ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》バイア州で連日の体感地震=民家や教会などに被害出る

《ブラジル》バイア州で連日の体感地震=民家や教会などに被害出る

地震によって棚から落ち、床に転がる商品(8月31日付G1サイトの記事の一部)

 ブラジル北東部のバイア州で8月30、31の両日、体感地震が発生し、家屋への被害も起きた。
 最初の地震が起きたのは8月30日の朝8時前で、約20秒間続いた。リオ・グランデ・ド・ノルテ連邦大学によると、マグニチュードは4・6で、震源地はジキリサー渓谷のムトゥイーペ市の南東6キロ。同市は、レコンカヴォ・バイアノ地区のアマルゴザ市にも近い。この地震は、ムトゥイーペ市から約100キロ離れたサルバドール市など、南部や南西部の諸市でも感じられた。
 また、同日午後6時過ぎには、アマルゴザ市近郊でマグニチュード2・7の地震が起きた。この時の地震は、ムトゥイーペ市でも感じられた。
 3度目の地震は8月31日未明に起き、レコンカヴォ・バイアノ地区のアマルゴザ、ブレジョンエス、エリジオ・メドラドなどの諸市で体感された。マグニチュードは3・5とされている。

 アマルゴザ市市役所によると、同市では農村部を中心に、少なくとも6件の民家と教会などに被害が出ている。レコンカヴォ・バイアノ地区は地盤が不安定で、地震も頻繁に起きているが、通常はマグニチュード3以下で、8月30日朝の地震は、いつになく強かったという。
 家屋への被害は、壁にひびが入ったりするもので、同地方全体では、ひびその他の被害が出た家屋は50軒との報告も出ているようだ。商店の防犯カメラには、商品棚から商品が落ちる様子なども記録されている。
 バイア州では、約10日ほど前にも、レコンカヴォ・バイアノ地区カショエイラ市などで地震を体感。7月には、州南部海岸部のイリェウス市で、マグニチュード3・5の地震が観測されている。(8月30、31日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》総人口2億1175万人に=1年で160万人増加2020年8月28日 《ブラジル》総人口2億1175万人に=1年で160万人増加  ブラジル地理統計院(IBGE)が27日、7月1日現在のブラジルの推定総人口は2億1175万5692人と発表したと同日付現地紙サイトが報じた。昨年は2億1014万7125人だったから、1年間で160万人以上、0・77%増えている。  人口最多州はサンパウロ州で、総人口の21・ […]
  • 「ノルデステの日本」紹介=現地団体がオンライン共催=知られざる北東伯の日系団体2020年8月26日 「ノルデステの日本」紹介=現地団体がオンライン共催=知られざる北東伯の日系団体  「ノルデステ(北東伯)にも続いている【日本】をブラジル中に知らせたい」――2日間にわたる配信イベントを開催するにあたり、主催団体の一つサルバドール日伯文化協会(ANISA)のリカ・カワノ会長は、そう意気込みを語る。29日(土)・30日(日)にかけて午後3時~6時にイン […]
  • ≪ブラジル連邦政府≫コロナ死者増を地方政府のせいに=報告書で州知事や市長名を強調=大統領はグローボTVに当てこすり2020年8月12日 ≪ブラジル連邦政府≫コロナ死者増を地方政府のせいに=報告書で州知事や市長名を強調=大統領はグローボTVに当てこすり  連邦政府が、新型コロナウイルスに関する報告書で、感染者や死者増の責任を知事や市長になすりつけるような表現をして連邦議員などに配布していた事実が明らかになり、批判の声が上がっている。10日付現地紙が報じている。  これは連邦政府が10日に発表した報告書で明らかになった […]
  • 《記者コラム》樹海=なぜ今、200レアル新札発行なのか?2020年8月4日 《記者コラム》樹海=なぜ今、200レアル新札発行なのか?  ブラジル中央銀行は突然、7月29日に「200レアル札」を8月から発行すると発表して、国民を驚かせた。1994年7月1日、レアル・プランが始まって以来、実に26年ぶりに最高額紙幣が更新されることになった。今年中に4億5千万枚も造幣すると発表されている。価値にして900億 […]
  • 東西南北2020年7月16日 東西南北  最高裁のジアス・トフォリ長官は15日、バイア州サルバドールの刑務所で受刑中の元大統領府秘書室長官のジェデル・ヴィエイラ・リマ氏(民主運動・MDB)に対し、受刑形態を自宅軟禁に切り替える判断を下した。これは「コロナウイルスにより死ぬ危険性があるため」とされている。ジェデル氏の場 […]