが、今回のコロナ禍の中、来年1月で期限です。ブラジル再入国の期限過ぎた場合、永住権を効力失うのでしょうか?≫という問い合わせが来た。
 元駐在員、元移住者などでブラジル永住権を所有している人は、2年以内にいったん帰伯することが義務化されているが、現在はコロナ禍でそれができない。その対策を問うものだ。
 在東京ブラジル総領事館の査証班に問い合わせたところ、すぐに以下のような返事が来た。≪当総領事館で宣言書を発行し、永住権所有者がブラジル連邦警察へ提出する書類となります。宣言書の手続きに関して、ブラジルへの渡航日程が決まりましたら申請可能です。申請にあたって必要な書類はパスポート、CRNM(RNE)、航空券。発行手数料は発生いたしません≫とのこと。
 この特別措置はコロナ禍が始まった4月下旬から始まったが、いつまで適用されるかは現段階では未定。とにかく、4月下旬からコロナ禍で自由に行き来ができない期間は、日本にあるブラジル総領事館で宣言書を発行してもらえば、永住権所持者が失効しないですむ。ブラジルへの渡航日程が決まらないと宣言書の申請ができないので要注意。
 ちなみに、ブラジル連邦政府は年末までの期間で非常事態宣言(estado de calamidade pública)を出している。詳細は、直接に日本にあるブラジル総領事館の査証班に問い合わせを。在東京ブラジル総領事館(visa.cgtoquio@itamaraty.gov.br Fax:03・5488・5458)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市》本のビエナーレは12月に=初めてのヴァーチャル版に2020年9月22日 《サンパウロ市》本のビエナーレは12月に=初めてのヴァーチャル版に  2年に一度、サンパウロ市で開かれる本の祭典「ビエンナーレ」が、史上初のヴァーチャル版で開催される事になった。今年のビエンナーレは12月7~13日に開催される。  ビエンナーレは第26回目で、10月に開催されるはずだった。新型コロナの感染拡大に伴う外出自粛などで、今年 […]
  • 《サンパウロ市》新型コロナ抗体を14%所持=裕福な地域ほど感染者増加2020年9月22日 《サンパウロ市》新型コロナ抗体を14%所持=裕福な地域ほど感染者増加  サンパウロ市市役所が行った調査によると、住民の13・9%は既に新型コロナウイルスに感染し、抗体を持っている事がわかった。  新型コロナ抗体率を調べる調査は5回目で、市内全域の保健所(UBS)472カ所の管轄の住民の中から無作為に選ばれた2226人を調査した結果、抗体 […]
  • サンパウロ市長選=世論調査で今回もフッソマノ1位=現職にはコロナ対策で54%支持=極左PSOLが3位に2020年9月22日 サンパウロ市長選=世論調査で今回もフッソマノ1位=現職にはコロナ対策で54%支持=極左PSOLが3位に  世論調査会社「IBOPE」がサンパウロ市長のブルーノ・コーヴァス氏(民主社会党・PSDB)に対する調査を行った結果、新型コロナウイルス対策に関して54%が評価しているという結果が出た。だが、市政に関しては「良い」の評価が28%、「悪い」も28%と拮抗していることもわか […]
  • 《ブラジル》コロナ禍=感染者と死者が増加=連休で警戒に緩み?2020年9月22日 《ブラジル》コロナ禍=感染者と死者が増加=連休で警戒に緩み?  ブラジルでの新型コロナウイルスの感染拡大はいったん減速したが、13~19日には感染者、死者共に増え、外出自粛が緩んでいた事を窺わせている。  ここの所、1週間(日曜~土曜)ごとの新たな感染者や死者の数の推移は、感染拡大が減速化している事を示していた。だが、先週は感染 […]
  • 東西南北2020年9月22日 東西南北  20日に行われた女子ビーチバレーの大会で3位に入った2人組のチームのひとり、カロル・ソルベルグがインタビュー中に突然、「フォラ(やめろ)、ボウソナロ」と大統領を批判する発言を行い、話題となった。ブラジル・バレーボール連盟(CBV)は、この発言に強い不快感を示した。同連盟は、公 […]