ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》汚職撲滅LJ作戦リーダーが辞任=解任危機が迫っていた最中=表向きは個人的理由

《ブラジル》汚職撲滅LJ作戦リーダーが辞任=解任危機が迫っていた最中=表向きは個人的理由

ダラグノル氏(Marcelo Camargo/Agencia Brasil)

 ラヴァ・ジャット作戦(LJ)開始以来、特捜班の主任を務めていた連邦検察庁パラナ支部の検察官、デウタン・ダラグノル氏が1日、LJ主任を辞任すると発表した。表向きは個人的な理由だが、このところ、LJに関する疑惑が次々に表面化し、同氏の責任を問う声が絶えなかった。2日付現地紙が報じている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ