ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事は、10月7日からの学校での対面授業再開を目指している。だが8月31日付現地紙によると、全38市で構成される大サンパウロ都市圏の内、9市は既に、学校での対面授業再開を2021年に定めているという。その9市とは、コチア、イタペヴィ、マイリポラン、マウア、オザスコ、ピラポラ・ド・ボン・ジェズス、リベイロン・ピーレス、リオ・グランデ・ダ・セーラ、サントアンドレだ。商業活動再開で一時的な感染悪化が起きた後だけに、「授業再開で感染が拡大したら」との関係者の不安は理解できる。だが、対面授業が出来ないことで、精神面や学習面で子供たちに悪影響が出ていることも指摘されている。精神的な不安感ではなく、科学的な根拠に基づいて判断していくことも必要では。
     ◎
 1日、CPTM7号(ルビー)線で、フランシスコ・モラート駅の新装開業が行われた。同駅はボトゥジュル駅とバルタザル・フィデ―リスの間にあり、CPTMの前身のCBTUの時代、つまり19世紀から存在する由緒ある駅だ。改築案は2009年頃から浮上し、3年がかりで改修してきた。7号線自体もかなり駅の老朽化などが目立つだけに、こうした改築事業を通じて活性化することを期待したい。
     ◎
 今日2日はサッカーの全国選手権第7節。注目はサンパウロ市アリアンツパルケでのパルメイラス対インテルナシオナル戦。今季ここまで絶好調で首位を行くインテルの独走を、パルメイラスが食い止められるか。また、コリンチャンスは敵地でゴイアスと、サントスは本拠地でヴァスコと対戦。現在16位のコリンチャンスは1日に創立110周年を祝ったばかり。なんとか勝ちたいところだ。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝2021年6月19日 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝  ブラジルで現在開催中のコパ・アメリカで、選手、関係者のコロナウイルス感染が続いている。その最中にブラジル代表(セレソン)は、ペルーを相手に4―0で快勝し、2連勝を飾った。17、18日付現地紙、サイトが報じている。  ブラジル保健省が17日付で発表したところによると、同大会に […]
  • 東西南北2021年6月19日 東西南北  先月29日に行われたボルソナロ大統領に対する全国的な抗議デモが記憶に新しい中、今日19日は2回目の大統領抗議デモが行われる。今回のデモには政治家も参加を検討していると報じられており、ルーラ元大統領の動向も注目されている。これまで報じられているところから察するに、ルーラ氏は「参 […]
  • 東西南北2021年6月5日 東西南北  今週後半から来週にかけてはサッカーのW杯南米予選の期間だが、その間も全国選手権は休まず続けられる。今日はサンパウロが敵地でアトレチコ・ゴイアニエンセと、サントスが本拠地でセアラーと対戦。明日はコリンチャンスが敵地でアメリカMGと、パルメイラスが本拠地でシェペコエンセと戦う。全 […]
  • 《ブラジル》コパ・アメリカ開催地に急きょ決定=コロンビア、アルゼンチンが中止で2021年6月1日 《ブラジル》コパ・アメリカ開催地に急きょ決定=コロンビア、アルゼンチンが中止で  南米サッカー連盟(CONMEBOL)が5月30日、6月に開催予定のコパ・アメリカの開催予定地だったアルゼンチンでの開催をコロナ禍を理由にキャンセル。翌日には一転し、ブラジルでの開催を発表した。5月31日付現地サイトが報じている。  CONMEBOLは5月30日の夜1 […]
  • 東西南北2021年6月1日 東西南北  大統領長男フラヴィオ上議は5月31日、新たな所属政党はパトリオッタと発表した。同上議は5月26日に所属していた共和者を離党。次の政党がどこになるかが注目されていた。他方、ボルソナロ大統領は現在、進歩党との入党交渉がささやかれている。同党はボルソナロ氏の以前の所属政党で、現在も […]