ホーム | ブラジル国内ニュース | TAPが首都直行便再開=感染予防対策を厳格化で

TAPが首都直行便再開=感染予防対策を厳格化で

ブラジリア国際空港(Marcello Casal Jr./Agencia Brasil)

 新型コロナウイルスの感染拡大が減速化してきた事を受け、ポルトガルの航空会社TAPが3日、ブラジリアとポルトガルのリスボンをつなぐ首都直行便の運航を再開したと3日付ブラジル国内サイトが報じた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ